[サバティカル/アルニカ] ~2020年新作トンネル型テント編~

サバティカルから気になるトンネル型テント[アルニカ]と[ギリア]が発表された。気になっているのは[アルニカ]。ちなみに小生の考えるトンネル型テントの利点と難点はコチラ。

◎設営後はオープンスタイル、メッシュスタイル、フルクローズスタイルと季節と天候に併せてアレンジ出来き汎用性が高いこと。
〇2ルームテントの中では設営が簡単なこと
〇昨今のトンネル型はタープ調アレンジも豊富で夏でも使い易いこと
〇長辺側の角度が垂直に近いので出入がし易く、結露も体に付きにくい
×幕体が大きく取り回しが1人設営には厳しいこと
×雨天時にポールをスリーブに通す&抜く作業が大変なこと
×乾燥撤収が出来なかった時にマンションベランダで仮乾燥するには幕体が大きすぎること

まずはスペック的にも競合となる[サバティカル/アルニカ]とトンネル型テントの雄[オガワ/アポロン]と[タラスブルバ/キャタピラー2ルームシェルター6P]とスペックを比較してみる。

※メーカーHPより引用




【製品名】 【サバティカル/アルニカ】 【オガワ/アポロン】 【タラスブルバ/キャタピラー2ルームシェルター6P】
外寸(cm) 620*320*210(h) 585*320*205(h) 575*300*195(h)
インナーフロア(cm) 300*220 300*210 280*210
収納時外寸(cm) 81*42*35(h) 80*45*35(h) 72*44*42(h)
重量(kg) 20.5 23 26
インナーフロア 長方形 長方形 長方形
インナーテント面積(m2) 6.6 6.3 5.9
幕素材 化繊 化繊 化繊
キャノピー立上げ 8(前面2、側面6) 6(側面6) 7(前面1、側面6)
メッシュ数 8(正面1、後面1、側面6) 10(正面2、後面2、側面6) 7(正面1、後面0、側面6)
ポール数 6(メイン4、サブ2) 7(メイン4、サブ3) 6(メイン4、サブ2)
付属ペグ数 ? 24 26
付属ガイライン数 ? 16 14
カラー (ベージュ) サンドベージュ*ダークブラウン カーキ
参考価格(円) 76,800 156,600 91,708
特徴 〇キャノピー跳ね上げが3つのパネルを繋ぎ合わせる仕様なので使用ポール数が少ない
〇8面メッシュ仕様で通気性が高い
×短辺側入口のキャノピーで立ち上げるとサイドウォールがないため雨天時に雨が侵入し易い。
〇縦に3本のサブポールを通すことにより高耐久性を実現
〇メッシュ仕様に加え開放もできるため季節天候による汎用性が高い
〇短辺側入口が垂直になっているため出入がし易く、オープン時でも雨が侵入し難い
×前面はキャノピー立ち上げできない
〇長辺側は勿論、短辺側のキャノピーも立ち上げることができる。
〇メッシュ仕様に加え開放もできるため季節天候による汎用性が高い
×重い

【サバティカル/アルニカ】
全面メッシュ仕様になる上にキャノピー立ち上げもできるので日陰スペースのアレンジが豊富。キャノピー立ち上げるのには通常パネル数分のサブポールを用意する必要があるが、アルニカは長辺側のパネルが連結できるためにサブポールが少なくて済む。雨天時はキャノピー立ち上げ仕様だとサイドウォールがないため雨の侵入は否めない。短辺側の出入口は角度があるため出入の際にしゃがみ込む必要があり、結露も服に付きやすい。日陰スペースのアレンジ力はピカイチ

【オガワ/アポロン】
短辺側の入口はキャンピー立上げは出来ないが垂直パネルであるため出入がし易く、雨天時も風が無ければ雨の侵入は少ない。角度がないため、チャックの開閉時に奥までしゃがみ込む必要がないので結露が服に付き難い。短辺側の出入のし易さ、雨天時の使い勝手はトンネル型テントではピカイチ

【タラスブルバ/キャタピラー2ルームシェルター6P】
スペック的にはアルニカと非常に類似している。アルニカとの違いは長辺側のキャノピー立ち上げの際はパネル毎のサブポールを用意する必要があること。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~1日目~

2019年8thキャンプ#30@カンパーニャ嬬恋キャンプ場 ~計画編~

[ユニフレーム/REVOタープ2Lコンプリートセット] ~初張の儀~

グルメチャレンジ2019 ~串揚げ備忘録編~

3rd オートキャンプ@こっこランド那須F.C.G ~Check&Act編~

[オガワ/ツインピルツフォーク TC ] ~再注目編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。