[DOD/ショウネンテントTC] ~タープ連結の儀~

[DOD/ショウネンテントTC]の初張に続いて、タープ連結の検証を執り行う!実用度評価はあくまで私見。

■[テンマク/ムササビウィング13 TC]

+ [テンマク/ムササビウィング13 TC]390*380cm
実用指数:
200cmポール⇒★★★☆☆
250cmポール⇒★★★★★


 

テントの150cmフロントポールと200cmメインタープポールで連結。色味は同系だが若干タープの方が濃い。


 

テントとタープの間に隙間があるため、雨に濡れない導線は確保できない。

テントフロントポールのガイラインは外しても大丈夫そうだが、強風時だと外れるリスクがあるかもしれない。

幕内からの視界は良好♪

200cmポール→250cmポールに変更。こっちの方がタープ下頭上空間に余裕があり、外観もカッコイイかも。懸念点は連結部のテント側の強度と強風時に下から圧が掛かると抜けてしまうリスクがあること。テントのフロントポールを[DOD/ビッグタープポール]3本継ぎ150cmと差し替えても良いかも。

■[フィールドア/スクエアタープS TC]

+ [フィールドア/スクエアタープS TC]280*280cm
実用指数:
150cmポール⇒★★☆☆☆
200cmポール⇒★★★★☆
250cmポール⇒★☆☆☆☆

 

メインタープポール250cmを使用。色味は同系だが、タープの方が若干カーキ寄り。

メインタープポール200cmを使用。雨に濡れない導線は確保できない。

メインタープポール150cmを使用。風雨時の雨水の侵入と雨撥ねを軽減したいときに良いかも。

150cmポールだとタープ下は空間は狭くなるが、テントのフロントポールと同じ高さなので、強風時でもタープは抜けにいと考えられる。

■[ユニフレーム/REVOフラップⅡ]

+ [ユニフレーム/REVOフラップⅡ]480*140cm
実用指数:★★★★☆

 

250cmポールで立ち上げ。色味は同じタンカラー記載なのにREVOフラップの方が濃い。

メッシュ仕様にすると幕内外からの視界が良くなる。焚火の火の粉で穴が空きそうなので焚火をしないケースの多い夏シーズンで使えるかな。

ポールをテント側に傾ければ雨に濡れない導線を確保できる。

■検証予定
[鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC]をフルクローズ使用で連結すれば冬の寒さに対応できそうな気がする。[スノーピーク/ポンタシールド]は少しサイズが小さいため実用度は低いかも。

+ [鎌倉天幕/キャンプカスタム260TC] 260*260cm
実用指数:☆☆☆☆☆(未検証)

+ [スノーピーク/ポンタシールド]235*200cm
実用指数:☆☆☆☆☆(未検証)




 

■まとめ

・[テンマク/ムササビウィング13TC]
一番連結がしっくりくるのが[テンマク/ムササビウィング13TC]を250cmポールで連結するアレンジ。200cmだとタープ先端の立ち上がりが悪く外観がイマイチでタープ下の頭上スペースも狭い。雨に濡れない導線は確保できない。

・[フィールドア/スクエアタープS TC]
タープアレンジが豊富な[フィールドア/スクエアタープS TC]を連結するなら200cmポールが良い。250cmだと高すぎてアンバランス。150cmはタープ下に雨風の侵入を低減したいときにアレンジするのが良いかもしれない。雨に濡れない導線は確保できない。

・[ユニフレーム/REVOフラップⅡ]
風除けにもなるし、メッシュ仕様にすれば風の抜けが多少良くなるし視界も良い。雨に濡れない導線を確保することも出来る。

[DOD/ショウネンテントTC]の検討から実践投入迄の履歴は下記の通り。

【試張までの軌跡】
[DOD/ショウネンテントTC] ~解剖編~
[DOD/ショウネンテントTC] ~発注の儀~
[DOD/ショウネンテントTC] ~初張の儀~
[DOD/ショウネンテントTC] ~タープ連結の儀~

【実践投入】
2020年12thキャンプ#49@道志の森キャンプ場 ~1日目~
2020年12thキャンプ#49@道志の森キャンプ場 ~2日目~

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気になるキャンプギア2019 ~新春編~

大好きなオガワの2019年新作幕 ~ココロオドル編~

[ハングアウト/ファイヤーサイドテーブル] ~開封の儀~

2019年10thキャンプ#32@北軽井沢スウィートグラス ~計画編(改)~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Plan編~

2020年9thキャンプ#46@大洗サンビーチキャンプ場 ~検証編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。