ポータブル電源を考える2021 ~キャンプ転用編~

我家で現役で使用しているポータブル電源は2019年8月購入の[Suaoki/ポータブル電源S200]と2018年9月購入の[Suaoki/ポータブル電源G500]の2機種。主にキャンプで使用している。残念なことにsuaoki製品の代理店『ミラクルチエ』が2020年1月に閉店、代理権は『コロネ』に移管しており既に所有しているsuaoki製品のサポートは期待できない状態。尚、正確な仕様は各メーカーのHPを参照のこと。今回は我家の使用実態下における最適なポータブル電源を検討してみた。

・電源サイト利用の時は[Suaoki/ポータブル電源S200]を休憩時に停車時間が1時間以上になる場合のポータブル冷蔵庫の給電用に持参
・非電源サイト利用の時は[Suaoki/ポータブル電源G500]と[Suaoki/ポータブル電源S200]を持参。予めキャンプ前日から食材を入れて-20℃設定で冷やしておくと1泊2日のキャンプでは事足りる。




 

■所有ポータブル電源の仕様
2機種の仕様比較がコチラ。[Suaoki/ポータブル電源G500]は大容量だが、外寸280*190* 210(h)mm/重量6.8kgと重く実状気軽に持ち出しにくい。[Suaoki/ポータブル電源S200]は低容量だが外寸195*64*255(h)mm/重量2.7kgと軽量コンパクトなので持ち運びは容易。ポータブル電源の寿命は使用状況にもよる10年位はあるようだ。[Suaoki/ポータブル電源G500]は後6年、[Suaoki/ポータブル電源S200]は後7年は使用可能。

[Suaoki/ポータブル電源S200] [Suaoki/ポータブル電源G500]
外寸(mm) 195*64*255(h) 280*190* 210(h)
重量(kg) 2.7 6.8
容量(Wh) 200 500
容量(mAh) 54,000 137,700
出力(W) 120 300
AC出力(口) 1 2
DC出力(口) 1
(アダブタ経由)
1
Type-A出力(口) 2 2
Type-C出力(口) 1 1

■ポータブル冷蔵冷凍庫の使用時間
主に給電元となるのはポータブル冷蔵冷凍庫[EENOUR/車載冷蔵庫25L]。消費電力が約45Whなので計算上[Suaoki/ポータブル電源S200]は4.4時間(200Wh/45W)、[Suaoki/ポータブル電源G500]は11時間(500Wh/45W)使用することが出来る。気温や湿度や経年劣化を含めると実質は75%程の使用時間と考えると[Suaoki/ポータブル電源S200]は3時間、[Suaoki/ポータブル電源G500]は8時間程

・[EENOUR/車載冷蔵庫25L]の使用時間目安
[Suaoki/ポータブル電源S200]⇒3時間 ※SA等で食事休憩の停車中の電源は確保可能
[Suaoki/ポータブル電源S500]⇒8時間 ※キャンプ時一晩の電源は確保可能(少し心もとないが)


 

■ポータブル電源の使用状況
我家でのポータブル電源の使用状況を整理したのがコチラ。使用頻度を考えると200Whクラスの小容量軽量コンパクトの使い勝手が良い。機会は少ないが、ポータブル冷蔵庫を一晩稼働させるとなるとやはり500Whクラスの大容量重量ビッグモデルが良い。

・[Suaoki/ポータブル電源S200]は年10~12回の使用
・[Suaoki/ポータブル電源G500]は年3~4回の使用
・対応のソーラーパネルをキャンプ時に使用することは皆無。いざ使用しようと思っても曇天だったり、猛暑時の炎天下で使用できなかったりとソーラー充電の機会はほぼない。
・[Suaoki/ポータブル電源G500]はスクエアな機体、天板がフラットなので車載及び幕内レイアウトの際に便利。
・スマホやタブレットへの給電は別途モバイルバッテリーを使うためポータブル電源はほぼ使用しない。
・使用するAC口はほぼ1つ

■容量200Whクラス
軽量コンパクトクラスで気になるのは[JVCケンウッド/ポータブル電源 BN-RB3-C]。製造は海外製だがサポートは国内で対応していて安心だが値段は同容量タイプに比べると少し高い。Type-C口が無いのが少し残念かな。


 

[Suaoki/ポータブル電源S200] [JVCケンウッド/
ポータブル電源 BN-RB3-C]
外寸(mm) 195*64*255(h) 231*134*168(h)
重量(kg) 2.7 3.6
容量(Wh) 200 311
容量(mAh) 54,000 86,400
出力(W) 120 200
AC出力(口) 1 1
DC出力(口) 1
(アダブタ経由)
1
Type-A出力(口) 2 2
Type-C出力(口) 1 0
Qi × ×
参考価格(円) 40,480

■容量500Whクラス(価格重視)
500Whクラスで激安なのが[NXONEPRO/ポータブル電源500]。保証サポートや使用電力の表示はないが3万円を切る価格は魅力的。この値段なら2個使いして車と自宅で入れ替えながら使用することも出来る。容量も[Suaoki/ポータブル電源G500]とほど同等なのでカタログスペック通りの性能を発揮するならば実質約8時間は稼働するはず。


 

