[テンマク/焚火タープTCレクタ] ~タープポール長を考える編~

前回のキャンプではメインタープポールとして5本継ぎの250cmポール*2、サブポールに3本継ぎの180cm*4を出動。雨天時に雨水の流れをコントロールするために長さのパターンを変えることが出来るが実際に使えるのは3パターン程。実用性の高い長さには下線を付記。

・[DOD/ビックタープポール]⇒250cm/200cm/150cm/100cm
・[テンマク/PEPOポール180]⇒180cm/120cm




120cm高のサブポールを人の出入りが厳しくなることと、雨天時タープ下で焚火やBBQをする際に煙の抜けを良くすることを考えるとポール構成を以下の通り変更することによりアレンジの幅が広がる。

・[スノーピーク/ウィングポール280レッド]280cm/210cm/140cm
・[スノーピーク/ウィングポール240ブラック]240cm/180cm/120cm
・[テンマク/PEPOポール180]⇒180cm/120cm




 

メインポールを280cm長とすることでサブポールの長さを240cm/180cmの2通り選択することができるようになり、雨水の流れをコントロールし易くなる。タープ辺中央4点にメインポールを使う通称タトンカ張りのアレンジも可能となる。タープ全体が高くなることにより、BBQや焚火の煙がタープ下に充満するリスクを減らすことも期待される。スノーピークのウィングポール2種は径が同じなので組み合わせて使うことも出来るが色が違うので見た目がイマイチ。

【タープ】 [テンマク/焚火タープTCレクタ]
稜線長420*ウィング長480cm
[テンマク/PEPOタープ]
稜線長380*ウィング長420cm
【併せるテント】 [オガワ/ファシル] [テンマク/PEPOテント]
【メインタープポール】 [スノーピーク/ウイングポール280]*2 [DOD/ビックタープポール250cm]*2
【サブタープポール】 [スノーピーク/ウイングポール240]*2※メイン兼用
[テンマク/PEPOポール]*2
[テンマク/PEPOポール]*4

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

霧中キャンプを考える2019 ~対応策編~

レギュラーキャンプギア2019 ~その他メーカー編①~

気になるキャンプギア ~2018年7月編~

6th オートキャンプ@ウッドルーフ奥秩父 ~Check&Act編~

[オガワ/ファシル] ~タープレイアウト妄想編~

備えあれば憂いなし ~ポータブル電源編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。