[Ogawa/ソレスト] ~解剖の儀~

オガワの2024年新作テント[Ogawa/ソレスト]の“解剖の儀”を執り行う。“ソレスト”とはスペイン語の太陽「SOL」に最上級「EST」をつけた造語であるとされるが由来の如何は不明。

■仕様

≫仕様

製品HPから引用した仕様がコチラ。四方四面に加え情報にもメッシュパネルを備えたメッシュフルなアーチ型テント。

【サイズ】600*375*210(h)cm
【収納サイズ】78*42*34cm
【重量】総重量:24.65kg、フライ:約10.0kg、インナー:約3.1kg、ルーフフライ:約1.0kg、ポール:約7.1kg、付属品:約3.45kg
【素材】
フライ(本体):ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm、難燃加工)
ルーフフライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm、難燃加工)
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:アルミ合金(φ19、φ17.5、φ16mm)
【カラー】カーキ*ブラック
【付属品】張り綱(1.5m*8本、3m*8本)アイアンハンマー1丁、スチールピン20本、収納袋


 

≫イメージ

ザックリとしたイメージがコチラ。前室及びインナーが広いため大人2名+子供3名での使用でも手狭感はない印象。

■オガワ2幕比較

[Ogawa/Solest]とオガワのファミリー向けテント&シェルター2幕と諸々比較してみる。

・[Ogawa/LodgeSlelterⅡ]
・[Ogawa/Apollon]

≫仕様比較

[Ogawa/Solest]を含めた3幕仕様比較がコチラ。

[メーカー名/テント名] [Ogawa/LodgeSlelterⅡ] [Ogawa/Apollon] [Ogawa/Solest]
Type 鉄骨 アーチ アーチ
CUBE値(m3) 34 38 47
体積(m3)※予測値 27 30 38
フロア面積(m2)※予測値 16 17 21
外寸(cm) 460*350*210(h) 585*320*205(h) 600*375*210(h)
収納寸(cm) 92*36*54(h)/90*34*20(h) 80*45*45(h) 78*42*34(h)
インナー寸(cm) 220*340*205(h)
※別売5人用インナー
300*210*188(h) 360*210*178(h)
カタログ総重量(kg) 30.1 23 24.65
フライ重量(kg) 9.7 10.7 10
ポール重量(kg) 16.4 7.9 7.1
生地 ポリエステル ポリエステル ポリエステル
フライ耐水圧(mm) 1,800 1,800 1,800
メインフレームポール(本) 15 4 4
サブフレームポール(本) 3 3 2
キャノピーポール(本) 2 0 0
最大使用人数(人) 5 5 6
ベンチレーター(個) 2 0 0
スカート あり あり あり
煙突穴 なし なし なし
ウレタン窓(個) なし なし なし
フライメッシュ(面) 8 10 14
インナーメッシュ(面) 2 4 4
キャノピー立上げ(面) 4 2 4
ペグ(本) 26 26 20
ガイロープ(本) 8 16 16
グランドシート 別売 別売 別売
TPUドア(OP) なし  なし なし
拡張オプション 2人用吊り下げインナー/5人用吊り下げインナー/PVCマルチシート/グランドマット PVCマルチシート/グランドマット PVCマルチシート/グランドマット
定価 ¥187,000 ¥187,000 ¥198,000

※正確な仕様は各製品HPを参照のこと/CUBU値とは全幅*奥行*全高の掛値で幕内空間の目安として個人的に用いている数値



≫マッチングスコア

己のキャンプスタイルにおけるマッチングスコアを個人的にテントに望む20の条件指標を基に算出しマッチング率を算出。[Ogawa/Solest]は他2幕と違い情報にもメッシュパネルを備え、5面メッシュ仕様になることに加え4面キャノピー立上げが可能。短辺側入口パネルの角度があるため他2幕に比べると出入り時のファスナー開閉は屈んで手を伸ばして作業する必要があるためやや大変。我家のキャンプスタイルに限っては[Ogawa/LodgeSlelterⅡ]が頭一つ抜けている。

分類 [メーカー名/テント名] [Ogawa/
LodgeSlelterⅡ]
[Ogawa/
Apollon]
[Ogawa/
Solest]
設営行程 取り回しが良いこと ×
フレームワークがシンプルであること
ペグダウン数が少ないこと × ×
ペグダウンなしで自立できること
ポールをスリーブに通す行程が無いこと × ×
フライを地面に広げる行程が無いこと × ×
ピン張りし易いこと
シェルター転用ができること
事後メンテナンスが容易なこと
オコモリ環境 身長175cmで直立するスペースがあること
石油ストーブをインストールできること
結露が少ないこと
遮光性が高いこと
TPUドアがあること × × ×
スカートがあること
フレキシブル環境 出入口ファスナーの操作が容易なこと
四方四面がオープン仕様になること
四方四面がメッシュ仕様になること
キャノピーアレンジが可能なこと
雨天時開放可能なベンチレーターがあること × ×
マッチングスコア ◎(3P) 0 0 1
○(2P) 15 9 8
△(1P) 3 6 6
×(0P) 2 5 5
スコア(MAX60P) 33 24 25
マッチング率(%) 55% 40% 42%
出動回数(回) 29 0 0

※あくまで個人的見解

≫VS ロッジシェルターⅡ イメージ比較

上面イメージをみるとボトム及びインナー面積は[Ogawa/Solest]の方が広い。インナー奥行は[Ogawa/LodgeSlelterⅡ]は220cmあるためハイコットを配置し易い。