[Suaoki/ポータブル電源G500] [NXONEPRO/ポータブル電源500]
外寸(mm) 280*190* 210(h) 300*200*180(h)
重量(kg) 6.8 6.5
容量(Wh) 500 520
容量(mAh) 137,700 140,400
出力(W) 300 500
AC出力(口) 2 2
DC出力(口) 1 1
Type-A出力(口) 2 3
Type-C出力(口) 1 1
Qi × ×
参考価格(円) 29,999

■容量500Whクラス(コンパクト重視)
500Whクラスにもかかわらず機体が258*165*175(h)mmとコンパクトなのが[MaxPower/ポータブル電源 MP700]。重量も5.9kgとやや軽量。[EENOUR/車載冷蔵庫25L]なら実質9時間は稼働できる。


 

[Suaoki/ポータブル電源G500] [MaxPower/ポータブル電源 MP700]
外寸(mm) 280*190* 210(h) 258*165*175(h)
重量(kg) 6.8 5.9
容量(Wh) 500 580
容量(mAh) 137,700 156,200
出力(W) 300 700
AC出力(口) 2 2
DC出力(口) 1 1
Type-A出力(口) 2 3
Type-C出力(口) 1 1
Qi × ×
参考価格(円) 54,800

■容量500Whクラス(サポート重視)
製造は海外だがサポートは国内で受けられデザインもアウトドア感のある[JVCケンウッド/ポータブル電源 BN-RB6-C]。


[Suaoki/ポータブル電源G500] [JVCケンウッド/
ポータブル電源 BN-RB6-C]
外寸(mm) 280*190* 210(h) 300*193*192(h)
重量(kg) 6.8 6.4
容量(Wh) 500 626
容量(mAh) 137,700 17,500
出力(W) 300 500
AC出力(口) 2 2
DC出力(口) 1 1
Type-A出力(口) 2 3
Type-C出力(口) 1 0
Qi × ×
参考価格(円) 71,280

■容量500Whクラス(ワイアレス充電重視)
Qiワイアレス充電対応。便利だがスマホはスマホ用にQi対応のモバイルバッテリーを持っているので我家でのニーズは少ない。


[Suaoki/ポータブル電源G500] [ヤシマ製造/ポータブル電源 500W]
外寸(mm) 280*190* 210(h) 290*194*20(h)
重量(kg) 6.8 6.7
容量(Wh) 500 500
容量(mAh) 137,700 140,400
出力(W) 300 500
AC出力(口) 2 2
DC出力(口) 1 1
Type-A出力(口) 2 3
Type-C出力(口) 1 1
Qi ×
参考価格(円) 49,800

■容量1000Whクラス
超大容量1,002Whmに加え、出力1,000W対応でキャンプ場でドライヤーを使うことも可能。その分、外寸は333*234*244(h)と大きく、重量も10kgとヘビー級、値段も10万を超える(>_<)。[EENOUR/車載冷蔵庫25L]の実質稼働時間は約16時間なので1泊2日のキャンプであれば十分事足りる。


 

[Suaoki/ポータブル電源G500] [JVCケンウッド/
ポータブル電源 BN-RB3-C]
外寸(mm) 280*190* 210(h) 333*234*244(h)
重量(kg) 6.8 10.9
容量(Wh) 500 1,002
容量(mAh) 137,700 278,400
出力(W) 300 1,000
AC出力(口) 2 3
DC出力(口) 1 1
Type-A出力(口) 2 2
Type-C出力(口) 1 2
Qi × ×
参考価格(円) 122,318

■まとめ
我家の使用実態下を踏まえると候補は以下の2通りかな。

①[JVCケンウッド/ポータブル電源 BN-RB3-C]
大きさと重量と値段が許せれば当機種が一番魅力的。ポータブル冷蔵冷凍庫[EENOUR/車載冷蔵庫25L]も実質16時間程稼働することが出来る上に、高出力に対応しているためドライヤーも使用できる。電源サイトであっても低出力でドライヤーが使えないケースもあるので便利。店頭モックを確認したがやはり、500Whクラスと比べ一回りというか二回り大きく存在感があり車載レイアウトを考える必要性もある。セール等で価格が10万円を切れば購入を検討したい。

②[NXONEPRO/ポータブル電源500]*2個
2個買っても約6万円という圧倒的な安さが魅力。使用電力表示機能は無いが実使用可では特に問題ない。懸念点は当たり外れのリスクがあるのとサポートには期待できないことかな。

 

[NXONEPRO/ポータブル電源500]*1
([NXONEPRO/ポータブル電源500]*2)
[JVCケンウッド/
ポータブル電源 BN-RB3-C]
外寸(mm) 300*200*180(h)
300*200*360(h)
333*234*244(h)
重量(kg) 6.5
(13)
10.9
容量(Wh) 520
(1,040)
1,002
容量(mAh) 140,400
(280,800)
278,400
出力(W) 500
(1,000)
1000
AC出力(口) 2
(4)
3
DC出力(口) 1
(2)
1
Type-A出力(口) 3
(6)
2
Type-C出力(口) 1
(1)
2
Qi × ×
参考価格(円) 29,999
(59,998)
122,318

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア2018 ~バックアップ編~

レギュラーキャンプギア2019 ~オガワ編~

[テンマク/PEPOテント] ~テント談義編~

[ソト/ステンレスヘビ−ポットGORA ST-950] ~炊飯の儀~

2018年7thキャンプ#17@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

2021年2ndキャンプ#54@フォンテーヌの森キャンプ場 ~LookingBa...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。