ソロ幕を考える2023 ~オコモリテント17幕編~

キャンプ仲間のHKさんの[ノースフェイス/ランダー4]のドーム型シェルターテントのソロオコモリスタイルに触発されて[ノースフェイス/エバベース6]を導入!ちなみにKUさんも[スノーピーク/ドックドームPro.6]をインナーレスのシェルター仕様カンガルースタイルでソロ幕として使用している。今回はソロ及びデュオオコモリスタイルが可能なドーム型シェルターテントの現状を私見多々含めてアップデートしてみた。

■ソロオコモリテントに望むこと10点

小生の望むソロキャンオコモリドームの条件は以下の10点。加えてカラーは泥や埃汚れが目立ち難いベージュ~ブラウンが良く、次いでダークグリーンかな。

□四方四面が開放可能であること
□ベンチレーターが開閉可能であること
□メッシュアレンジが豊富であること
□身長175cmが幕内直立できるスペースがあること
□石油ストーブがインストールできること
□フレームワークがシンプルであること
□ペグダウンなしで自立できること
□幕内空間拡張オプションがあること
□透明パネルが拡張できること
□壁面が角度が垂直に近いこと(コットテントを壁際寄せることが出来る)

■ソロオコモリスタイルの実例4幕

小生含めキャンプ仲間でドームシェルターのオコモリスタイルを導入しているのは3名4幕。

-小生⇒[THE NORTH FACE/エバベース6][S’more/ディーパー]
-HKさん⇒[THE NORTH FACE/ランダー4]
-KUさん⇒[SnowPeak/ドックドームPro.6]

-[THE NORTH FACE/エバベース6]

[THE NORTH FACE/エバベース6]はデフォルトのインナーテントは使わずハイコット仕様の[ヘリノックス/タクティカルコットテントソロインナーメッシュ]をカンガルースタイルで運用。天候不順時でもフルクローズ仕様で幕内で快適に過ごすことが出来る。

≫[ノースフェイス/エバベース6]のソロオコモリスタイルの所感
◎ペグダウンなしで自立可能なのでテントレイアウトがし易い
◎四方四面開放出来るため風の抜けが良くオープンタープ調に使用することが出来る
○幕壁が垂直に近いためコットテントを幕壁に寄せることが出来る
○石油ストーブをインストールることが出来る(自己責任下で使用)
○身長175cmの小生が幕内で直立できるスペースが広い(腰に優しい)
○フライ重量が3.27kgと軽く、取り回しが良い
○上部ベンチレーター2ヵ所のサイズが大きく換気能が高い
×上部ベンチレーター2ヵ所のサイズが大きく暖房効率が悪い



 

-[S’more/ディーパー]

[THE NORTH FACE/エバベース6]の前に雨用オコモリドームとして使用。両サイドに寝室を分割したドーム型テントで四方四面開放が出来ないが、長辺側にメッシュパネルを備え且つキャノピー立上げも可能。軽ファミキャン幕としても転用可能。



 

-[THE NORTH FACE/ランダー4]

キャンプ仲間のHKさんのソロキャン主幕。HKさんはデフォルトのインナーテントを使わずに[DOD/フカヅメカンガルーテントSS]をカンガルースタイルで使用。

 

 

-[SnowPeak/ドックドームPro.6]

KUさんは夏はタープ併用且つデフォルトインナー仕様でファミキャン幕、冬はインナーレスのカンガルースタイルのソロキャン幕として使用。


 

 

■ドーム型テント17幕仕様比較

オコモリスタイルが可能なドーム型テント17幕ピックアップ!CUBE値とは独自値で外寸値の掛値で幕内空間比の参考値で小さい順に列記。私見だがソロオコモリ幕なら①~⑪、デュオオコモリ幕なら⑫~⑰といったところかな。冬ソロキャンでに石油ストーブをインストールすることを考えると外寸体積が20m3程度が暖房と換気効率のバランスが良いと思われる。

