[FLEXTAILGEAR/携帯式エアーポンプ TINY PUMP X] ~開封の儀~

[FLEXTAILGEAR/携帯式エアーポンプ TINY PUMP]の“開封の儀”を執り行う!


 

■仕様

“FLEXTAILGEAR”の携帯式エアーポンプの種類は複数あり、ネット上でのスペック比較がマチマチで分かり難い。6種類の仕様を自分なりに纏めてみた。製品HPから抜粋しているもので記載がないものは×としているためすべてが正しいとは言えないためご留意のこと。今回補完したのは最小最軽量の“TINY PUMP X”。

タイプ TINY  PUMP X MAX PUMP
EPS
MAX PUMP MAX PUMP2
PRO
EVO MAX PUMP
PLUS
サイズ(cm) 4.3*4.3*5.3(h) 5.15*5.8*8.3(h) 5.15*5.8*8.3(h) 51.5*57.5*77(h) 6.2*5.2*9.4(h) 5.4*5.4*8(h)
重さ(g) 80 150 150 160 167 174
流量(L/mim) 180 300 300 300 250 265
圧力(kPa) 3.5 2.2 2.2 4.5 4.5 2
バッテリー容量(mAh) 1,300 3,600 3,600 3,600 3,800 3,600
充電口 type-C type-C microUSB type-C microUSB microUSB
吸気
防水 × × × IPX7 × IPC4
参考価格 ¥2,890 ¥3,490 ¥3,490 ¥4,799 ¥3,190 ¥3,090








 

■開封の儀

外箱。

内容物。

充電口はType-C。

“FLEXTAILGEAR”シリーズの魅力の1つであるゴムノズルを装着。

充電が終わるとランプが赤⇒緑に点灯。

故障した[Manwe/電動エアーポンプ]と比べると大きさが格段に小さい。空気注入中は機体を固定した方が故障し難い用だ。



 

■実演の儀

実際にインフレーターマット[サーマレスト/ベースキャンプL]に空気を注入してみる。

アタッチメントとゴムノズルを取付け。

ゴムノズルとバルブは9割方フィット。

 

流量が180L/mimと小さいため[Manwe/電動エアーポンプ]の時より時間はかかり且つ8割程以上には膨らまず、口での追加注入が必要となる…がそれだけでも全て口で空気を入れるより労力は格段に減る。



 

■所感

驚くほど期待が小さいながらも空気を注入できるがその分パワーは弱めなので注入までの時間がそれなりに掛かる。“FLEXTAILGEAR”の携帯式エアーポンプシリーズで最もハイスペックなのは流量300L/mim、圧力4.5kPa、バッテリー容量3,600mAh、IPX7防水機能付きの“MAX PUMP2 PRO”。LEDライト付きだが我家でのニーズはない。機体は“TINY  PUMP”より大きく、値段も高いが注入速度は短縮すると思われる。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

1st デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~相乗り編~

キャンプ料理を考える2019 ~時短料理へシフト編~

スノーピーク/HDタープ シールド スクエアエヴォ Pro. ~アレンジ編~

クーラーボックスを考える ~オデッセイRC1車載編~

2021年4thキャンプ#56@那須野が原公園オートキャンプ場 ~1st DAY...

[ミナトワークス/ M.O.L 焚き火台 M] ~解剖の儀~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。