メダカ観察日記2022 ~彩りメダカ編~

屋内ガラス水槽を立ち上げて約3週間、屋外ビオトープ水槽を立ち上げて約2週間が経過したため各々に生体を追加してみた。屋内ガラス水槽は品種の違いを観察するために基本1品種当たり3匹で構成。

■追加生体

閉店間際の『カネダイ』でパックセールで以下の3品種計15匹を購入!何れも体もやや小さく成体一歩手前の若体といった感じ。

・夜桜ゴールドメダカ(5)
・プラチナ幹之メダカ(5)
・オロチメダカ(5)

・プラチナ幹之(5)

上空視点が映える、長い体外光を持つプラチナ幹之メダカ。側面視点は白メダカと同じ印象。



・夜桜ゴールド(5)

黒灰色がかった体にラメが散らばる黄色体のメダカ。まだ、若い個体のため頭部がややオレンジ掛かっているが特徴は余り出ていない。



・オロチ(5)

漆黒のオロチ。幼魚に近い若魚で体が小さい。洗面台の上で容器に移した際に1匹飛び跳ねてそのまま排水溝へ(>_<)。作業時は排水溝にネットもしくはスポンジを張っておくべきだった…反省!



 

■水槽構成

①屋内ガラス水槽(26L)

メダカ成体15匹。屋内ガラス水槽には5品種全15匹が混泳しており彩り豊かで品種の違いを楽しむことが出来る。上空視点でやはり目が惹くのは頭の先まで体外光を持つプラチナ幹之(ミユキ)メダカ。側面視点ではやはり楊貴妃メダカが見応えがある。夜桜ゴールドメダカは思ったより目立たない。

・夜桜ゴールド(3)
・プラチナ幹之メダカ(3)
・楊貴妃メダカ(3)
・オロチメダカ(3)
・黒メダカ(3)

水温は28℃。



 

②屋外陶器水槽(35L)

メダカ成体17匹。混泳用陶器睡蓮鉢容器。やはり一際目立つのはプラチナ幹之(ミユキ)メダカ。幹之メダカと楊貴妃メダカが2大改良メダカと言われるのもよく分かる♪

・MIXメダカ(5)
・オロチメダカ(4)
・黒メダカ(3)
・白メダカ(3)
・プラチナ幹生メダカ(2)


 

③屋外発泡スチロール水槽(25L)

メダカ成体2匹。

・夜桜ゴールド(2)
・オロチメダカ稚魚(1)
・針子(6)


 

■水流対策

[スドー/新産卵飼育ネットL]を取り外したら[コトブキ/レグラスR-400]の水流が強くなってしまったため、[コメット/交換用高密度マット]を切ってフィルターの流出口にはさんでみた。水流は大分抑えられたが継続使用が可能かどうかは要検証。





 

■メダカグッズ

-わけぷか

・[ミプラス/わけぷか ホワイト]1280
長辺側側面に浮きとメッシュ付いており針子や稚魚を同一容器内で別々に飼育することが出来る。ブラックカラーを既に所有していたが今回はホワイトカラーを別途補完。白地のほうが底面のゴミや黒系の針子を視認し易いかな。



 

-石

実家から持ってきた石。やはり白系の方が目立つ。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベランダビオトープ2022 ~生体投入編~

メダカ観察日記2022 ~墜ちた原因編~

メダカの観察日記2022 ~水槽立上げ編~

メダカの観察日記2022 ~メダカ投入7days編~

屋内ガラス水槽2022 ~極火蝦 投入編~

屋内ガラス水槽2022 ~リセット編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。