No. [メーカー名/製品名] 外寸
(cm)
CUBE値
(m3)
収納寸
(cm)
重量
(kg)
フレーム数 開放
面数
ベンチ
レーター
フライメッシュ 拡張
ウォール
拡張
ルーム
1 [NORTENT/ギャム4] 315*315*160(h) 15.9 62*21*21(h) 5.8 5 2 上部(4)/下部(2) 2
2 [MINIMAL WORKS/シェルターG] 350*300*170(h) 17.9 65*25*25(h) 6.4 4 2 中部(4) 0 TPU/MESH
3 [S’more/ディーパー] 460*230*180(h) 19 63*25*25(h) 8 4 2 中部(2) 2
4 [THE NORTH FACE/ランダー4] 410*260*180(h) 19.2 66*24*24(h) 6.84 3 2 上部(3) 0
5 [THE NORTH FACE/エバベース6] 310*310*200(h) 19.2 68*25*25(h) 9.55 5 4 上部(2) 0
6 [KZM/ブリックシェルター] 320*320*205(h) 21 68*27*27(h) 8.5 3 4 上部(2) 6
7 [WIWO/ヤクドーム350] 350*350*185(h) 22.7 67*26*25(h) 10.7 5 2 上部(2) 6 TPU
8 [NORTENT/ギャム6] 370*370*185(h) 25.3 68*32*32(h) 7.6 5 2 上部(4)/下部(2) 2
9 [KZM/ビバドームシェルター] 360*360*195(h) 25.3 75*30*30(h) 12.6 4 4 上部(4) 8
10 [KOVEA/ゴーストシェルター] 375*370*190(h) 26.4 ? 16 5 2 上部(2)/中部(2) 6 透明パネル
タープ
11 [SnowPeak/ドックドームPro.] 490*325*180(h) 28.7 70*32*28(h) 12.8 5 2 上部(2) 7
12 [SnowPeak/メッシュシェルター] 400*390*220(h) 34.3 77*31*27(h) 12 4 4 上部(2) 4
13 [SnowPeak/リビングシェルター4人用] 455*415*210(h) 39.7 76*33*28(h) 13.2 5 4 上部(4) 4
14 [DOD/ファイヤーベース] 500*330*240(h) 39.6 70*40*30(h) 15.1 3 3 上部(1) 4
15 [NORTENT/ギャム8] 432*432*216(h) 40.3 68*32*32(h) 12 5 2 上部(4)/下部(2) 2
16 [WIWO/ヤクドーム460] 460*460*210(h) 44.4 75*36*30(h) 17.2 8 2 中部(2) 8
17 [MINIMAL WORKS/マンゴーステーション+] 450*450*220(h) 44.6 70*30*30(h) 9.75 6 4 上部(2) 4

※1)正確な仕様は各製品HPを参照のこと
※2)ベンチレーターとメッシュパネルの区別は私見含む

■ソロオコモリが可能なドーム型テント11幕

ソロのオコモリが可能なドーム型テント11選。あくまで自己責任下での使用となるが石油ストーブをインストールすることも可能で暖房能と換気能のバランスが良く、冬キャンでも石油ストーブ1台で暖を取ることが出来る汎用性の高いジャンルのテントと思われる。★は個人的物欲度数。

①[NORTENT/ギャム4]
②[MINIMAL WORKS/シェルターG]
③[S’more/ディーパー]※所有
④[THE NORTH FACE/ランダー4]※HKさん所有
⑤[THE NORTH FACE/エバベース6]※所有
⑥[KZM/ブリックシェルター]
⑦[WIWO/ヤクドーム350]
⑧[NORTENT/ギャム6]
⑨[KZM/ビバドームシェルター]
⑩[KOVEA/ゴーストシェルター]
⑪ [スノーピーク/ドックドームPro.]※KUさん所有

①[NORTENT/ギャム4]★☆☆

小振りのドームシェルター且つ、煙突穴付きで薪ストーブもインストール可能。暖房効率も高いので真冬のソロ幕としての色合いが強い反面、メッシュパネルが少ないので夏場は使い難いかもしれない。また全高160cmと低いため、身長175cmの小生が直立できる幕内スペースがないため腰痛持ちには厳しい。

