[ネイチャーハイク/ハイビー3] ~DOD オーマイタープ連結編~

ソロキャン3シーズン用の魚座型ドーム型テント[ネイチャーハイク/ハイビー3]とタープ連結レイアウトのイメージの中から今回は③[DOD/オーマイタープTC]のオガワ張りを検証。


 

①[Soomloom/レクタタープ300*385 NL]
稜線長300cm/ルーフ全長380cm、総重量:NL(ナイロン)1.1kg、TC(ポリコットン)3.9kg

②[テンマクデザイン/ムササビウィング13TC]
稜線長390cm/ルーフ全長380cm、総重量2.15kg

③[DOD/オーマイタープTC]
稜線長345cm/ルーフ全長385cm、総重量3.3kg

④[フィールドア/スクエアタープS TC]
稜線長280cm/ルーフ全長280cm、総重量2.4kg

⑤[ユニフレーム/REVOフラップ]
480*140*240(h)cm、総重量2.0kg。

■[DOD/オーマイタープTC]の連結イメージ
[DOD/ショウネンテントTC]のメイン併用タープ[DOD/オーマイタープTC]を[ネイチャーハイク/ハイビー3]にオガワ張りに連結したイメージ図がコチラ。[テンマクデザイン/ムササビウィング13TCと比べるとルーフ後方が長い。

メインタープポール⇒250cm/150cm
サブタープポール⇒なし

[テンマクデザイン/ムササビウィング13TC]とは同じ変形ペンタタープで布地面積はほぼ同等。ルーフ前方が長いのがムササビウィング13TC、ルーフ後方が長いのがオーマイタープTC。何れもポリコットン生地製。

■[DOD/オーマイタープTC]のオガワ張り検証
メインタープポールは250cm*1/150cm*1を用意。テント前方側をポールを目安にテント前方から約4mの所に予2か所ペグダウン(実際3m程で良かった)。


 

テント後面も予めぽ150cmポールを目安に2か所ペグダウン。


 

[DOD/オーマイタイプTC]はデフォルトでセッティングテープが付属している。

タープ側から3つ目のハトメを150cmタープポールに引っ掛けて、ガイロープをペグに引っ掛けてテンションを掛ける。


 

テント前方側の250cmタープポールもペグに二又ガイロープを引っ掛けてテンションを掛ける成形。

両ウィングをペグダウンして完成!グルっと外観チェック。テント前面のタープ下スペースは[テンマクデザイン/ムササビウィング13TC]よりも狭いかな。

遠目から。

セッティングテープ周り。テントとタープの間の隙間も丁度良い感じ。雨に濡れない導線も確保でき、タープ重量によるテント負荷も無さそう。

■所感
[DOD/オーマイタープTC]のオガワ張り連結は[テンマクデザイン/ムササビウィング13TC]と比べテント前方タープ下スペースが若干狭い。やはり[DOD/オーマイタープTC]は[DOD/ショウネンテントTC]の方が相性が良さそうだ。

オガワ張り

【連結タープ】[DOD/オーマイタープTC]
【連結様式】オガワ張り(セッティングテープ長 約200cm)

【使用タープポール】メインポール250cm*1/150cm*1、サブポールなし(推奨)
【応用タープポール】メインポール240cm*1/120cm*1、サブポールなし

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コールマン/アテナ トンネル2ルームハウス ~初張編~

12th デイキャンプ@彩湖道満グリーンパーク ~クリスマスBBQ編~

BBQ鉄板レイアウト ~ジカロテーブル編~

2020年15thキャンプ#52@ソレイユの丘オートキャンプ場 ~検証編~

焚火台を考える2020 ~ソロキャン編~

2020年7thキャンプ#44@北軽井沢スウィートグラス ~検証編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。