2021年7thキャンプ#59@北軽井沢スウィートグラス ~Planning~

2021年7回目、通算59回目は実に16回目の訪問となる『北軽井沢スウィートグラス』を予定。

■Overview

【キャンプ場】『北軽井沢スウィートグラス
【予約区画】陽だまり広々サイト(電源付)
【宿泊】3泊4日
【形態】ファミキャン
【グルメ】串揚げ
【出動ギア】
・テント:[オガワ/ロッジシェルターⅡ]
・タープ: [Soomloom/レクタタープ]
・シェラフ:[ナンガ/オーロラ600DX]
・マット:[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル インシュレーテッド]
・暖房:[フジカ/ハイペット]
・焚火台:[トリパスプロダクツ/グルグルファイヤーM]


 

■Timetable

【1日目】
06:00- 自宅発
12:00- 昼食(外食)
13:00- チェックイン
17:00- 夕食(串揚)

【2日目】
07:30- 朝食(ホットサンド)
11:30- 昼食(肉系BBQ)
17:00- 夕食(魚系BBQ)

【3日目】
07:30- 朝食(ホットサンド)
11:30- 昼食(レモンペッパー焼きそば)
14:30- ツリークライミング
17:00- 夕食(ペッパーライス)

【4日目】
07:00- 朝食(ホットサンド)
11:30- チェックアウト

■Tent
出動するテントは[オガワ/ロッジシェルターⅡ]で、[DOD/カンガルーテントM]をカンガルースタイルで運用。テント設営の際は強風設営を想定して長辺側のフライガイラインを先行してペグダウンする順番で作業を進めていく予定。

≪区画レイアウト≫
今回は2テントサイトのためKUファミリーの[スノーピーク/ドックドームPro.6]と我家のテントの2幕を区画にレイアウトすることになる。サイトの広さと形状にもよるが雨のリスクが少ないようならタープレスでレイアウトした方が焚火スペースを広くとることが出来る。


 

≪幕内レイアウト≫
[DOD/カンガルーテントM]をカンガルースタイル、[DOD/カマザシキS]でお座敷スペースを設ける。[DOD/キッチンレッグ]は前回と同様シェルター中央に配置。


 

[DOD/テキーラキッチンレッグ]&[DOD/テキーラランタンレッグ]のレイアウト案。前回との違いはメインシェラフとサブの位置を逆にしてランタンレッグの位置を中央に変更。




 

■Tarp
3泊4日のロングステイなので、雨のリスクを鑑みてサイト全幅が15m程確保できればテント間に[テンマクデザイン/PEPOタープ]を張り共通のリビングスペースとして使用。


 

[Soomloom/レクタタープ]なら稜線部を300cmなのでコンパクトに連結できる。


 

■Cooking

≪串揚げ≫
3泊4日ということで久しぶりに串揚げをやる予定。鍋はグルキャンなので[SOTO/ステンレスヘビーポットGORA]の20cm大鍋、もしくは時世を鑑み個別食事にする場合は[AWESOME’S/ラージメスティン]を使用。


≪BBQ≫
卓上グリル[ホンマ製作所/サンフィールドステンレス炭焼きグルメM-450S]にて肉系、魚系のBBQ。


■CampGear

・[EENOUR/車載冷蔵庫 25L]
アウトドア感溢れるポータブル冷蔵庫をファミキャン初投入!


・[村の鍛冶屋/エリッゼステーク28cmアルティメットゴールド]
肝となる箇所用に究極の貫通力を誇るエリッゼアルティメットペグを初投入!


・[オレゴニアンキャンパー/防水グランドシート Sサイズ]
テキーラキッチンレッグの下に敷いて、その上にハードコンテナボックスを2個配置する予定。


 

■Verification

□ロッジシェルターⅡとドックドームPro.6の区画レイアウト
□ロッジシェルター内のテキーラキッチンレッグのレイアウト
□径20cmの丸鍋を使った串揚げ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年キャンプを考える ~お座敷スタイル拡充編~

エアテントを考える2021 ~12幕ピックアップ編~

[FIELDOOR/スクエアタープ S] ~開封の儀~

WILD-1行脚2019 ~師走編~

コールマン/アテナ スクリーン2ルーム ~初張編~

タープポールを考える2019 ~出動パターン編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。