[BATOT/2WAY LEDランタン] ~開封の儀~

今回、2WAYミニLEDランタン[BATOT/2WAY LEDランタン]とオプション(OP)のシェードを新調したので早速“開封の儀”を執り行う!

■仕様

製品HPから抜粋した仕様スペックがコチラ。本体カラー4種とLEDライトタイプ3種により全9種ラインナップされている。今回、購入したのは本体カラーが“サンド”、LEDライトタイプが“アップライト”の型番[F-BTX5]と同色のシェード。

【外寸】Φ51*155(mm)
【重量】122g
【バッテリー容量】3,000mAh
【最大輝度】380lm
【充電時間】3hr
【照射時間】7~50hr
【防塵防水】IPX4
【輝度切替】5段階
【輝度調整】ボタン長押し
【本体カラー】ホワイト/サンド/グリーン/ブラック
【LEDライトタイプ】3タイプ
【本体価格】¥2,599/¥2,699
【シェード価格】¥1,399/¥1,499

※最新の仕様及び価格は製品HPを参照のこと



 

■開封の儀

11/20に注文して11/25に海外便で到着。商品箱2個はまとめてプチプチ包装されている。

外箱。

本体外箱開封。

シェード外箱開封。シェードの他に、大小のカラビナがそれぞれ1つずつ計2個付属。

シェードの裏側はシルバーコーティングが施され光を拡散してくれる模様。

本体とシェードと付属品一覧。

本体クリア部のシールを剥がす。

本体前面&背面。3,000円未満で購入できるにしては質感は高い。

本体上面にはボタンとフックが付いている。

本体底面はマグネットと1/4インチネジが付いている。底面パーツを捻ることにより取り外し懐中電灯モードとして使用することも可能。

シェードは上から被せるだけで取付けることが可能。

充電端子はType-Cでゴムカバー付。

■計測の儀

本体+シェードの重量は148g。

本体重量は122g。カタログ値と同じ。

シェード重量は26g。

カラビナ(大)は9g、カラビナ(小)は5g。

 

Type-A⇔Type-C充電ケーブルは12g。

上面全幅は5.1cm、底面全幅は4cm。

フック除く全高は約13cm、フックを伸ばした状態での全高は約15cm。

■点灯の儀

ボタンを押す回数で5段階に輝度を切り替えることが出来る。カメラの設定で上手く再現できてない点もあるためあくまで参考までに。どのモードでもシェードを付けると単体より下部が概ね明るくなる。

①メイン

アップライト(上部灯)のみを発光。ボタン長押しにより輝度調整が可能。

ミニマム調光。

マックス調光。

マックス調光シェードレス

マックス調光シェード付き

シルバーコーティングされたシェード内側は確かに光を反射している。

②トーチ

下部のみを発光。

台座を捻って外すことで懐中電灯モードとして使用可能。台座無くしそう。

③メイン&トーチ

周囲を明るく照らしたいときの最大輝度モード。

④キャンドル

メイン&トーチの強弱点灯ゆらぎキャンドルモード。

⑤蚊除け

蚊除けモード。オレンジ色で常夜灯としてはコレが良いかな。

■充電の儀

[OMKUY/PD充電器65W USB-C ACアダプター]の充電ポートは3つ、Type-C端子2つは最大65W、Type-A端子1つは18W出力となる。

65W急速充電には非対応で充電出来ず(>_<)。

18W充電には対応。



 

■使用の儀

≫マグネット吸着

底面マグネットにより冷蔵庫にも吸着する…がマグネットの吸着力が弱くドアを閉めただけで落ちてしまうので注意が必要。

鉄製のベッドフレームにも吸着。

車のボディに取付けは可能だが、マグネット吸着力は弱いのでドアを閉めた振動だけで落ちてしまう。

≫腰ベルト

腰ベルトに取付。

≫車内設置

車のサンバイザーにカラビナ経由で取付け。

車のドリンクホルダーに配置。ランタン径が小さいので走行中だとガタガタするかも知れない。

≫三脚取付

フレキシブルタイプのミニ三脚に取付け。直置きより照射範囲が広がる。


 

新調した[Solobravery/GOAL ZEROランタンスタンド]を組み立て。

LEDランタンを吊るすとこんな感じ。ランタンとスタンドフレームが接近しており風が吹いたら干渉しそう(>_<)。元々、ゴールゼロのミニランタン用なので当ランタンだと少しサイズが大きい。


 

[Solobravery/GOAL ZEROランタンスタンド 延長ポール]で30cm高くした場合は別途投稿予定。まずは吊り下げフックなしバージョン。

吊り下げフックありの雰囲気が出るが風が吹くとランタン本体と干渉して煩いかも。


 

■まとめ

実際に自宅や車中や腰ベルトに付けて使ってみたがサブランタンとしては必要十分且つ、デザインも良いため追加補完して、タープの下で3つもしくは4つ並べて使用したり、マグネットリリーサー経由でテントやタープに吊るしたりして使ってみたい。

◎安価
◎デザインがカッコイイ
○LEDライト5モード切替
○長押しによる輝度調整が可能
○軽い
×65W急速充電非対応
×マグネットの吸着力が弱い
×ケースが付属していない
×底パネルは外さないと懐中電灯として使えない
×底パネルを無くすリスクあり




 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[ネイチャーハイク/Dune10.9] ~開封の儀~

大は小を兼ねない ~キャンプギア整理編~

2019年8thキャンプ#30@カンパーニャ嬬恋キャンプ場 ~検証編~

[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル インシュレーテッド] ~開封の儀~

18th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~ハンモック初張編~

防災を考える2019 ~キャンプギア転用編~