[DOD/カンガルーテントM] ~開封の儀~

補完予定の[オガワ/ロッジシェルターⅡ]のインナーは純正の5人用インナーテントにしようと思っていた。がしかし、現在在庫切れでしかも次回入庫時期が2021年8月頃と遅く、3月末に予定しているファミキャンに間に合わない(>_<)。フリマで前モデルを購入するか迷ったが思ったより値段が高かったのと、カンガルースタイルを検証したかったこともあり、結局[DOD/カンガルーテントM]を補完することに。尚、連結スタイルを想定してフライシートも併せて購入するに至る。


 

■仕様
ワンタッチ式テントは強風による耐久性に懸念が残るが、インナーテントメインで使用する際は特に問題とならない。長期使用における耐久性も少し心配。

≪仕様≫
【外寸】210*210*140(h)cm
【収納サイズ】77*21*21(h)cm
【総重量】4.9kg
【収容人数】大人3人
【材質】壁面:コットン、フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)、フレーム:アルミ合金


 

■開封の儀
早速、初期不良チェックを兼ねた開封の儀を執り行う!尚、作業は室内にて実施。収納袋は割とコンパクトで余裕がある。もしかしたら別売りのフライシートも同包できる仕様になっているのかもしれない。

内容物。ペグは4本付属しているがカンガルースタイルで使用する際は使わない。

グランドシートを広げる。室内で広げると流石に広い。DODのロゴがある方が上面

グランドシートの上にカンガルーテントMを広げる。

センターを引っ張り上げてカチャっと嵌めるだけで拍子抜けするほど簡単に設営完了。コットン生地且つ、4面メッシュになるので暑い季節でも使いやすそう。

テント四隅とグランドシートをバックル留め。

収納はグランドシートを付けたまま。

収納袋多少余裕があるが、別途購入したフライを同包するのは厳しいかも…。別途検証予定。

■所感
特に初期不良も見つからず、使い勝手も上々な印象を受けた。後はキャンプマットをインストール及びフライシートをセッティングを検証し実践投入に臨みたい。

○収納サイズは小さめ
○収納撤収作業は至って簡単
○テントとグランドシートをバックルで止めることが出来き、バックルを付けたまま収納も可能
○室内高140cmは思っていたよりも広い
△ワンタッチ機構の耐久性は少し心配

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~タープ5幕連結イメージ編~

キャンプギア総評2017 ~その他メーカー編②~

[Soomloom/レクタタープ300x385] ~タープアレンジ イメージ編~

レギュラーキャンプギア2019 ~コールマン編~

ダストボックスを考える2022 ~キャンプ編~

アウトドアショップが集う街レイクタウン ~気になるキャンプギア10選~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。