[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~スクエアエヴォPro.連結再検証編~

前回の検証時の反省点を生かし[オガワ/ロッジシェルターⅡ]と[スノーピーク/スクエアエヴォPro.]の連結アレンジの再検証に臨む。今回は雨天設営を想定して半面張り(改)にてタープ先行設営後にその下でロッジシェルターⅡの鉄骨工事を進める。…が途中風が強くなり危険を感じたのでオガワ張りと並列張りの検証は中止(>_<)。あぁやはり大型レクタタープはは風の影響が大きい。風速は恐らく5m/s程だが偶の突風があり少し怖かった(´;ω;`)ウッ…。


 

≪留意すべき点≫
ロッジシェルターⅡ長辺側とスクエアエヴォPro.ルーフの中心点を合わせる


 

■タープ先行設営による半面張りアレンジ
雨天設営を想定してタープ先行設営後にタープ下で半面張りCの位置でシェルターを展開。テント側のタープルーフのサブポールは180cm*2、対面は170cm*2を使用。


 

[スノーピーク/スクエアエヴォPro.]のメーカーHP情報によると推奨ポール長は280cm*2/170cm*4でルーフ高低差は110cm、設営に必要なスペースは1,000*1,000cmとなっているがイメージ図によると1,000*800cmあれば可能。

スノーピークHPより引用

まずはタープを設営。

タープポールはメイン280cm*2、サブ180cm*2/170cm*2を用意。


 

テント側のサブポールは180cm*2、開放部のサブポールはロッジシェルターⅡ付属の170cm*2を使用。

タープ設営完了。


 

タープ下で鉄骨工事開始。左の屋根ポールをタープルーフ端に併せて並べる。

鉄骨接続。

幕を被せる。前回、屋根畳で収納しているため展開は楽だが風が強い場合は1人より2人設営の方が安心。

おっ!不意の突風で風上側のサブポールが抜けた(>_<)。強風時はサブポールのペグを深く打つか2本のガイロープを使うかしないとダメだな。中止にするか迷ったが強風設営の練習だと思って継続。とりあえずペグをヘッドまで深く打って補修。ちなみにペグの1本はペグダウン位置から10m程先に落ちていた(>_<)。車や人に当たった時を考えると恐ろしい。今回は試張りなので余りペグを深く打たなかったこともあるが、本キャンプでは一見穏やかな天気だったとしても天候急変に備えて肝となる箇所のペグは意識して深く打っておく必要性を痛感。

シェルタールーフ長辺部の位置をタープルーフ端になるように微調整してからフライをセッティング。風が強いので風上側を急ぎペグダウン。

タープとシェルター、タープポールとガイロープは干渉していない。

更に風が強くなってきたので急ぎタープを撤収。シェルターは四隅をペグダウンし、風上側にガイロープを2本ペグダウンしたのみだが強風時も出も特に問題なし。オガワ張りと並列張りはまた次の機会にて。

撤収時、30cm結束ベルトを使用。収納が楽。5本1組だったので1本足らず。


 

フレームポールは付属の巾着袋に入れてから収納袋に格納。少し面倒だが巾着に入れてから収納することで袋内での収まりが良くなる。

■所感
雨天を想定してのタープ先行設営だったが奇しくも強風設営体験も兼ねることになった。

・シェルター長辺側とタープルーフの中心点を合わせるもしくは、シェルター屋根端にタープルーフ端を合わせればタープポールやガイロープは干渉しない。
・大型レクタタープの風の弱さも露呈。ペグが抜けた際に10m程飛ばされたので本キャンプでは例え天候が穏やかだったとしても肝の箇所には30cmクラスの鋳造ペグを深くペグダウンすることが大切。強風予報なら無理に張らない方が良い。
・ロッジシェルターⅡはボトムとガイラインさえキチンとペグダウンしておけば風速5m+偶の突風なら問題なく耐えうることも検証できた。
・強風の中、1人でフライを屋根畳をするのはかなり大変(>_<)。強風時の設営と撤収は1人ではなく2人いた方が良い。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Year2023-2nd-CAMP#92@大洗サンビーチキャンプ場 ~1st ...

[オガワ/グロッケ12TC] ~2018年新作テント注目編~

[オガワ/ピルツ15TC] ~試張り再チャレンジ編~

ファミキャンを始める前に2019 ~5つの心構え編~

ストーブ収納ケースを考える2021 ~フジカハイペット編~

キャンプギア散財録2021 ~睦月編~