2020年12thキャンプ#49@道志の森キャンプ場 ~2日目~

道志の森キャンプ場』2日目。夜間は風もなく穏やかだったが曇り空気味で満天の星空とはいかなかった。朝6時頃の幕内温度は約14℃、外気温は約4℃。温度計をスノコの上に置いていたため、底冷えにより温度表示が低めに測定されている模様。


 

[DOD/ショウネンテントTC]、[鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC]共に結露はほぼない。






 

KKさん幕[ローベンス/ルックアウト500]。ポリコットン生地のトンネル型エアテント。


 

KDさん幕[オガワ/ヴィガス]。前室高が高いデュオ用テント。


 

車の窓には軽く霜が降りている。

心配していた朝の仮設トイレ渋滞はなかった。

朝の紅葉も綺麗也♪設営した場所はドコモ携帯の電波が入らないためプール付近でメールとラインをチェック。ちなみにKKさんのソフトバンク携帯は電波が入る。

スマホ現在地気温は5℃。

温度計を机の上に置いて改めて温度を計測してみると幕内温度は25℃、幕外温度は4℃。




一酸化炭素チェッカーはまめにチェックしているが、数値はずっと0のまま。KDさんのガソリンストーブの着火直後には100ppmを計測したため正常に作動していると思われる。[DOD/ショウネンテントTC]は上部ベンチレーションがありため、一酸化炭素が抜けやすいことが推測される。尚、石油ストーブの幕内使用はあくまで自己責任下で実施。


 

寒いのに蛾や羽虫が思ったよりいる。朝7時になると続々とチェックインの車がサイト内を闊歩。道路際のサイトだとかなり煩いだろうな…

ソロキャンでは2Lのペットボトル2本に水を入れて置けば事足りるナ。

朝食はスープとホットサンド。



 

先日、『道の駅どうし』で購入したマンジュウも[4W1H/ホットサンドソロ]でホットサンドしてみた。カリカリのほくほくで美味也♪

KKさんはカレーパンをホットサンドにしていた。カリカリになって美味しいらしい。


 

食後に日当たりの良いサイトを確認するべくキャンプ場を上から下まで確認。キャンプ場は谷にあるので朝一で日の当たるサイトは少ない。

受付前には屋根付きのテーブルエリアがあるので雨の日はここで食事をするのも良いかもしれない。

撤収時にハイコットが使えるかどうかを検証してみた。インナーテントは50cmの立ち上りが設けられているので17cm高のロー仕様では頭部と足先の干渉は全くなし。ちなみに小生の身長は175cm。


 

コットレッグを取付け38cm高のハイ仕様に変更。


 

天井高は低くなるがコット下を荷物スペースとして使用することが出来る。


 

身長175cmの小生が頭部をインナーテントに干渉しないようにすると若干足先が干渉してしまう。寝袋に入れば気にならない程度なので実使用に耐えうるかな。次回はハイコット仕様で運用してみよう。

インナーテント左側幕壁には6つの収納ポケットあり。

撤収時の車載もソロだと適当。

KDさんの[オガワ/ヴィガス]は幕内結露が酷く、裏返して乾燥作業。ポリコットン幕のKKさんと小生はスカート部の結露が若干あるが、幕内結露はぼぼなし。冬期のポリコットン幕の使い勝手の良さを改めて痛感。

12時少し前にチェックアウト。車温度計は10℃を表示。快晴で風もないのでかなり暖かく感じる。

復路は都留ICルート。くねくね道は多いが、相模湖ICルートよりも道幅は広く距離も短いが高速代は高くつく。都留IC近くの『より道の湯』で昼食と入浴。食事処やお風呂、ハンモック付きの休憩所はとても綺麗で清潔感あり♪館内清算は全てICチップ入りのリストバンド管理となっており、最後にまとめて清算できるので財布を持ち歩く必要がない。

湯上りにソフトクリームを食べて帰路へ。若干の渋滞に合うが17時頃に帰宅。帰宅時の車の温度計は18℃…って11月の気温じゃないナ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気になるキャンプギア2020 ~睦月編~

ガスストーブを考える2020 ~キャンプ編~

[オレゴニアンキャンパー/ヒャドクーラー27QT] ~実演の儀~

2018年10thキャンプ#20@大子広域公園グリンヴィラ ~計画編~

キャンプハイシーズン到来 ~2018年注目の新製品編~

キャンプギア補完計画 ~2018年1月編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。