2021年10thキャンプ#62@大洗サンビーチキャンプ場 ~Planning~

2021年10回目、通算62回目のキャンプは前回に続き4回目の来訪となる『大洗サンビーチキャンプ場』を予定。前回は“スパイスボックス”、“キッチンツールボックス”、“ケトル”を忘れたので今回は気を付けなければ!

■Overview
夜間の暑さ対策にサーキュレーターとして[マキタ/充電式ファン]を持参。前回来たときは虫は殆どいなかったがそろそろ出てくるかもしれないので虫除けグッズも準備。1泊2日なので焚火はやらない予定。

【キャンプ場】『大洗サンビーチキャンプ場
【予約区画】電源付区画サイトA(1,500W)
【宿泊】1泊2日
【形態】ファミキャン
【グルメ】BBQ
【出動ギア】
・テント:[オガワ/ロッジシェルターⅡ]
・タープ: [Soomloom/レクタタープ]
・シェラフ:[ナンガ/オーロラ600DX]
・マット:[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル インシュレーテッド]
・冷暖房:[マキタ/充電式ファン]
・焚火台:なし


 

■Timetable

【1日目】
07:00- 自宅発
09:00- 潮干狩り@大洗海岸
10:30- 大洗町漁協卸売市場
11:00- アーリーチェックイン(通常は13:00-)
12:30- 昼食
17:00- 夕食

【2日目】
07:00- 朝食
12:00- レイトチェックアウト(通常は10:00-)※翌日のサイト予約があるとダメ

■Tent
出動するテントは6回目の実践投入となる[オガワ/ロッジシェルターⅡ]!


 

≪幕内レイアウト≫
前回と同様幕内外の導線を良くするためにテキーラキッチンレッグは短辺側入口半面に設置。メインレッグの棚板の間隔を前回より少し広く設定。また、[DOD/テキーラランタンレッグ]は1個追加して、ランタンフック側ではない方のみ2つを使い棚を拡張する

・インナーテント⇒[DOD/カンガルーテントM]
・お座敷スペース⇒[DOD/カマザシキS]
・棚⇒[DOD/テキーラキッチンレッグ][DOD/テキーラランタンレッグ]
・クーラースタンド⇒[ユニフレーム/フィールドラック]

 


 

前回クーラースタンドは[DOD/テキーラローレッグM]を使用したが、幕内のレイアウトを制限するため今回は[ユニフレーム/フィールドラック]*4+[ユニフレーム/フィールドラックステンレス天板]*2を使用。幕内の導線に干渉しなければ2段*2を並べて使用、干渉する用なら2段*1を単独で設置。


 

■Tarp
サイトは広めだがチェックアウトが10時と早いため、[オガワ/ロッジシェルターⅡ]は単体運用の予定。風が強い用なら[Soomloom/レクタタープ300×385]を風防代わりにシェルター張りする。雨予報なのでポリコットンよりナイロン生地モデルの方が良いかな。


 

■Cooking
水コンロ[ホンマ製作所/サンフィールドステンレス炭焼きグルメ]にてBBQ。


 

■CampGear
今回ピックアップするギアはコチラ。

・[ザノースフェイス/フィルデンスツールボックス]
キッチンツールボックスを新調。


 

・[ユージャック/ランタンスタンド ダブル]
6mm径のゴムキャップを別途注文し補修。雨が降り出したため車内で作業していたら接着剤をシートカバーに落としてしまい、急ぎウェットティッシュで拭くも表面シートが少し剥がれてしまった(>_<)。ん~作業は外でやらないとダメなだ。補修作業自体は滞りなく終了。不意に取れないように内側を接着剤で固定。





 

・[DOD/テキーラレッグM]
現在、天板は91*25*1.8(h)mm*1/91*20*1.8(h)mm*1のパイン集成材を2枚使用しているが1枚板91*45*1.8(h)mmの方が使い勝手が良さそう。丸角処理された天板がホームセンター等で入手できれば検討したい。


 

・[キャプテンスタッグ/万能熊手 大小][ダイソー/木柄忍者くまで]
6月一杯は大洗海岸で潮干狩りが出来るので、網の付いた万能熊手の大と小サイズ、網のないダイソーの木柄忍者くまでを補完。






 

・[ビバホーム/真空タンブラー430mL]
[サーモス/真空断熱タンブラー 420mL]と良く似たビバホームブランドの真空タンブラーを補完。ポータブル冷蔵庫でグラスを冷やし、350mLビール缶を注いで美味しく飲めるかを試してみる。


 

■Verification
今回の検証リストはコチラ。

□[ユニフレーム/フィールドラック]*4のクーラースタンド使用
[DOD/テキーラローレッグM]の代わりに2段2列でポータブル冷蔵庫とクーラーボックス置場として使用。


 

□[EENOUR/車載冷蔵冷凍庫 25L]のポータブル電源による駆動
容量500Whの[suaoki/ポータブル電源 G500]と200Whの[suaoki/ポータブル電源 S200]の合計700Whのポータブル電源にて6月の1泊2日キャンプで保冷力が維持できるか否かを検証予定。ポータブル冷蔵庫の消費電力は45Wなので計算上約15時間は稼働。稼働時間の延長要因としては前日から食材と保冷剤を-20℃設定で予め冷やしておくこと車中移動中は車シガレットから給電すること短縮要因としては温度湿度、開閉頻度があるので実際の稼働時間は試してみないと分からない。今回は電源サイトなのでポータブル電源のバッテリーが切れたら電源に接続し直す。


 

□[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル]+[フィールドア/ポップアップメッシュテント]の併用
ハイコット仕様[ヘリノックス/コットワンコンバーチブル]の上に[フィールドア/ポップアップメッシュテント]を乗せてお座敷スペースにて使用。嫁娘は[DOD/カンガルーテントM]


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8thキャンプ#30@カンパーニャ嬬恋キャンプ場 ~計画編~

2018年キャンプギア展示会 ~アウトドアデイジャパン 東京編~

2019年10thキャンプ#32@北軽井沢スウィートグラス ~検証編~

ファミキャン用出動ギアを考える2020 ~精査編~

[ホンダ/ステップワゴンRP4] ~キャンプギア車載レイアウト編~

クーラーボックスを考える ~ポータブル冷蔵庫併用編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。