Year2022-15th-CAMP#87@大洗サンビーチキャンプ場 ~LookingBack~

2022年15回目、通算87回目、8回目の利用となる『大洗サンビーチキャンプ場』。今回のキャンプは“大洗海上花火大会”ジョイント企画。花火終了後、車渋滞に巻き込まれることなく歩いてキャンプ場に帰還できるのはとっても楽チン♪

■Campground

今回は大洗海上花火大会ジョイント企画!ん~これまた最高。来年も花火大会に合わせて当キャンプ場を是非利用したい!キャンプ場での計測最低気温16℃、最高気温26℃

◎歩いて花火大会に行ける(キャンプ場からも花火が見えるらしい)
○サニタリーはお湯も出る
○近くに魚介系の食事処が沢山ある
×深夜の宴会はスタッフが注意してくれない
×フリーサイトは車の横付けができない且つ坂道往路で荷物運搬が大変
×フリーサイトは砂が多くペグは差し易いが抜けやすく、サンダルだと砂が中に入りやすい

 

■Tent

テントはソロのおこもりテントとして購入した[スモア/ディーパー]をファミキャンに転用。インナーテントは付属の吊り下げ型インナーテントと[コールマン/インスタントアップドームS]のインナーテントを使用。収納時のサイズと重量は[オガワ/ロッジシェルターⅡ]より小さくて軽く、両側に付属のインナーテントを取り付けると最高4人まで就寝可能だが、4人で中央前室を使うのは狭い。

○軽量コンパクトで前室付き
○時短設営及び撤収が可能
×ファミキャン且つフリーサイトだと荷物の置場に困る(今回は外置き)
×ベンチレーター調節にペグダウンが必要
×結露が多い



 

■Tarp

今回はフリーサイトで設営スペースが狭かったためタープレス運用。今回は終始あれ予報だったため荷物を外置きしたが、雨模様なら別途タープ、もしくはパラソルタープを設置して荷物スペースを確保する必要がある。

 

■Gourmet

今回は花火大会メインのため食事はオールレトルト。洗い物や荷物を減らせるのは有難い。



 

■Pick Up Items&Verification

タープレス運用で[オガワ/システムタープヘキサDX]は使わず。最低気温予想が16℃だっため[センゴクアラジン/シルバークイーン]も持参せず。

-[スモア/ディーパー]

今回は嫁娘併せて3人で使用したが天候不順時にギリギリオコモリ可能。今回はフリーサイトで使っていないギアや収納袋やケースを一旦車の戻す作業が手間なので外置きしたが、雨天時だとそれもできない。オートサイト且つ幕外で過ごすことが多い3シーズンならタープと併用してファミキャン幕として使うのも良いかもしれない。



 

-[コールマン/インスタントアップドームS]

今回小生用のインナーテントとしてして、ローコットを内包して使用。収納時のサイズがコンパクト展開収納も時短。荷物スペースははぼぼないが、ソロで使うには必要最低限のスペースを有し過不足なく、且つ長辺側パネルがフルクローズ、クローズ、オープン仕様を選択でき且つ頂上部にメッシュ窓も備えておりカンガルースタイルのインナーテンとして非常に優秀(フライを使う機会は無さそうだけど)。



 

■Memorandum

今回のキャンプを踏まえた次回キャンプ時の備忘録。

□花火大会は海風が強く寒いので秋仕様の服装で臨む
□花火大会は簡易チェアでなくフルチェアがあると快適
□砂サイトなので撤収後に携帯シャワーがあれば便利
□朝露予防のために荷物を外置きする際は就寝前にシートを被せておく
□フリーサイトでキャリーワゴンで荷物を運ぶ際、往路ルートが坂且つ舗装されていない通路の場合荷重負荷がかかり底板が割れるリスクがあるので荷物平坦ルートと比べて少なくする必要がある。
□フリーサイトはテント設営場所の確保、荷物運搬等色々と大変なので次回は頑張ってオートサイトを確保したい


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[エリッゼ/TSBBQ ホットサンドメーカー TSBBQ-004] ~開封の儀~

[オガワ/ファシル] ~オプション妄想編~

[ダイソー/メスティン] ~開封の儀~

テントを考える2022 ~ソロデビュー幕編~

2019年6thキャンプ#28@PICA富士ぐりんぱ ~検証編~

[テンマク/大炎幕] ~幕内レイアウト検証編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。