2020年12thキャンプ#49@道志の森キャンプ場 ~1日目~

初来場となる『道志の森キャンプ場』1日目。7時半自宅発!朝の車温度計の表示は9℃。ソロキャンだと車載が適当になりがち…。

八王子JCT近くで事故渋滞。スマホ現在地気温は13℃。

相模湖インターチェンジ』で降りてからは結構長め且つ狭い峠道が続く。キャンプ場近くの 『道の駅どうし』にて薪を調達。冬は時短焚火になりがちなので広葉樹ではなく針葉樹薪をチョイス。

11時頃にキャンプ場着。樹々が見事に色付いている♪

当キャンプ場はまず場所を確保してから、料金を支払うシステム。金曜日なので場所は選び放題かなと思いきや既に6~7割方の客の入り!探している間にもどんどんサイトが埋まっていく(´;ω;`)ウッ……今回は上流の林間サイトに拠点を置くことにした。スタッフさんも金曜からこんなに混雑しているのは例年無かったとこと。

実践初投入となる[DOD/ショウネンテントTC]を設営。小型幕なので設営は至って簡単時短。試張りの際にインナーテントは付けたまま収納しているので楽ちん設営。


 

完成!

前面パネルを開放するとインナーテントのボトムが浮いている。

両サイド後方の中央部を深くペグダウンしインナーテントの浮きを解消。

ランチはコンニャクアヒージョ!



 

黄葉とショウネンテントTC。ここで小生とKDさんのドコモ携帯の電波が入らないことが発覚(>_<)。KKさんのソフトバンク携帯は辛うじて繋がる。ドコモの方が電波が弱い場所が実際にあるんだナ…

前室右側には[ユニフレーム/フィールドラック]、左側には[スノーピーク/エントリーIGTテーブル]、石油ストーブ[スノーピーク/タクード]を配置。




 

自立式タープ[鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC]も設営してみた。




 

KDさんは少し離れた小川沿いに[オガワ/ヴィガス]を設営。川沿いは水の音が思ったより煩かったらしく、後に同サイトへ引っ越し。


 

この季節はトイレは仮設のみサニタリーは使用不可だが水汲み場は使える。トイレは電気が付いていないので夜間はヘッドライト必須。トイレットペーパーもないため持参となる。

キャンプ場HPより抜粋≫
水道施設が使えなくなります
朝晩、大分冷え込むようになって来ました。その為、例年より少し早めに11月9日より場内の止水作業を行い、11日には完了する予定です。2021年4月中旬まで場内での水道施設・水洗トイレは使用出来ませんので、ご注意ください。

道志の森キャンプ場
@doshinomori
11月9日に止水作業を始めます。11日には全ての水洗トイレと炊事場は使用できなくなります。止水後は、水汲み場が2カ所、仮設トイレを4カ所のみ使用できます。よろしくお願いします。


 

紅葉が綺麗也♪

受付で薪や炭等、トイレットペーパー等が販売されている。尚、マスク着用でないと入室不可。サイト代はソロで1泊1,600円と格安(^▽^)/。ちなみにKKさんは父子デュオなので1泊2,000円。

日が落ちると気温が下がり寒くなりそうなのでメッシュスクリーンを付けてみた。もう少し深く被せれば冷気をシャットダウンできたナ(>_<)。


 

17時頃の気温は約11℃。石油ストーブを自立式タープ内に移動するもあまり気温が上がらない。やはり上部メッシュなので暖房効率は良くない。


 

17時を過ぎるとみるみる暗くなっていく。


 

前冬ぶりの[ユニフレーム/薪グリルL]に火入れ。


 

熾火なるとかなり前方が暖かい!炭も追加投入し、焼き鳥!火力が弱く全然焼けないので網の高さを2段階下げて使用。高さ調節が出来るのは便利。



21時頃の外気温は約10℃。

石油ストーブを幕内に移動。22時頃の幕内温度は約17℃、幕外温度は約8℃、一酸化炭素チェッカーの値は0ppm。

22時頃に早々に就寝…( ˘ω˘ )スヤァ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[テンマク/PEPOテント] ~雨天設営を考える編~

気になるキャンプギア2019 ~師走編~

2018年キャンプを考える ~新作キャンプギア編~

[オガワ/グロッケ8] ~アスガルド7.1比較編~

ファミキャンを始める前に2019 ~三備えと幕選び編~

クーラーボックスを考える ~ポータブル冷蔵庫併用編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。