[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~Soomloomレクタタープ アレンジ編~

安価なポリコットン製のレクタタープ[Soomloom/レクタタープAdranus]を新規補完。サイズは300*385cmと400*490cmの2規格あり今回補完したのは前者。特に300*385cmのサイズ感が絶妙でテントにオープンタープスペースを気軽にアレンジ拡張できる。



■仕様

[Soomloom/レクタタープAdranus] 【300*385cmモデル】 【400*490cmモデル】
展開サイズ
(稜線部*ルーフ全長)
 300*385cm 400*490cm
収納サイズ 36*18*18(h)cm 44*20*20(h)cm
重量 3.9kg 5.5kg
生地 TC(コットン35%/ポリエステル65%) TC(コットン35%/ポリエステル65%)
ループ数 19カ所 19カ所
付属 専用収納袋/自在付ロープ*6/ペグ*8 専用収納袋/自在付ロープ*6/ペグ*8
参考価格 8,990円 13,900円


 

軽量なナイロン生地モデルもあり、300*385cmサイズは既に所有済み。ナイロン生地モデルは300*290cm/300*385cm/400*485cmの3サイズ展開。ポリコットン生地モデルと違い稜線部に3か所のループが付いておりアレンジパターンが多い実物を確認してみたらTCモデルも稜線部に3か所のループあり。ポリコットン生地モデルはナイロン生地モデルよりも遮光性が高く火の粉による穴あきリスクが少ない利点があるが、稜線ループがなく、重量も約4倍(+2.7kg)、値段は約2倍(+4,000円)となる。

[Soomloom/レクタタープ300*385cm] 【ポリコットン生地モデル】 【ナイロン生地モデル】
展開サイズ
(稜線部*ルーフ全長)
 300*385cm  300*385cm
収納サイズ 36*18*18(h)cm 32*11*11(h)cm
カラー ベージュ オレンジ調ブラウン
重量 3.9kg 1.1kg
生地 TC(コットン35%/ポリエステル65%) ナイロン
ループ数 16か所19カ所 19カ所
付属 専用収納袋/自在付ロープ*6/ペグ*8 専用収納袋/自在付ロープ*6/ペグ*8
参考価格 8,990円 4,990円


 

■テント連結イメージ
300*385cmというのは気軽にオープンタープエリアを拡張してくれる実に絶妙なサイズ感。[オガワ/ロッジシェルターⅡ]の設営スペースをミニマムに押さえつつ連結が可能。[テンマクデザイン/PEPOテント]と[DOD/ショウネンテントTC]に連結しても良いかもしれない。


 

■ナイロン生地モデルとの連結
先に行ったナイロン生地モデルでの連結例。ポリコットン生地モデルより軽量且つ取り回しも良く、カビ発生リスクも少ないので雨天時向き。メインタープポールは250cm*2、サブポールは170cm*2使用、テント側はサブポールなしで直接ガイロープをペグダウン。


 

雨に濡れない導線は完全に確保できないが、ロッジシェルターⅡ自体に庇が付いているためシェルターの出入りの際に雨には濡れ難い。タープカラーはオレンジ寄りのベージでシェルターの壁面と色味が違う。

ナイロン生地モデルは幕体重量930gと軽量なので二つ折りにしてキャノピーを延長する際にも使用することが出来る。

ポリコットン生地モデルと違い稜線部にループが3か所あるためアレンジパターンが豊富。タープ単体アレンジに関しては改めて検証する予定。

■ポリコットン生地モデルとの連結
新たにポリコットン生地モデルを導入。ガイロープがナイロン生地モデルに付属していたものより太く二股ガイロープについては自在がしっかりたした三角形式。

収納時のサイズはナイロン生地モデルより一回りというかむしろ倍ほど大きい。

シェルター長辺部センターから170cmの位置に予め2か所ペグダウン。この位置にペグダウンすることでシェルターのガイラインとペグを共用且つガイロープのシェルターとの干渉を防ぐことが出来る。

