OGAWAのテントを考える2024 ~New 7Products 編~

小生が好きなキャンプメーカーの1つ“オガワ”の2024年のテントオプション含むNew Productsが発表となったので早速、カタログスペックをチェックしてみる。

■2024年“Ogawa”New Products

2024年のテント関連のNew Productsは以下の7アイテム。完全新作となるのは[オガワ/ソレスト]の1アイテムのみ、生地やカラー違いは3アイテム、オプションの追加が3アイテムに留まる。個人的には[オガワ/ロッジシェルター]のサンドベージュカラーのポリコットン生地モデルを期待していたのだが残念ながら今回は非採用(>_<)。

①[オガワ/ソレスト]
②[オガワ/グロッケ12TCⅡ]
③[オガワ/オーナーロッジタイプ78TC]
④[オガワ/カーサイドシェルターTC]
⑤[オガワ/ロッジシェルターインナーⅡ5人用]
⑥[オガワ/タッソメッシュスクリーンヘプタゴン]
⑦[オガワ/ツインクレスタメッシュスクリーン]

 

■New Products 7Items

7つのNEWアイテムをそれぞれ吟味してみる。★は物欲の虫の疼き度。

①[オガワ/ソレスト]★★☆

外寸600*375*210(h)cm/総重量24.65kg。天窓メッシュを備えたファミリー向けのトンネル型テント。2024年New Productsの中で唯一となる完全新作テント。4本のメインフレームをベースとしてトンネル型テントで2本のサブフレームを天面でクロスさせることにより、トンネル型テントの弱点である弛みが発生し難く形が整えやすくなっているのと耐風性が向上していると思われるのが好印象。また、海外幕で多用されている天井メッシュを備えたことによりメッシュフルな幕に仕上がっている。TPUドアのオプションがあれば即買いしそう…


②[オガワ/グロッケ12TCⅡ]★☆☆

外寸405*265*270(h)cm/総重量18.55kg。グロッケシリーズミドルサイズ且つサンドベージュカラーのポリコットン生地モデルのベル型テント。2人もしくは3人使用で使いやすそうなサイズ感のテント。サンドベージュカラーは汚れが目立たないのと、ダークカラーに比べ幕内が明るいのが個人的に好み。


③[オガワ/オーナーロッジタイプ78TC]☆☆☆

外寸310*360*205(h)cm/総重量30.56kg。鉄骨型テントのオーナーロッジタイプ78Rにオフホワイトカラーのポリコットン生地モデルが追加。個人的にはオフホワイトカラーではなくサンドベージュカラーなら尚良かった。


④[オガワ/カーサイドシェルターTC]☆☆☆

外寸285*247*210(h)cm/総重量6.8kg。カーサイドシェルターにサンドベージュカラーのポリコットン生地モデルが追加。“バンコン”スタイルなら是非とも欲しいが現キャンプスタイルでは必要なし。


⑤[オガワ/ロッジシェルターインナーⅡ5人用]★☆☆

外寸340*220*200(h)cm/総重量4.45kg。ロッジシェルター用の5人用TCインナーの改良版。両サイドにメッシュ窓が追加となり、床面素材がPVCから210dのポリエステルに変更し約3kgの軽量化(7.5kg⇒4.45kg)が図られている。我がファミキャン主幕である[オガワ/ロッジシェルターⅡ]に是非とも導入したいインナーではあるが、夏場はカンガルースタイル、冬場はサイドメッシュの開閉ニーズがないため前モデルでも支障がないため、1年後のアウトレットセールで割安になったころに再検討かな。


⑥[オガワ/タッソメッシュスクリーンヘプタゴン]★★☆

外寸180*140*120(h)cm/総重量4.5kg。タッソのヘプタスタイル用のポリエステル生地のメッシュスクリーン。かつて自作しようとして断念したパーツ。やはりユーザーのニーズが多かったのかな。ヘプタスタイルは設営スペースが思いの外広く必要で、狭い区画サイトだと設営できないことがあるため現状ヘキサスタイルを多用している。魅力的なオプションだが補完するか否かは要検討。


⑦[オガワ/ツインクレスタメッシュスクリーン]☆☆☆

外寸212*135*175(h)cm/総重量1.58kg。ツインクレスタ用のメッシュスクリーン。ツインクレスタS用ではないのが残念。


■まとめ

今期のNew Productsの完全新作テントは1幕とやや盛り上がりに欠ける感もあるが、昨今のキャンプブームの落ち着きと海外アウトドアメーカーの台頭を考えると止む負えないとも言えるかな。とはいえ[オガワ/ソレスト]はオールシーズン使用できる意欲的な優良幕。モニター制度があれば是非とも試してみたいが、我家にはキャンプスタイルにベストマッチングのファミキャン主幕[オガワ/ロッジシェルターⅡ]があるため買い替えるには至らない。ソロキャン主幕[オガワ/タッソTC]ヘプタスタイル用の[オガワ/タッソメッシュスクリーンヘプタゴン]も魅力的なオプションは折を見て補完するかも。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア補完計画 ~2018年3月編~

[ノースイーグル/角型飯チン] ~開封の儀~

備えあれば憂いなし ~ジャンプスターター編~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Check&Act編~

[テンマク/サーカスTC DX] ~何故冬ソロ幕として大人気かを考察編~

[コールマン/アテナワイドツーリング130] ~実践投入準備編~