[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~スクエアエヴォPro.連結 実証編~

[オガワ/ロッジシェルターⅡ]の初張に続き、スクエアタープ[スノーピーク/スクエアエヴォPro.]の連結アレンジの5つのイメージから実践投入を想定して③過保護張り、④半面張り2パターン合計3つを検証。尚、①並列張りは設営スペースの問題があり、②オガワ張りは強風問題があるので実践投入の可能性は低い。



 

①並列張り⇒非実証
全幅13mは必要となり区画サイトではまず無理なタープアレンジ。2テントサイトで並列張りをするなら420*380cmの[テンマクデザイン/PEPOタープ]を使うかな。


 

②オガワ張り⇒非実証
セッティングテープの長さを調整することで全幅側の長さも調節可能。只、タープ稜線が500cmとスクエアタープ最長クラスなので強風時の耐久性が少し心配なので実践投入の可能性は低い。


 

③過保護張り
大雨の際にタープを先行設営しその下でテントを設営する状況時のアレンジ。メインタープポールは280cm、サブポールは175cm*2/180cm*2を使用。


 

タープをロッジシェルターⅡの横に並べて設営イメージを思い浮かべいざタープ設営。レクタタープの立て方は過去散々やってきたので設営手技に問題はないと思いきやメインタープポールの位置を前方寄りになってしまい若干のミス(>_<)。

タープが少し前方側に寄ってしまっているが何とか設営完了。今回はテント先行設営、後付けでタープを過保護張りしているが、雨天設営の際はタープを先行設営しその下でロッジシェルターⅡを設営する。

タープとロッジシェルターⅡの隙間は結構ある。

ん~思いの外、ジャストフィット!雨天設営以外でも、超炎天下時に使うのも良いかも。

④半面張りA
タープ片翼をテント長辺側に被せるアレンジ。


 

[オガワ/ファシル]の時によく使っていたタープアレンジ。設営スペースを節約できるタープアレンジ。メインタープポールをロッジシェルターⅡの長辺側端に位置取りして設営。

いざ3Dで実践してみると2Dイメージ通りにはいかず、タープのテント側ルーフにポールが届かない。止む無くガイロープをオガワ張りの要領で延長しペグダウン。シェルーター長辺側とタープルーフの中心点を合わせて、サブポールを200cmポールに変更すればガイロープを延長しなくても設営が出来るかも知れないがポールの高低差が80cmしか確保できないため大雨時に雨水がタープの上に溜まってしまうリスクも否めない。今回は200cmポールを持参していないので検証できず。

見た目は悪くないが強風時の耐久性に懸念が残るので実践投入には向かないかな。

⑤半面張りB
[スノーピーク/スクエアエヴォPro.]独特の機能に片翼の両端の巻き取りが可能。ガイロープもしくはセッティングテープを使ってペグダウン。


 

まずはタープの半面ルーフ端を巻き取る。

テント側はガイロープをオガワ張り調に延長しペグダウン。

風が抜けやすいので“④半面張りA”より耐風能が高そう。

難点は雨天時、ロッジシェルターⅡの屋根からの雨水がタープ内に侵入してしまうこと。

大雨時だと結構な量の雨水がタープ内に侵入してきそうだ。雨が降らず日除け目的ならアリだけど昨今の天候の不安定さを考えると使い難いかな。良い手だと思ったんだが。

⑥半面張りC(現地追加案)
ここで一計を案じる。ならば、過保護張りと半面張りの中間の位置にタープメインポールを位置取りすれば良いのでは!

早速、やってみた。タープがロッジシェルターⅡ短辺側前面に寄っているため後面側のメインタープポールに角度をつけることが出来ていない。タープルーフとロッジシェルターⅡ長辺側の中心を合わせれば解決可能。

タープとロッジシェルターⅡの屋根はギリ干渉しない。図らずもタープルーフ端とロッジシェルターⅡの屋根端が同じ位置に。雨天時にタープ荷重によるシェルターへの負荷はあまり気にしなくても良さそう。

メインタープポールは大体、ロッジシェルターⅡの屋根端に合わせて配置すると丁度良いことが検証された。ポールの高低差も最低100cm確保できるため恐らく雨水は溜まらないはず。

タープ下スペースはそれほど広くないが雨天時の活動スペースを設けることが出来る。またこのアレンジなら雨天時でもメッシュ仕様にすることもでき汎用性が増す。


 

■まとめ
一番汎用性の高いタープアレンジは…“半面張りC”。実践投入時はタープルーフとロッジシェルターⅡ長辺側の中心点を合わせて設営。とはいっても3人家族でロッジシェルターⅡを使うときは基本単独運用になると思うが。

汎用性の高さとは…
・雨天設営時、タープ先行設営後にその下でシェルターを設営できる
・雨天時テント外にも活動スペースを設けることができる
・雨天時にテント長辺側が開放もしくはメッシュ仕様にできる
・設営スペースが狭い(恐らく10*10mの区画サイトで設営可能)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[EENOUR/車載冷蔵庫S25] ~開封の儀~

Year2022-17th-CAMP#89@オーキャン宝島 ~2nd DAY~

2020年3rdキャンプ#40@ふもとっぱらキャンプ場 ~計画編~

[テンマク/陣幕ミニTC] ~初張の儀~

Year2022-16th-CAMP#88@赤城山オートキャンプ場 ~2nd D...

キャンプギア散財録2019 ~葉月編~