[ソト/ステンレスヘビ−ポットGORA ST-950] ~炊飯の儀~

[ソト/ステンレスヘビ−ポットGORA ST-950]は小鍋14cm/中鍋16cm/大鍋20cmの3種類の鍋と蓋のセット。今回は14cmの鍋と蓋をライスクッカーとして使用し1合白米炊飯をやってみた。


 

■炊飯の儀

米1合を研ぎ約30分給水。

鍋が厚いので固形燃料による自動炊飯は恐らく無理。なので熱源はカセットコンロを使用。


 

最大火力にしたところ、約5分位で焦げ臭い匂いがしてきたため急ぎ弱火に。

湯気が出てこなくなったので火を止め15分蒸らし、蓋を開けてみると案の定焦げている(>_<)。一応、食べることは出来たが仕上がりは固く焦げ部分は苦かった(´;ω;`)ウッ…。

[ノースイーグル/丸型飯チン]の蓋部ではなく鍋部をカレー皿として使用。蓋よりも深いのでカレー皿としての使い勝手は良い。敢えて言うならば取っ手が少し邪魔な位かな。


 

焦げ付きが酷く洗っても中々取れない(´;ω;`)ウゥゥ。重曹煮沸でも取れないので次はお酢を使うしかないかな。

■所感

・少量のご飯(1合)を炊く際は初期火力は控えめにしないとダメ
・14cm鍋の容量を見る限り3合位までなら炊けそう
・火加減調節を考えるとメスティン炊飯の方が簡単且つ美味しく炊ける

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/タッソTC] ~変幻自在編~

[DDハンモック/DDタープ3x3] ~開封の儀~

キャンプギアを考える2022 ~最適化プラン編~

2021年9thキャンプ#61@大洗サンビーチキャンプ場 ~2nd DAY~

ランタンライフ2019 ~用途&燃料別編~

2020年1stキャンプ#38@成田ゆめ牧場キャンプ場 ~2日目~