[DOD/フカヅメカンガルーテント] ~解剖の儀~

DODから幕内サイドに寄せることが出来るインナーテント[DOD/フカヅメカンガルーテント]がラインナップに加わった。サイズはSとSSの2つ。目を瞑りたくなるネーミングだが、中々面白い。小生の所有するインナーテント3種と仕様を比較してみた。

DODホームページより引用

■所有インナーテント

≪所有インナーテント≫
・[FIELDOOR/ポップアップメッシュテント]
・[DOD/ワンタッチカンガルーテントS]
・[DOD/ワンタッチカンガルーテントM]
※フカヅメカンガルーテント発売に伴い以前は単にカンガルーテントの表記だったがワンタッチが製品名頭に付記されている






 

■仕様
ボトム面積順。ボトム面積はカタログ値のボトム全幅x横幅にて算出(実面積ではない)。尚、[DOD/フカヅメカンガルーテント]はAmazon/楽天に出品が無いためメーカーリンクを付記。

[メーカー名/製品名] 外寸
(cm)
ボトム
面積(m2)
収納寸
(cm)
重量
(kg)
生地
[FIELDOOR/
ポップアップメッシュテント]
230*70*70(h) 1.6 70*70*4(h) 1 ポリエステル
[DOD/
フカヅメカンガルーテントSS]
215*95*116(h) 2.0 43*15*15(h) 2.4 コットン
[DOD/
フカヅメカンガルーテントS]
215*155*123(h) 3.3 47*17*17(h) 3 コットン
[DOD/
ワンタッチカンガルーテントS]
220*150*128(h) 3.3 70*21*21(h) 4.3 コットン
[DOD/
ワンタッチカンガルーテントM]
210*210*140(h) 4.4 77*21*21(h) 4.9 コットン

■ボトムサイズイメージ
[DOD/フカヅメカンガルーテントS]と[DOD/ワンタッチカンガルーテントS]のボトム面積は3.3m2とほぼ同等。

・[DOD/フカヅメカンガルーテント]はワンタッチ式ではなく変則魚座フレーム型で設営にはひと手間掛かるが収納サイズがコンパクトになり重量も軽くなる。
・[DOD/フカヅメカンガルーテントS]と[DOD/ワンタッチカンガルーテントS]のボトム面積はほぼ同じ。収納寸は47*17*17(h)cmに対し70*21*21(h)と[DOD/フカヅメカンガルーテントS]の方が全幅が23cm短くコンパクトで重量も1.3kg軽い。フレーム構造上[DOD/フカヅメカンガルーテントS]は奥側に角度がついているため幕内空間は[DOD/ワンタッチカンガルーテントS]に比べて狭い

・[DOD/フカヅメカンガルーテントS]と[FIELDOOR/ポップアップメッシュテント]は同じソロ用。[DOD/フカヅメカンガルーテントS]は変則魚座型フレーム式、[FIELDOOR/ポップアップメッシュテント]はポップアップ式。[DOD/フカヅメカンガルーテントS]はポリコットン生地でフルクローズ可能だが、[FIELDOOR/ポップアップメッシュテント]はフルメッシュ仕様のみでフルクローズ仕様にはならない。

[オガワ/ロッジシェルターⅡ]は幕壁の角度が直角に近いので[DOD/フカヅメカンガルーテント]のメリットは生かしにくい

・[DOD/フカヅメカンガルーテント]は1ポールもしくは2ポールシェルターやトンネル型テント(短辺側)に配置すると幕内の有効スペースを拡大することが出来る。

・[DOD/フカヅメカンガルーテント]は[DOD/ワンタッチカンガルーテント]と違い別売りのフライはない


 

■[DOD/フカヅメカンガルーテントSS]のカンガルースタイル
[DOD/フカヅメカンガルーテンSS]を我家の所有するテントで使った時をイメージしてみた。まずは[オガワ/ロッジシェルターⅡ]のカンガルースタイル。男友達2人でのデュオキャンで寝室を別々にするシチュエーション。






[DOD/ショウネンテントTC]で使うには少しタイトかもしれない。[テンマクデザインPEPOテント]で1個使いなら丁度良いが2個使いはかなりタイトで実用性は低いかな。


 

■マット&コット
フカヅメカンガルーテントシリーズに小生の所有しているインフレーターマット[サーマレスト/ベースキャンプL]及びコット[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル]を設置したイメージ図。フカヅメカンガルーテントSSだと[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル]はロー仕様でないと幕壁が干渉して使えない。フカヅメカンガルーテントSならコット1つならハイコット仕様でも使えるかもしれない。




 

■所感
[DOD/フカヅメカンガルーテント]シリーズは収納サイズがコンパクトで重量も軽量だが幕壁が直角に近い[オガワ/ロッジシェルターⅡ]ではその形状のベネフィットは余り生かせなかもしれない。[DOD/ワンタッチカンガルーテント]シリーズの方が使い勝手は良いように思われる。[DOD/フカヅメカンガルーテント]が一番生きるテントタイプは幕壁に角度のある1ポールもしくは2ポールテント(シェルター)と思われる。[オガワ/ツインピルツフォークTC]を以前所有してたがその時にこのインターテントがあれば購入してたと思う。






 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年9thキャンプ#46@大洗サンビーチキャンプ場 ~1日目~

[オガワ/タッソTC] ~インナーテント妄想編 其の壱~

気になるテント2021 ~ティピー幕8選比較編~

2018年11thキャンプ#21@ふもとっぱら ~2日目~

ガスストーブを考える2020 ~デカ暖 or アラジン編~

2019年12thキャンプ#34@大子広域公園グリンヴィラ ~3日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。