[ゼインアーツ/GEU TP-003] ~解剖編~

今更ながら、変形ウィングタープ[ゼインアーツ/GEU TP-003]が気になったのでカタログスペックから諸々考察(解剖)してみた。


 

■プロファイル
メーカーHPから引用したプロファイルはコチラ。

本体*1:75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
メインポール*2:A6061・φ32mm・全長240cm
サイドポール*2:A6061・φ19mm・全長160cm
タープテール*1:ポリプロピレン
Yペグ*10:ジュラルミン・25cm
8m2又ロープ*2:ポリプロピレン・φ4mm
3mロープ*6:ポリプロピレン・φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1
150Dポリエステルオックス
総重量:6kg
収納寸:73*18*18(h)cm

≪所感≫
・ポールはメイン240cm*2、サブ160cm*2が付属。外寸と比べて低めに設定してあるのは日除け&雨除け効果を狙ってのことと推察。
・二又ガイラインは8m*2、ガイラインは3m*6で何れも径4mmで耐久性は担保されている印象。
・総重量は約6kgとのことだが幕単体の重量の記載は見つからず。
・タープテールはいわゆるオガワ張りで使用する際のセッティングテープのことタープ稜線下のハンキングチェーンとしても使用可能。
・外寸490*530cmで稜線部は380cmで380*410cmのスクエアタープの四隅を延長した形状。所有している380*420cmの[テンマク/PEPOタープ]とほぼ同じ大きさ。

■設営イメージ
付属ポール240cm*2と160cm*2における設営イメージ。四隅に角度をつければ風除け及び目線除け効果も調節できそう。

■[オガワ/ファシル]連結イメージ
[オガワ/ファシル]との連結をイメージしてみた。尚、タープポールは現在の主構成250cm/240cm/180cmに変更。

≪タープ半面をテント長辺側に被せるアレンジ≫
タープ稜線からテントルーフ側のセンターまでの距離が205cmしかないので、もしかすると[テンマク/焚火タープTCレクタ]と違いテントルーフ代用とまでいかないかもしれない。


 

[ユニフレーム/REVOフラップ]及び[ユニフレーム/REVOルーム]の接続イメージがコチラ。タープ稜線部にはタープをずらさないと取付はできない感じ。[ユニフレーム/REVOフラップ]とタープの隙間はレクタタープより少なくなるかな。


 

≪タープ稜線端をテント長辺側に連結するアレンジ≫
恐らくこのアレンジが一番汎用性が高い。タープ隅が長いので、レクタタープと違い[オガワ/ファシル]の長辺側のキャノピー代わりになって雨に濡れない導線を確保できる可能性がある。

[ユニフレーム/REVOフラップ]及び[ユニフレーム/REVOルーム]の接続イメージがコチラ。タープ稜線部にも[ユニフレーム/REVOフラップ]が接続できる感じなので[ユニフレーム/REVOルーム]との併用も可能かもしれない。


 

≪タープ半面をテント短辺側に連結するアレンジ≫
テントに被せる側のウィングセンターが幕体に干渉し負荷がかかるかもしれない。

■結論
[オガワ/ファシル]との併用を考えると非常に使い易く魅力的な製品。化繊素材のため、雨天撤収時でもポリコットン素材に比べれば重くならず、カビリスクもポリコットン素材よりは少ないので、雨やゲリラ豪雨の多い昨今を鑑みると使い勝手は良さそう。特殊な形状をしているので少し畳み難さは残るかな。

ではいざ実際に補完!と行きたいところだが、現在のところどこもかしこも在庫なし。フリマアプリでも見当たらず4thロットの販売の情報もない。【YAMAP STORE】にて8月4日に再販売を実施していた履歴があったので、次回の開催に期待!念のためAmazon&楽天でもリクエスト登録もしてみた。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[ホンダ/オデッセイ] ~ルーフラック検討編~

備えあれば憂いなし ~ジャンプスターター編~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~初張の儀~

2019年4thキャンプ#26@那須野が原公園オートキャンプ場 ~検証編~

キャンプ料理チャレンジ!? ~スキレット燻製編②~

[オガワ/グロッケ8] ~タープ連結検証編2019~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。