側面視点イメージをみると[Ogawa/LodgeSlelterⅡ]の方が短辺側の幕壁の角度が垂直に近いため幕内体積は余り変わらないようにも思える。

前面イメージはほぼ同等。

≫VS アポロン イメージ比較

上面イメージをみると[Ogawa/Solest]は[Ogawa/Apollon]よりも奥行が+50cm長く、一回り大きい。インナーの奥行は同じ210cmだが、全幅は[Ogawa/Solest]の方が+60cm長い。

側面視点イメージは程同等。

[Ogawa/Solest]の方が+50cmワイド設計となっている。

■同系1幕比較

同系のアーチ型テント[Sabbatical/Arnica]と諸々比較してみる。

・[Sabbatical/Arnica]

≫仕様比較

[Ogawa/Solest]は[Sabbatical/Arnica]の約2倍の価格。

[メーカー名/テント名] [Sabbatical/Arnica] [Ogawa/Solest]
Type アーチ アーチ
CUBE値(m3) 42 47
体積(m3)※予測値 34 38
フロア面積(m2)※予測値 18 21
外寸(cm) 620*320*210(h) 600*375*210(h)
収納寸(cm) 81*42*35(h) 78*42*34(h)
インナー寸(cm) 300*200*175(h) 360*210*178(h)
カタログ総重量(kg) 20.5 24.65
フライ重量(kg) 10
ポール重量(kg) 7.1
生地 ポリエステル ポリエステル
フライ耐水圧(mm) 3,000 1,800
メインフレームポール(本) 4 4
サブフレームポール(本) 2 2
キャノピーポール(本) 0 0
最大使用人数(人) 5 6
ベンチレーター(個) 4 0
スカート あり あり
煙突穴 なし なし
ウレタン窓(個) なし なし
フライメッシュ(面) 8 14
インナーメッシュ(面) 4 4
キャノピー立上げ(面) 4 4
ペグ(本) 24 20
ガイロープ(本) 12 16
グランドシート なし 別売
TPUドア なし なし
拡張オプション PVCマルチシート/グランドマット
定価 ¥99,800 ¥198,000

※正確な仕様は各製品HPを参照のこと/CUBU値とは全幅*奥行*全高の掛値で幕内空間の目安として個人的に用いている数値

 

≫マッチングスコア

2幕共サイズ感は似ているが、[Ogawa/Solest]は[Sabbatical/Arnica]にない上面メッシュ、ルーフフライを有する。

分類 [メーカー名/テント名] [Sabbatical/Arnica] [Ogawa/Solest]
設営行程 取り回しが良いこと
フレームワークがシンプルであること
ペグダウン数が少ないこと × ×
ペグダウンなしで自立できること
ポールをスリーブに通す行程が無いこと × ×
フライを地面に広げる行程が無いこと × ×
ピン張りし易いこと
シェルター転用ができること
事後メンテナンスが容易なこと
オコモリ環境 身長175cmで直立するスペースがあること
石油ストーブをインストールできること
結露が少ないこと ×
遮光性が高いこと ×
TPUドアがあること × ×
スカートがあること
フレキシブル環境 出入口ファスナーの操作が容易なこと
四方四面がオープン仕様になること
四方四面がメッシュ仕様になること
キャノピーアレンジが可能なこと
雨天時開放可能なベンチレーターがあること ×
マッチングスコア ◎(3P) 0 1
○(2P) 10 8
△(1P) 4 6
×(0P) 6 5
スコア(MAX60P) 24 25
マッチング率 40% 42%
出動回数 0 0

※あくまで個人的見解

≫VS アルニカ イメージ比較

[Ogawa/Solest]の方が奥行が+55cm長く正方形に近い。インナーも[Ogawa/Solest]の方が全幅が+60cm長いが奥行は-10cm短い。

[Sabbatical/Arnica]の方が短辺側幕壁の角度がやや垂直に近いためファスナー開閉作業や若干楽かな。

[Ogawa/Solest]の方が+55cmワイド設計となっている。

■所感

上面メッシュに加え四方四面フルメッシュ仕様で細かい換気調節が可能なことに加え、サブポールをクロスさせることにより成形し易く魅力的な幕に仕上がっている。3人家族の我家にとってはやや大きく、マッチングスコアは[Ogawa/LodgeSlelterⅡ]に及ばず代替するには至らない。4人もしくは5人家族で3シーズンメインの用途ならお勧めできる幕と言える。

◎上面メッシュ含めメッシュフル
○ワイド構造で前室が広い

○サブポールをクロスさせる構造でアーチ型テントでありながら整形がし易い
○カラーがカッコイイ
○四方四面のキャノピー立上げが可能
○ルーフフライがデフォルトで付属しており雨天炎天時の安心感があり、結露低減にも寄与
×雨天時に常時開放できるベンチレーターがない
×ペグダウン数が多い
×価格が高い

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2021年13thキャンプ#65@北軽井沢スウィートグラス ~3rd DAY~

[ホンダ/ステップワゴンRP4] ~ラゲッジシェルフ化の儀~

[オガワロッジシェルターⅡ] ~タープ併用まとめ2023~

キャンプ歴5年の軌跡 ~ブログアクセス数編~

テントを考える2021 ~ソロ幕選びの9つのポイント~

2019年2ndキャンプ#24@成田ゆめ牧場 ~2日目編~