スキー&スノボ2019@白樺湖スキー場 ~検証編~

『板も体も経年劣化』

・ビンディングの劣化
10年程使用。本体のベタツキ、バックルの山の劣化が目立つが板とブーツはまだまだ使えそう。でもビンディングを交換するならセットで交換したのが心情。

・ウエスト増によりズボンがキツキツ
腹回りだけ順調に経年増加し、ジャケットは問題ないがズボンが入らない。痩せるより買替が現実的かな。いと悲し。でも痩せねば!

・新調グローブ
昨年、経年劣化で表面がポロポロ剥がれてきたグローブを新調。アウターとして[バートン/スノーボードグローブ Leather Glove 400 L]とインナーとして[アディダス/トレーニングウェア クライマウォームトレイニンググローブ FKQ46 M]を購入。インナーはMサイズではなくSサイズの方が良かったかも。インナーの人差し指と親指はスマホタッチパネル仕様となっており便利だが、アウターのマジックテープと干渉し1回の使用で毛羽立ってしまった(>_<)。本来の使い方ではないので文句は言えないが。




『インストラクターの指導の賜物』

・年長の娘のスキーデビュー
計2回のスクールより、ボーゲンができるようになった。インストラクターの指導ってスゴイ!1日のキッズスクールではスクール指定の90cm程の板、2日目からはホテルでレンタルした120cmの板を使用。ターンが出来るようになるまでは身長-10cmで110cmもしくは-20cmの100cm位が良いかも知れない。


『ステップワゴンRP4冬仕様』

・スタッドレスタイヤ[YOKOHAMA/アイスガードシックスIG60]
雪が少なかったため出番は少なかったが、雪路での雪をかむ感触とグリップ感は実感できた。念のため用意した金属チェーンは案の定出番なし。


 

・防水シートカバー
降雪時は風が少なくとも雪が結構な侵入するためシートカバーがあると便利

・スノコ&折りたたみチェア
着替えやブーツの脱着の際にあると便利。キャンプギアの転用。




『来季シーズンに向けて』

・ボード新調
トリック系は全くやらなくなり、板装着動作もウエスト増でキツクなってきたのでブーツはソフトではなくハード、ボードはフリーではなくアルペンの構成で新調したい。








・ビンディング新調
フリースタイル用のビンディングの主流は小生も現在使用している“ストラップ”タイプ。リフトから降りた後、座り込んでカチカチする必要がある。初めてスノボを始めた時にはバートンの“ステップイン”タイプのラインナップは現在激減しており、大手メーカーではヨネックス位しか取り扱いがない。最近、バートンから“ステップオン”タイプなるものも出ているようだ。アルペンスタイル用のビンディングは“トゥーグリップ(ベイル式)”とステップイン(インテック式)”があるようだ。トゥーグリップはルーズがあるがリカバリーが遅くなるので操作性においては若干劣り、ステップインは剛性が高くてダイレクトに操作できリカバリーも早いらしい。




・ウェア新調
登山でも使えるように冬山系のウェアが良いかな。




・リュック新調
滑走中は嫁はカリマーのリュック、小生はナイキのリュックを使用しているが、防水仕様でないため、暖房の効いている屋内にいくと、付着した雪や氷が解けて中が濡れれしまう。それぞれレインシートも付属しているが、それだと中身が取り出し難い。来季は容量15-20L位の防水もしくは簡易防水仕様のリュックを新調したい。








 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

酷暑テニス ~心拍上昇編~

テニス男子シングルス大会出場 ~スタミナ切れで敢え無く敗退編~

スキー&スノボ2020@軽井沢スキー場 ~1日目~

スキー&スノボ2020@軽井沢スキー場 ~検証編~

ブロンプトン折り畳み自転車 ~検討編~

4th RUN ~ForeAthlete 235J 導入編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。