Year2022-17th-CAMP#89@オーキャン宝島 ~LookingBack~

2022年17回目、ファミキャン通算62回目、通算89回目は初利用となる『オーキャン宝島キャンプ場』へ。

■Campground

初来場となる標高約600mの『オーキャン宝島キャンプ場』。計測最低気温0℃最高気温14℃。ちなみに今回利用したのは電源付き区画サイト“どでかオートサイト”。

○受付棟が綺麗(トイレが凄く綺麗)
○オーナーが気さくで色々と教えてくれる
○サニタリーはお湯も使え、電子レンジ、洗濯乾燥機あり
○サイトは広くペグも刺しやすい
出来立てパンが美味しい(事前注文必要)
前後利用者がいなければアーリー&レイトチェックアウトが無料
○サイト同士が段違いになっており目線が気にならない
家族風呂が広く綺麗(有料)
○『東荒川ダム公園』に歩いて行ける
×利用料金は8,000円と高め(アーリー&レイトチェックアウトが出来ないと割高感あり)
×キャンプサイトと受付&お風呂が距離があり遠い
×大型犬が多く道路脇で集まっているとちょっと怖い(犬嫌いの人は違うキャンプ場を選んだ方が良い
×薪が高い

■Tent

ロッジシェルターⅡはTCインナー5人用を装着し、前室に石油ストーブ、インナーに電気カーペットを配置した暖房効率重視の“冬の陣”。

 



 

■Tarp

タープレス。雨予報ではなく風も強くなく、落ち葉も少なかったためタープレス仕様で臨む。

■Gourmet

-焼網BBQ

ふるさと納税で取り寄せた食べ比べセット。ん~これは当たり!どれもこれも美味しい♪カルビ肉も甘い!



 

-白米炊飯

羽釜で炊くより美味しい…!?固形燃料で炊くのは火の番をせずに済むので楽チン♪

 

 

-デザート

“酒田のくだもの定期便”の庄内柿。上品な甘さで美味しい♪



 

■Pick Up Items&Verification

①[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L]

1日目は6枚仕様にて初火入れ、2日目は5枚仕様で使用。6枚仕様は45cm薪も問題なくそのまま使用できるが、3人家族なら5枚仕様でも十分。詳細は別記事で投稿予定。

↓6枚仕様


 

↓5枚仕様



②[キャプテンスタッグ/火消しつぼ火起し器セットM-6625]

折りたたむことは出来ないが、火起こし器が火消しつぼにスタック出来るセット品。火起こし機能と火消し機能の他に、炭運搬や灰運搬に継も使える優れもの。もっと早く導入すれば良かった。



 

③[尾上製作所/フォールディングBBQコンロII]

焼面サイズは3人家族でも必要十分。炭床と焼網の距離が近いこと、前面パネルが開放できないため火加減調節は苦手。丸ごとトウモロコシや大き目なサツマイモ、魚BBQではなく焼肉BBQメインならこれで十分行ける。収納時も汚れ箇所が内側になるためにケースが汚れにくく更に、B4のクリアケース[ダイソー/ビニールネットケースL型ファスナーB4]にもギリギリ入る。詳細は別記事で投稿予定。



 

④[INHOME LIFE/ペグケース40]

[アステージ/ガンメタツールボックスTK-470G]のペグを[オレゴニアンキャンパー/ラージマウスペグバッグ]に移動したが持ったよりパンパンで急遽、[INHOME LIFE/ペグケース40]を補完。ファスナー開閉もスムーズで且つパッカーンと両側に収納スペースが展開して荷物へのアクセスも良く良く考えられたペグケース。短辺側面の耐久性が少し心配かな。“購入に至った理由”及び“開封の儀”は別記事で投稿予定。

 

 

■Memorandum

・爆ぜによる焦げと穴空き注意!
焚火中の爆ぜで[ユージャック/リクライニングローチェア]及び[コールマン/コンパクトフォールディングチェア]が焦げ、ズボンに穴が空く事象に見舞われた。特に太めの薪のもやし初めは水分が残っていると爆ぜることが多く注意が必要!火が落ち着くまでは近くに燃えるものを置かない方が良い!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/ファシル] ~幕内レイアウト設計図 起草編~

2ルームテントを考える2020 ~ソロキャン幕 3シーズン編~

石油ストーブを考える2022 ~キャンプ編~

[ゼインアーツ/GEU TP-003] ~解剖編~

キャンプギア散財録2020 ~水無月編~

2019年9thキャンプ#31@北軽井沢スウィートグラス ~計画編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。