魚座型テントを考える2020 ~ソロキャン幕検討編~

最近気になっているタイプのテントがある。それは魚座型と呼ばれるフレーム構造のテント。時短設営及び風に強い構造で幕壁も垂直に近く広い(1ポールテントに比べ)。何より張り上りのシルエットが美しい♪。暖かい季節のソロキャン幕として使い易そうだ。

■1~2人用

・[ヘリノックス/タクティカル Tac.アタック1.5p コヨーテ]
縦長の少し広めのソロ用テント。ヘリノックスのテントはカッコイイが値段が高い(>_<)。


・[Snugpak/スコーピオン2]
フレームポール2本で特徴的な外観の小型テント。前室は狭め。


■3人用

・[Naturehike/Hiby3]
コスパに優れる前室広めのテント。白に近いグレーカラーは汚れが目立つかもしれない。価格が安い。


・[XGEAR/テント 2-3人用 キャンプテント]
色味がPOP過ぎるかも。


■4人用

・[ムラコ/ニンバス4P]
少し大きめの魚座型テント。前室が広い。


・[Naturehike/Hiby4]
Hiby3のサイズアップ商品。外観がカッコイイ!


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年キャンプを振り返る ~とにかく雨が多かった編~

2020年11thキャンプ#48@TheCamp&Garden AMANAYU ...

2020年6thキャンプ#43@赤城山オートキャンプ場 ~2日目~

[テンマク/陣幕ミニTC] ~初張の儀~

ワークマンプラス ~格安アウトドアウェアメーカー編~

[テンマク/焚火タープTCレクタ] ~2テント連結イメージ編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。