2020年11thキャンプ#48@TheCamp&Garden AMANAYU ~1日目~

TheCamp&Garden AMANAYU』1日目。娘の午前授業があるため、午前中はゆっくりと車載作業に勤しむ。今までは[スノーピーク/エントリーIGTテーブル]を使い3段シェルフ仕様にしていたが、今回は脚を折りたたんでみた。ん?こっちの方が積載スペースが広い!


 

娘が帰宅後、12時半頃に自宅発。この時の車温度計は18℃。かなり暖かい。

14時頃『談合坂SA』にて小休止。気温16℃。

カーナビにキャンプ場住所を入れてもヒットせず。スマホのGoogleマップにて検索し、16時頃にキャンプ場に到着。入口には小っちゃい看板あり。

先行到着していたKKさんは既に幕を張り終えまったりしていた。


 

今回のサイトは電源付ラージサイト。テントが3張り出来るほど広い!

暗くなる前に早々にテント[オガワ/ファシル]の設営作業開始。少々曲がり癖の付いたポールも立上げフックを掛けると若干フライシートに皺が寄るが外観上特に問題なし。いやはや雨天設営でないとポールをスリーブに通して撓らせる作業が格段に楽(^▽^)/。


 

併せるタープは[テンマク/焚火タープTCレクタ]。所々に樹や岩があるが、メインポールとサブポールを使ってペグダウン位置を見定め設営。レクタタープの張り方を整理して置いて良かった♪

レクタタープの張り方を整理する2020 ~設営手順実証編~


 

テント短辺側にルーフ片翼を被せる連結アレンジ。雨に濡れない導線も確保できる…晴れ予報だけど。メインタープポールは250cm長。雨天時、タープから流れ落ちる雨水がテントを伝ってタープスペースに侵入しないようにするために想定より少し深めに被せることになった。テント側のタープルーフは当初サブポールなしで設営しようと考えていたが、テントに負荷が掛かってそうなので180cmポール経由でペグダウン。




 

テント内及びタープ下レイアウトが完了したのは結局日が暮れた18時頃。秋冬は陽が落ちるのが速い…そして気温が下がるのも。天気は快晴でフルムーン間近のお月様が顔を出す♪


 

今回は前室にバスタブ型シート[テンマク/パンダレッド用グランドシート]を敷きお座敷仕様に。シートを右端に寄せてしまい、長辺側からの出入りし難くなってしまった。ん~明日直そう!


 

トイレがなんかオシャレ♪。お湯も出る。

18時半頃に夕食。[イワタニ/焼き上手さんα]は時短料理に便利!


 

20時頃の外気温は約7℃、21時ごろには約6℃と気温がグングン下がっていく。


一酸化炭素チェッカーを取付、石油ストーブ&電気ストーブ(中モード)でON。幕内温度は17~18℃を維持。


22時頃に就寝。昼間はあまり気にならなかったが結構川の流れる音がするナ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア散財録2020 ~卯月編~

ハンモックチェア ~検討編~

感動キャンプギア10選 ~2016年下期版~

ハンモックで過ごす至福の時間 その④ ~ハンモック補完妄想編~

[DOD/ショウネンテントTC] ~解剖編~

[アスガルド12.6]と[ピルツ15T/C] ~とある談議編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。