 

②[MINIMAL WORKS/シェルターG]★★★

過去にソロオコモリ幕としてポチろうとしたがオプションのメッシュドア、TPUドアの入荷が遅れ購入に至らなかった幕。現在オプションでベスティブルが追加され更に汎用性が高くなった。特にTPUドアは真冬でも団旗を逃がさず外の景観を幕内から拝むことが出来るので魅力的なオプション。本体オプション共に値段が高いのと全高が170cmで身長175cmの小生が直立できるスペースがないのがネック。





 

③[S’more/ディーパー]※所有

寝室を2分割できる横長タイプのドームテントでソロオコモリ幕に加え軽ファミキャン幕としても使用可能。全高180cmで身長175cmの小生が直立できるスペースはあるが幕内頂点部にLEDランタンを吊り下げるとそのスペースは失われる。ベンチレーターの開閉調整にペグダウンが必要なのが地味に面倒なのと過去2回の使用で結露が酷かったのが気になるところ。

 

④[THE NORTH FACE/ランダー4]※HKさん所有

HKさんの冬のメインソロ幕。インナーレスのカンガルースタイルで石油ストーブをインストールにて運用。上部に大型のベンチレーターが3つ備えており且つ開閉可能のため換気調節や幕内温度調節が容易。

 

⑤[THE NORTH FACE/エバベース6]※所有

小生の3シーズンの主ソロ幕。インナーレスのカンガルースタイルで石油ストーブをインストールにて運用。上部に大型のベンチレーターが2つあり開閉不可の常時開放仕様なので換気能は高いが反面暖房効率が悪いため、真冬の主ソロ幕は[オガワ/タッソTC]となる。

 

⑥[KZM/ブリックシェルター]★★☆

2本のメインフレームと1本のサブフレームで設営できるシンプルなテント。四方四面開放且つフルメッシュ仕様も可能なためその実、ソロのおこもり幕としての使い勝手はかなり良いと思われる。懸念点は耐風性が弱そうなこと位。

 

⑦[WIWO/ヤクドーム350]★★★

TPUドア、ベスティブルのオプションあり。半球形のドーム型テントで一番気になっている幕。フルメッシュ仕様にすると幕内からの視界が広がるのが魅力的♪全高185cmと身長175cmの小生が直立できるスペースは確保できるが狭め。幕内超上部にLEDランタンを吊り下げたら若干頭部に干渉する可能性があるかも。



 

⑧[NORTENT/ギャム6]★★☆

ギャムシリーズミドルサイズでソロのおこもり幕として購入するならこのサイズ。全高も205cmあるので身長175cmの小生が直立できるスペースを確保できる。煙突穴も備えているため薪ストーブをインストールすることも出来き、冬メインで使用するならとても使いやそうな幕である。我家は既に冬のソロ主幕は[オガワ/タッソTC]があるため補完対象とはならないが魅力的な幕であることは間違いない。

 

⑨[KZM/ビバドームシェルター]★★☆

4本のフレームポールで構成されたフレームワークがシンプルなドームシェルター。8面のメッシュパネルに加え上部に2つの大型ベンチレーターを備え、換気調節が容易で幕内からの視界も良い。

 

⑩[KOVEA/ゴーストシェルター]★★★

メインフレームは3ポール連結式でフレームワークが比較的シンプル且つ耐風性も高そう。丸形のメッシュウィンドウも4つ備えてあるめ換気調節は容易且つ幕内からの視界も良好。オプションで専用のベスティビュールと透明パネルとタープがあり汎用性も高い。

 

⑪ [スノーピーク/ドックドームPro.]※KUさん所有

前室付きのドーム型テント。325*325cmの八角形ボトムに前室を付けた構造。KUさんの冬のソロ主幕。インナーレスのカンガルースタイルで石油ストーブをインストールにて運用。上部ベンチレータの他に開閉可能なメッシュパネルを多数備えてあるため換気調節が容易。背が低いので耐風性も高そう。

