キャンプテーブルを考える2022 ~6製品比較編~

キャンプギアはある程度使ってからでないと己のキャンプスタイルにマッチしてるかどうかは中々分からない。カタログスペックからこれはイイ!と妄想イメージしていざ購入して使ってみるとイメージと違うことも多々ある。今回はキャンプで使用するテーブルをピックアップし、現使用及び代替候補を交えて迷走の歴史を紡ぐ(>_<)。

■現使用テーブル

現在、我家で使用してるテーブルは以下の3つ。キャンプでは結構熱したクッカーの置き場所に困ることがあり、耐熱仕様天板のニーズは高い。以下の3製品何れも耐熱仕様となっている。

①[ユニフレーム/焚火テーブル]
②[ユニフレーム/焚火テーブルラージ]
③[DOD/テキーラテーブルM]

①[ユニフレーム/焚火テーブル]

外寸55*35*37(h)cm/収納寸55*35*2.5(h)cm/重量2.3kg。ファミリーソロに係わらず出動率の一番高いテーブル。片手で移動でき、耐熱テーブルなので暑いクッカー等もそのまま乗せることが出来るため重宝している。



 

②[ユニフレーム/焚火テーブルラージ]

外寸70*45*37(h)cm/収納寸 70*45*2.5(h)cm/重量3.24kg。[ユニフレーム/焚火テーブル]のラージサイズ。[ユニフレーム/焚火テーブル]と高さが同じでスタックも可能。



 

③[DOD/テキーラテーブルM]

外寸115*49*41(h)cm/収納寸91*42*3.8(h)cm/重量8.6kg。軽量化のために上段のテキーラプレートは3枚から1枚に減らし、2枚分をワンバイ材で代替。ソロキャン時は[DOD/テキーラランタンレッグ]も装着。中段にメッシュパネルを入れて2段テーブルとして使え小物を収納できるので天板の上がスッキリする。。設置させしてしまえば使い勝手は良いのだが、組立分解の行程が少し面倒なのと何より軽量化したといっても重く、パーツが分かれるため車載の収まりも悪い。また、丁寧に移動しないと形が崩れる。テキーラプレート部分は耐熱仕様なので熱したクッカーを置くことも可能。



 

■代替を検討しているテーブル

現在、代替を検討してるテーブルは以下の3点。何れも中段棚付きの折りたたみテーブル。ソロ幕[オガワ/タッソTC]はティピー型で外周部がデッドスペースとなるためローテーブルの方が端に寄せやすくレイアウトし易い

①[笑’s/焚き火調理台450re]
②[笑’s/焚き火調理台700re]
③[ミニマルワークス/モカロールテーブルプレミアム]


 

①[笑’s/焚き火調理台450re]

外寸45*30*19.5(h)cm/収納寸 45*30*1.6(h)cm/重量2.5kg。名前からして調理台と称しているため、食事テーブルとしては高さが約20cmと少し低いがジャグ置き場としても流用できそう。耐熱仕様なので熱したクッカーを置くことも可能。

 

②[笑’s/焚き火調理台700re]

外寸70*30*32.5(h)cm/収納寸70*30*1.6(h)cm/重量3.8kg。焚き火調理台450reよりも高いがそれでも32.5cmと一般のローテーブルより低め。奥行も30cmと短いため対面使用は難しいが幕内での収まりは良さそう。耐熱仕様なので熱したクッカーを置くことも可能。

 

③[ミニマルワークス/モカロールテーブルプレミアム]

外寸60*40*36(h)cm/収納寸50*15*15(h)cm/重量2.04kg。重量約2kgと軽量なのが魅力のロールテーブル。展開設置の行程が多いのと板と板の間が汚れやすいのが難点。耐熱テーブルではないので熱したクッカーは置くことが出来ない。

 

■6製品仕様比較

現使用及び代替候補モデルの計6製品の仕様比較。並びは天板サイズの小さい順。[ミニマルワークス/モカロールテーブルプレミアム]以外の天板は耐熱仕様。

[メーカー名/製品名] 外寸(cm) 収納寸(cm) 天板サイズ
(全幅*奥行)
重量(kg)
[笑’s/焚き火調理台450re] 45*30*19.5(h) 45*30*1.6(h) 1,350 2.5
[ユニフレーム/焚火テーブル] 55*35*37(h) 55*35*2.5(h) 1,925 2.3
[笑’s/焚き火調理台700re] 70*30*32.5(h) 70*30*1.6(h) 2,100 3.8
[ミニマルワークス/モカロールテーブルプレミアム] 60*40*36(h) 50*15*15(h) 2,400 2.04
[ユニフレーム/焚火テーブルL] 70*45*37(h) 70*45*2.5(h) 3,150 3.24
[DOD/テキーラテーブルM] 115*49*41(h) 91*42*3.8(h) 3,822 8.6

※正確な仕様は各製品HPを参照のこと

■まとめ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8thキャンプ#30@カンパーニャ嬬恋キャンプ場 ~検証編~

[DOD/テキーラテーブル] ~開封の儀~

Year2022-13th-CAMP#85@べるが尾白の森キャンプ場 ~2nd ...

テントを考える2022 ~ソロデビュー幕編~

キャンプギア散財録2022 ~葉月編~

ライスクッカーを考える2021 ~炊き比べ編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。