2020年12thキャンプ#49@道志の森キャンプ場 ~計画編~

次回キャンプは初来訪『道志の森キャンプ場』を予定。予約なしの当日受付のキャンプ場で先にサイトを確保してから支払いをするシステム。今回は新幕[DOD/ショウネンテントTC]の実践初投入も兼ねる。

【キャンプ場】『道志の森キャンプ場
【予約区画】予約なしの当日受付
【宿泊】1泊2日
【形態】ソロ
【同伴】KDさん/KKさん
【食事】
【出動ギア】
・テント:[DOD/ショウネンテントTC]
・タープ:[フィールドア/スクエアタープS TC]
・暖房:[スノーピーク/タクード]
・シェラフ:[ナンガ/オーロラ600DX]


※リンクは化繊モデル

■タイムテーブル

<1日目>
07:00- 自宅発
10:00- チェックイン
11:30- 昼食
17:00- 夕食

<2日目>
07:30-朝食(コンビニ)
11:00-チェックアウト

■テント&タープアレンジ
今回は初めて行くキャンプ場なのでタープオプションを複数用意。天候が良ければテント単体、雨予報なら[フィールドア/スクエアタープS]を連結。2人共有なら[テンマク/ムササビウィング13TC]、寒さ厳しいようなら[鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC]を連結するかな。


実用性が高いのは、3シーズンではオープンタープの[フィールドア/スクエアタープS]と冬シーズンはクローズ仕様のスクリーンタープ[鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC]かな。


[フィールドア/スクエアタープS]をテントに直結して荷物スペースを拡張すれば幕内を広く使うことが出来る。写真はイメージ図上段で180cmポール*1を使用したケース。


[フィールドア/スクエアタープS]を風防としてテントから少し離して200cmポールで立上げその間で焚火をするのも良いかも。このスタイルの使い勝手が良ければ、[テンマク/陣幕ミニTC]の出動率が下がるナ。写真はイメージ図下段で180cmポール*1を使用したケース。


■幕内レイアウト
幕内レイアウトはファミキャンと違い最小。コットワンはハイ仕様だと就寝時に足先が幕壁に干渉するため、ロー仕様で使うかな。暖房は[スノーピーク/タクード]を使用。[テンマク/大炎幕]と違い上部ベンチレーターがあるため一酸化炭素は幾分抜けやすい。念のため一酸化炭素チェッカー[DOD/一酸化炭素チェッカー2]を使って測定してみる予定。




■グルメ
[ユニフレーム/薪グリルL]と[テンマク/スクエアスキレット]を使ってのミニBBQ&アヒージョかな。面倒ならコンビニの“鍋焼きうどん”や“おでん”にするかも。




 

朝食は[4W1H/ホットサンドソロ]を使ったホットサンド。

■検証すること

□暖房効率
[DOD/ショウネンテントTC]における[スノーピーク/タクード]の暖房効率と一酸化炭素濃度

□ハイコット配置
純正インナーテント内にハイコットを配置して、足先が干渉の可否

□お座敷スタイル
[DOD/ショウネンテントTC]における[テンマク/パンダレッド用グランドシート]を用いたお座敷スタイル

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Do編③~

[テンマク/大炎幕] ~幕内レイアウト検証編~

2018年3rdキャンプ#13@森のまきばオートキャンプ場 ~計画編~

10th オートキャンプ@やまぼうし ~検証&対策編~

2018年キャンプを考える ~テーブルコタツ化検証編~

2019年6thキャンプ#28@PICA富士ぐりんぱ ~2日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。