■デュオオコモリが可能なドーム型テント6幕

ソロで使うには広すぎるがデュオでも余裕のあるリビングスペースを設けることが出来るサイズ感のオコモリドーム6選。最低気温が氷点下となる真冬だと石油ストーブ1台で暖を取るのは厳しい。★は個人的物欲度数。

⑫ [スノーピーク/メッシュシェルター]
⑬ [スノーピーク/リビングシェルター4人用]
⑭ [DOD/ファイヤーベース]
⑮ [NORTENT/ギャム8]
⑯ [WIWO/ヤクドーム460]
⑰ [MINIMAL WORKS/マンゴーステーション+]

⑫ [スノーピーク/メッシュシェルター]★☆☆

四方四面開放が可能。ソロオコモリ幕としては少し広すぎ且つ石油ストーブによる暖房効率も悪い。3シーズンのデュオ幕として使い易そうな幕。

 

⑬ [スノーピーク/リビングシェルター4人用]★☆☆

四方四面開放が可能でフレーム剛性と遮光性が高い言わずも知れた大ヒットシェルター。

 

⑭ [DOD/ファイヤーベース]★☆☆

今回、唯一となるポリコットン幕で結露が発生し難く且つ火の粉による穴あきリスクが低い。フレームポールが長いのとフライシートが重いので設営に気を使いそうな印象。

 

⑮ [NORTENT/ギャム8]★☆☆

ギャムシリーズの最大モデル。煙突穴もデフォルトで装備した冬のデュオキャン幕としての使い易そうな幕。

 

⑯ [WIWO/ヤクドーム460]★★★

天窓付きでフルメッシュ仕様にした際の解放感満載の幕。17幕中シルエットが一番カッコイイ!フレームワークが煩雑で設営が面倒そうなのが難点。

 

⑰ [MINIMAL WORKS/マンゴーステーション+]★☆☆

シェルターGより一回り大きいので幕内空間に余裕がありデュオで使い易いサイズ感でシルエットもカッコイイ!

 

■まとめ

ソロオコモリ幕として所有幕以外で気になるのは[MINIMAL WORKS/シェルターG]と[WIWO/ヤクドーム350]、[KOVEA/ゴーストシェルター]の3幕で何れも透明パネルや前室のオプションを備え拡張性が高い。デュオオコモリとして気になるのは天窓付きのメッシュフルでシルエットが抜群にカッコイイ[WIWO/ヤクドーム460]。何れも韓国幕だが値段が高いのでおいそれと購入できないのが悩ましい(´;ω;`)ウゥゥ。

②[MINIMAL WORKS/シェルターG]
⑦[WIWO/ヤクドーム350]
⑩[KOVEA/ゴーストシェルター]
⑯[WIWO/ヤクドーム460]

小生のソロキャンスタイルに置いて望むこと10点を各4幕に当てはめてみると[WIWO/ヤクドーム350]、[KOVEA/ゴーストシェルター]のマッチ度が高い。

ソロオコモリテントに望むこと [MINIMAL WORKS/
シェルターG]
[WIWO/
ヤクドーム350]
[KOVEA/
ゴーストシェルター]
[WIWO/
ヤクドーム460]
ペグダウンなしで自立できること
四方四面が開放可能であること
ベンチレーターが開閉可能であること
メッシュアレンジが豊富であること
身長175cmが幕内直立できるスペースがあること
石油ストーブがインストールできること
フレームワークがシンプルであること  □
幕内空間拡張オプションがあること
透明パネルが拡張できること
壁面が角度が垂直に近いこと








 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Year2024-2nd-CAMP#108@たかはら星の森キャンプ場 ~Plan...

2019年11thキャンプ#33@メープル那須高原キャンプグランド ~検証編~

[DDハンモック/DDタープ3x3] ~解剖の儀~

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~検証&対策編~

レギュラーキャンプギア2019 ~オガワ編~

キャンプ歴1年視点の初幕選び ~2018年1月編~