もう片方は稜線300cmを想定した位置から250cmタープポールと170cmポールを使って250cm/200cmの直角三角形をイメージして目安にして2か所ペグダウン。二又ガイロープの角度は凡そ80°。

シェルター側はタープに付属している二股ガイロープ(恐らく8m)を使ったところ長さが足りずシェルターに干渉してしまうためスノピのガイロープ(10m)に変更。


 

タープカラーはナイロン生地モデル程ではないがオレンジ寄りのベージュ。シェルター本体と色味を合わせるにはやはり純正タープを選択するしかない。


 

実際にシェルター短辺側前面にポリコット生地モデルを接続してみた。メインタープポールは250cm*2、サブタープポールは170cm*2を使用。ナイロン生地モデルに比べ約4kgと重いが、少しの風ではバタつかないので取り回しは存外悪くない。


 

今回はタープとシェルターの間隔ができてしまっているが、実際のキャンプでは隙間を極力なくして設営した方が雨天移動の際に濡れ難い。

3人家族での使用を考えると必要十分なスペースを確保することが出来る。遮光性はナイロン生地モデルより高いため、真夏はポリコットン生地モデルの方が使いやすいかも。

遠目から。ポリコットン生地はナイロン生地モデルと違い皺になり難い印象を受ける。

ナイロン生地モデルとの色味比較。同系色だがナイロン生地モデル(右)の方がオレンジ調が強い。

 

■REVOフラップの拡張
次に雨天時や目線除けの効果を得るために[ユニフレーム/REVOフラップ]を拡張接続してみた。サブタープポールに角度を付けるとREVOフラップに干渉してしまうので若干の位置調整が必要。タープのガイロープ内に設営できるのでタープを張るスペースが確保できるのであれば設置は容易。


 

タープ下からの視界はこんな感じ。

REVOフラップをメッシュ仕様に変更。風の抜けが良くなり視界も広がる。

メッシュ仕様時におけるタープ下からの視界。メッシュの透明度は高い。

■所感
300*385cm[Soomloom/レクタタープ]は設営スペースをミニマムに抑えながら[オガワ/ロッジシェルターⅡ]にオープンタープスペースを拡張できる絶妙なサイズのレクタタープ。ナイロンとポリコットン生地の2種類あるが汎用性を考えると軽量コンパクトでカビ発生のリスクの少ないナイロン製の方が高いかな。カラーがオレンジ調のベージュなのでロッジシェルターⅡのフライと色味が若干合わない。

【ナイロン生地】 【ポリコットン生地】
軽い(二つ折りにしてキャノピー延長にも応用可)
収納時コンパクト
・安い
・カビが生え難い
・稜線部にループがある
・皺になり難い
遮光能が高い
・火に強い
・付属のガイロープが太い
・高級感がある
・風によるバタつきが少ない
・稜線部にループがある
× ・皺になり易い
・遮光能が低い
火に弱い
・付属のガイロープが細い
・少し安っぽい
重い
・収納時のサイズが大きい
・高い
・カビが生え易い
稜線部にループがない

[ユニフレーム/REVOフラップ]を接続すれば雨除け&日除けスペースを拡張可能。タープ設営スペース内に収まるため、タープを設営さえしてしまえば接続可能。メッシュ仕様にすることにより風の抜けが良くなり視界も広がる。

■今後の検証課題
テント側のメインタープポールを250cmから210cmに変更し、ロッジシェルターⅡの庇下に直結すれば雨に濡れない導線が確保できるかも知れない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Year2022-11th-CAMP#83@椿荘オートキャンプ場 ~1st DA...

2020年14thキャンプ#51@大洗サンビーチキャンプ場 ~計画編~

未来キャンプ妄想2018 ~ルーフテント編~

[ネイチャーハイク/ハイビー3] ~初期不良チェックは大切編~

[テンマク/焚火タープTCレクタ] ~アレンジ設計図 起草編~

[オガワ/ファシル] ~幕内レイアウト妄想編~