タープを考える2020 ~多種多様な形態編~

タープの形状の主流と言えば六角形のヘキサ、長方形のレクタ(スクエア)タープだが、それ以外の形状のタープにどんなものがあるか調べてみた。

■変形レクタタープ

・[テンマクデザイン/青空 タープ TC]
幕中央をポールで立ち上げるタープ。ワンポールテントの裾部をたくし上げたようなスタイル。

・[DOD/ヒレタープ]
レクタタープの一辺に切れ込みがあり、ベル型テントやAフレームテント等と雨に濡れない導線を確保しやすい。


 

■ペンタタープ
テントと連結する際は基本入口方向に連結することが多い。レクタタープにくらべアレンジは少ない。

・[DOD/オーマイロンリナイイッツマイライフタープTC]
ムササビウィング13TCとほぼ同面積の変形ペンタタープ。ベル型テントのフロントポールに直結もしくは備え付けの接ティンテープで小型テントにオガワ張りをすることが出来る。また、セッティングテープをタープ下側にすることでバンキングチェーンとしても使用することが出来る。

・[オガワ/システムタープ ペンタ]
ヘキサ&レクタに次いでよく見る五角形のペンタタープ。ベル型テントや小型テントに組み合わせて使っているのをよく見かける。

・[テンマクデザイン/ムササビウイング13ft.TC]
外観が美しいポリコットン生地のペンタタープ。小型テントにオガワ張りしている姿を良く見かける。

・[テントファクトリー/TCウィングタープL]
ウィングが広めなペンタタープ。

・[テンマクデザイン/ムササビウイング 19ft.]
大判ペンタタープ。

・[Motomo/タープペンタシールド]
シェルタータープ。

■変形ヘキサタープ

・[スノーピーク/HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro.]
メインポール二又ガイラインの1つとサイドルーフのガイラインのペグダウン位置を共用できる。日除け&雨除けスペースは広いが、設営スペースも広く必要。同メーカーの同色カラーのドーム型テントと併せるとカッコイイ。


■オクタタープ

・[テンマクデザイン/焚火 タープ TC ウィング]
スクエアウィングタープと類似している。実物は見たことがない。

・[スノーピーク/TAKIBIタープ オクタ TP-430]
アレンジが豊富な分、ガイラインワークが少し煩雑かも。

・[鎌倉天幕/タープ530DL]
日除け&雨除けスペースが広い。設営は少し煩雑かも。



■ポールタイプ

・[ケルティ/アウトドア サンシェード]
3本ポールなので風の抜けは良さそう。オートキャンプというよりデイキャンやビーチでサンシェードとして使う用途が主。

・[ロゴス/グランベーシック あくびタープ]
メインポール側の1端にポールでアーチを作って設営するタイプのタープ。アーチ側の開放度が高く出入りが楽。

・[ロゴス/neos AKUBIタープ-AI]
メインポール側の1端にポールでアーチを作って設営するタイプのタープ。ファミリー用テントと連結し難そうなので単体で使用した方が良さそう。

・[アウトドアベース/タープ ハビタープ]
中央部にポールでアーチを作って設営するタイプのタープ。タープとシェルターの中間的な用途かな。

■所感

変形タイプは癖が強いので、使用テントやキャンプスタイルが確定していない場合はレクタもしくはヘキサタープを選んだ方が無難!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

9th オートキャンプ@メープル那須高原 ~Do編①~

2019年14thキャンプ#36@ほったらかしキャンプ場 ~検証編~

バーナーを考える2020 ~ファミキャン編~

9th オートキャンプ@メープル那須高原 ~Do編②~

5th デイキャンプ@実家庭 ~秋刀魚炎上編~

キャンププランを考える2020 ~4Q編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。