[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~Soomloomレクタタープ連結編~

前回、[オガワ/ロッジシェルターⅡ]と各種タープ5幕の並列張りによる連結アレンジを5手イメージしてみた。全て試してみようと思い公園に出向いたが想定外に風が強く今回の検証は④のみに留まる。

≪稜線部長*ルーフ全長(cm)≫※稜線長順
①[スノーピーク/スクエアエヴォPro.]440*500cm
②[テンマクデザイン/ムササビウィングTC]390*380cm
③[テンマクデザイン/PEPOタープ]380*420cm
④[Soomloom/タープシェード]300*385cm
⑤[フィールドア/スクエアタープS]280*280cm


 

■[Soomloom/タープシェード]300*385cmの並列張り
稜線長が300cmと短いのでタープルーフのサブポールの位置取りさえできれば少し広めの区画サイトなら設営可能なはず。


 

シェルター側のメインタープポールの二股ガイロープはシェルター長辺部センターから170cm離れた位置にペグダウンすればガイロープがシェルターフライに干渉しない。

風が強く余裕がなかったため設営途中の画像はない。テント側はサブポールを使わず直接ガイロープをペグダウン。開放部は170cmサブポールを使用。タープの色味はオレンジ寄りのブラウン。TC生地モデルの方が色味が近いかも知れない。

ガイロープやサブポールの干渉もない。完全に雨に濡れない導線は確保できないがシェルター自体に庇もついているため雨天時の仕様にそれほど支障はないかも。

遠目から。少し広めの区画サイトならタープ連結で設営可能だな。

連泊や雨天キャンプなら[ユニフレーム/REVOフラップ]を付加しても良い。実際に試してみたかったが更に風が強くなってきたので今回はパス。


 

■所感
恐らく、[オガワ/ロッジシェルターⅡ]と連結するにベストサイズのタープではなかろうか!不満点があるとすれば色味の統一感がないのと位。遮光性に関しては今後の検討課題。

・稜線長が300cmと短く、ループ長もロッジシェルター短辺とほぼ同じでガイロープの干渉もなく設営スペースはミニマムで実仕様に十分耐えうるタープ。

・比較的小振りなタープなので強風時の風の影響もスクエアエヴォPro.をオガワ張りするよりも小さく設営撤収も楽。

・雨天時にロッジシェルターⅡをフルクローズももしくはフルメッシュ仕様にしてもオープンスペースを設けることが出来き調理場として使用できる。

雨に濡れない導線は完全には確保できないがほぼほぼ確保可能。ロッジシェルター自体に庇があるため余程の大雨でない限り問題なさそう。

・ナイロン生地で軽量コンパクト。雨天時は問題ないが晴天時の遮光性は実際に使ってみないとわからない。遮光性や耐火性が欲しいときはTCモデルもラインナップされている。価格は約2倍、重さは約4倍となるが。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア補完計画 ~敢行編~

OGAWAのテントを考える2024 ~ソロ4幕 比較検討編~

2ポールシェルター2019 ~タラスブルバ追加編~

[ANCAM/焚火台 FIRE WHIRL L] ~火入れの儀~

[尾上製作所/フォールディングBBQコンロII] ~開封の儀~

白ビールを考える2022 ~最終選考の儀~