[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L] ~オプション検討編~

[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L]の開封の儀に続き、あると便利なオプションギアを検討してみる。

■仕様

先の“開封の儀”の際に採寸した仕様概要はコチラ。

[ANCAM/
焚火台 FIRE WHIRL L]
プレート
枚数
外径
(cm)
高さ
(cm)
フット
プリント
(cm)
重量
(kg)
4枚継ぎ 4 40*36 34.5 43.5*30.5 3.4
5枚継ぎ 5 47.5*47.5 31.5 39*39 4.3
6枚継ぎ 6 58*57 26 42.5*37.5 5.2

■ゴトク&焼き網

[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L]はデフォルト及び純正オプションでゴトクやロストルの取り扱いは無い。ゴトクと焼網はとりあえず、[マーグズ/焚火台ラプカ]で使っているものを流用してみてサイズ感及び安定感を検証してみる予定。

・[マーグズ/ニコイチごとく]※所有
40.1*11.5*1.3(h)cm/204g。2分割でき収納時コンパクトになる。


 

・[マーグズ/焼き網]※所有
41*10.9*0.7(h)cm/221g。[マーグズ/焚火台ラプカ]用の焼き網。


・[マーグズ/長尺鉄板]※所有
41*11.5*1(h)cm/1,030g。[マーグズ/焚火台ラプカ]用の長尺鉄板。


・[ホンマ製作所/サンフィールド炭焼グルメM-450用焼アミ]※所有
サイズ40.5*20.5cmの焼き網。


■薪

・[ビバホーム/広葉樹薪35cm]
ビバホームで購入した35cmクラスの広葉樹薪。


 

■ケース

・[アイリスオーヤマ/バックルコンテナBL-22]
外寸52.5*38.5*18(h)cm/内寸43*310*16(h)cm/重量1.52kg
所有のローコンテナボックス。少々タイトだが[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L]は格納可能。


 

・[アステージ/NTボックス#22]
外寸54.5*37.9*17.8(h)cm/内寸44.9*31.9*15.5(h)cm/重量1.5kgのプラスチックボックス。[アイリスオーヤマ/バックルコンテナBL-22]より若干大きいので格納は可能。


 

・[アステージ/シールドコンテナシャット22]
外寸54.5*37.9*17.8(h)cm/内寸44.9*31.9*15.5(h)cm/重量1.5kg。
内寸は[アステージ/NFボックス#22]と全く同じ規格。シールド処理の可否。



 

■ロストル

[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L]にはロストルなくオプションの取り扱いもない。ネットでググってみると24cmクラスの円形のロストルで代用している人を発見。ネットで24cm近くのロストルを検索してみた。焚火台オンリーで使用するならロストルは必要ないが、グリル使用も視野に入れるならあった方が良いかもしれない。5枚継仕様をメインで使うなら五角形ロストル、3つの仕様共通で使いたいなら円型ロストルが良いかな。

・[キャプテンスタッグ/ダッチオーブンロストル19cm]★☆☆
ダッチオーブン用の円形ロストル。焚火ロストルとして使うには耐久性が心配だが価格が安いのでまずはこれで試してみるのが良いかな。


 

・[sherry’s/ロストル B-1用 5角形]★☆☆
焚き火用五角形ロストル。プレート5枚継仕様ならこれでも良いかも。


 

・[ロストル/ペンタゴンロストルPR350]★★☆
プレート5枚継仕様をメイン使いするなら五角形ロストルで流用するのも良いかも。


 

・[MICRA MOKO/ソロストーブペレット用ロストルΦ158+板厚1.2mm]★☆☆
見た目強度共に焚火ロストルとして転用しても問題無さそうだがサイズが少し小さめ。


 

・[木炭本舗ほしの/鋳物目皿 丸ロストル240mm]★☆☆
鋳物なので1.5kgと少し重い。


■焚火スタンド

芝生を保護するためには地面と距離を保てるスタンドタイプが理想。難点は収納時のサイズが大きいこと。

・[テンマクデザイン/焚火台ベーススタンドM]※所有
Mサイズは42*33*15(h)cm/1.22kg。各3仕様のフットプリントサイズ幅は30.5~43.5cmなのでLサイズが良いがその分サイズが大きくなり重くなる。サイズ的にはMサイズが取り回しが良さそうだが厳しいかな。31.8*23.7*10(h)cm/0.6kgのSサイズのラインナップもある


・[テンマクデザイン/焚火台ベーススタンドL]※所有
52*43*15(h)cm/2.33kg。焚火台のフットプリントから考えるとLサイズじゃないと乗らないかも。


 

・[PUEBCO/FOLDABLE BED TABLE]★☆☆
53.5*38.5*22(h)cm/1.65kg。折り畳み時の高さは6.5cm。


 

・[Soomloom/折り畳み式テーブルM]★☆☆
42*38*20.5(h)cm/830g。折り畳み時の厚さは4cm。


 

・[ソト/ポップアップソロテーブルフィールドホッパー]★☆☆
42*29.7*6.3(h)cmのワンタッチテーブル。軽量コンパクトで耐荷重20kgだが、焚火スタンドとして使うのは少し耐久性が心配かも。


■焚火シート

収納時のサイズを考えるとシートタイプが良いが芝生上で使う際には注意が必要。

・[ZEN Camps 焚き火シート50*50cm]★☆☆
ブラックカラーの焚火シート。50*50cm/95*60cm/95*95cmの3サイズ展開。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年3rdキャンプ#40@ふもとっぱらキャンプ場 ~1日目~

[スノーピーク/エルフィールド] ~解剖の儀~

キャンプギア散財録2019 ~長月編~

気になるキャンプギア2021 ~文月編~

キャンプギア選び 迷走の歴史2022 ~ソロテント編~

2019年11thキャンプ#33@メープル那須高原キャンプグランド ~3日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。