2021年テニス#03 ~新ラケット投入編~

1年前から大学テニスOB戦をやろうと予約していたが昨今の世情によりチームKとの合同練習会に切り替え。そして…7年ぶりにテニスラケットを新調した。機種はグリップサイズ3の[ウィルソン/ULTRA TOUR 95JP CV]15593-623P=14970。2019年錦織選手使用モデルの軽量版。フェイス面積は-3平方インチ、平均重量差は-16g、ガット張り上げ時重量差は-20g。

【新】
ウィルソン/
ULTRA TOUR 95JP CV
【旧】
バボラ/
ピュアストライク
【フェイスサイズ】 95平方インチ 98平方インチ
【平均重量】 289g 305g
【ガット張り上げ時重量】 308g 328g
【バランス】 34.0cm 32.0cm
【長さ】 27.25インチ 27インチ
【フレーム厚】 22/22/22mm 21.5/23/21mm
【ストリングパターン】 16*20 16*19
【適正テンション】 50-60 55-62
【ガット】 [ルキシロン/4G 125]
縦[バボラ/エクセル1.25mm]
横[テクニファイバー/ブラックコード1.24mm]
【ガットテンション】 普通 53P

テニスラケットはネットで購入すると総じて安い…が通常、実重量とバランスを確認することが出来ないので2本目を購入するには向いていないけど。ということで今回はネットで注文!ガットはポリで細目な[ルキシロン/4G 125]を選択、張りは“普通”で発注。




届いたラケット&ガットがコチラ。ガットは張り上げ時のラケット総重量は308gでピュアストライク(328g)より20g軽いがトップヘビーなこともあり、振った感じは軽さは感じない。ポリガットは細いソフト仕様だとしても非力プレーヤーの小生には少し硬いかも。実際に使ってみて打感が固い用ならマルチもしくはポリ&マルチのハイブリッドに変更するかもしれない。


 

ちなみに嫁のラケットは293g、娘のラケットは189g。

いざ、実践投入!

終日ゲーム練習をしたうえでの、1stインプレッションはコチラ。やはり、小生のパワーではポリは厳しい感があるので、次回ガット張替えのタイミングでピュアストライクのようにポリとマルチのハイブリッドにするかも。

・ブルーとブラックのコントラストがカッコイイ
・面が小さいためか振りぬきが良い
・ポリエステルガットの割にはソフトな打感
・ストロークが振り切ればコントールし易い
・ストロークがふかしにくい
・ボレーはし易いが伸びは少ない

ウルトラシリーズデザインのラケットバッグも併せて新調したいところ。ん~でも今と同じタイプだから、リュック専用テニスバッグもスタイリッシュで使い易すそう。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テニス練習会2020#11 ~年締め編~

GARMIN fenix5 ~開封の儀~

年の一度のテニス合宿2018 ~乳酸MAX編~

2021年テニス#08 ~酷暑編~

スキー&スノボ2019@白樺湖スキー場 ~3日目~

2021年テニス#02 ~小春日和編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。