[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO 40L] ~開封の儀~

“解剖の儀”を経て諸々検討した結果、今夏シーズンに向けて最大氷保持期間13日と驚異の保冷力を誇る[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO 40L] を満を持して補完!早速、“開封の儀”を執り行う!

[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO] ~解剖の儀~

■仕様

製品HPから引用した仕様がコチラ。容量40Lで発泡ウレタン+6面真空パネルの断熱構造により最大氷保持期間が実に13日間とシマノのクーラーボックスの中では最高峰のスペックを有する。

シマノ史上かつてない保冷力・密閉性を誇る、高性能モデル

【カラー】 アンヴィルグレー
【容量】40L
【重量】9.9kg
【断熱構造】発泡ウレタン+6面真空パネル
【最大氷保持期間】13日間
【外寸サイズ】幅402*長さ650*高さ434mm ※外寸法にはハンドルを含みます。
【特長】
ワンアクションで密閉するレバー構造 / 少ない力の操作で蓋を強く密閉させる新構造により、冷気漏れや水漏れを軽減し、本体の保冷性能を最大限発揮します。
・市販保冷剤が底面に2枚設置できます。( 想定保冷剤サイズ/255*195*35mm )
ペットボトルを立てて収納できます。 ( 2Lペットボトル+市販保冷剤 ( 縦置き ) )
・左右の開閉と蓋が取り外せる両開き蓋
・手を濡らさずに排水できるワンアクション水栓
・細菌の繁殖を抑え清潔を保つ抗菌ボディ
・厳しい検査基準をクリアした頑丈設計 / 堅牢なボディで大人が座ることが出来る耐荷重設計。
・安心のMADE IN JAPAN / シマノの「VACILAND」は全グレード国内で製造しています。
【原産国】日本
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果です。条件により保冷力は異なります。
※最大氷保持期間は開発目標参考値です。製品と異なる場合があります。


 

■開封の儀

かなり大きい外箱。緩衝材は特に入っていない。

本体はビニール袋で包装されている。

本体。カラーはアンヴィルグレーで中々落ち着いた色かな。仕様シールは綺麗に剥がすことが出来る。

 

取説とステッカー。

外観チェック。

クーラーボックス下部は台形なのでハンドルは真上から見ると見えない。

蓋は両開き且つ、少ない力で開閉できる。実際に操作してみたが操作感の軽さは僥倖

底面は4つの脚とセンター部には4つの突起があり、地面に直接本体が触れないようになっている。

水抜き弁の操作も簡便。

■保冷剤

-[ロゴス/氷点下パックL]

クーラーボックスの内寸は444*261*315(h)mm。ボトムに実寸値250*162*25(h)mm[ロゴス/氷点下パックL]が2枚入る。


 

底面に保冷剤を入れると2Lペットボトルは入らない。

25.5*16.4*2.5(h)cm[ロゴス/氷点下パックL]を両サイドに配置すれば2Lペットボトルを入れることが出来る。

-[ロゴス/氷点下パックGT1200]

クーラーボックスの仕様をみると保冷剤は255*195*35(h)mmを想定していたため、[ロゴス/氷点下パックGT1200]を2個補完。同サイズの[ロゴス/保冷剤氷点下パックXL]も使用可能。

[ロゴス/氷点下パックL]よりも一回り大きい。

想定サイズピッタリのサイズのため、底面及び側面にピッタリ配置できる。

製品HPから引用した[ロゴス/氷点下パックGT1200]の使用がコチラ。保冷剤の性能を発揮するには-20℃の冷凍庫と1日半~2日の凍結時間が必要。

【総重量】1.2kg
【サイズ】縦25.5*横19.5*厚さ3.5cm
【主素材】[容器]ポリエチレン、[内容物]植物性天然高分子
【性能/特長】
・-16℃の超強力保冷剤!
・保冷能力8倍(一般保冷剤に比べ)
・魚も凍る!ロゴスの強力保冷剤、氷点下パックシリーズ。
・一般保冷剤と併用すれば一般保冷剤がより長持ちします。
・冷凍庫に常備で急な停電も安心!いざという時にも庫内の冷たさを保ってくれます。
・植物性天然高分子の使用で安心
・使いやすい半透明容器!凍結状態が一目瞭然
【凍結条件】冷凍庫内がマイナス20℃以下/凍結時間36~48時間




 

■保冷検証

先のテニスの草トーナメントに参加した際に[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO 40L]の保冷検証をしてみた。天気は曇りで、気温は16~17℃で車のラゲッジに入れっぱなし。

・2日間凍らした[ロゴス/氷点下パックGT1200]:2個
・凍らした1Lペットボトルの水:1本
・常温の2Lのお茶:1本

1日目朝8時。

1日目18時頃。8時間後の時点で1Lの凍らせたペットボトルは殆ど解けていない。この時の気温は14℃。

2日目13時頃。27時間後の時点で1Lの凍らせたペットボトルは殆ど解けていないが保冷剤は冷たさは残ってはいたが凍ってはいない。2Lのペットボトルのお茶は一部凍っていた。

■VS ヒャドクーラー27Q

容量25.5Lの[オレゴニアンキャンパー/ヒャドクーラー27QT]との外観比較。容量と断熱構造が違うこともあり[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO 40L]の方が二回り以上大きい。[オレゴニアンキャンパー/ヒャドクーラー27QT]は冬のソロキャンメインで使用する予定。



 

■所感

[シマノ/クーラーボックス VACILAND-PRO 40L]は40Lクラスのクーラーボックスの中では大振りのぶりになるが、質感や操作感は上々♪謳い文句通りの保冷力を発揮するかどうかは今後の実践投入の際に検証する予定。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

テントを考える2022 ~ソロデビュー幕編~

[テンマク/PEPOテント] ~テント談義編~

[オガワ/タッソTC] ~併用タープあれこれ編~

2020年14thキャンプ#51@大洗サンビーチキャンプ場 ~2日目~

[Anker/Nebula Capsule Ⅲ Laser] ~6ヵ月レビュー編...

[オガワ/タッソTC] ~スクリーン化の儀 其の壱~