[ホンダ/フィットGR] ~下取車査定の儀~

現車[ホンダ/フィットGK]の下取り査定を含め本見積を取ってみた。下取りはマイナス査定箇所が響き約29万、初回値引きは3万でハイブリッド車は約245万、ガソリン車は213万、差額は約32万。当初は初期導入コストの安いガソリン車にする心算だったが4年半のトータル維持コストがほぼ一緒なので現在のところハイブリッドに傾いているのが現状。値引きは最低でも15万は欲しいところ。トヨタのヤリスも検討してみよう。

≪OP≫
・オールシーズンマット(フロント用)
・エントリーナビ205CI(テレビなし)
・ドラレコPKG
・ドアバイザー
・アームレストBOX
・オートリトラミラー
・ETC
・点検パック(4年半)

今回はハイブリッド車のみ試乗。視界は上々だが試乗距離が短いためか、ガソリン車と静粛性は余り変わらないように思えるハイブリッドとガソリン車のラゲッジの比較写真。前車と比べるとスペースは若干の縮小、ハイブリットには段差がある(左写真)。

4年半で乗換と伝えていたのだが、トータルコストシュミレーションは何故か9年で作成しくれ約37万ハイブリットの方が安いということ。ちなみにガソリン代は119円/L、年間想定走行距離873km、ガソリン車の燃費14.0km/L、ハイブリッド車の燃費26km/Lで試算。

ガソリン車かハイブリット車の違いだが、タイプ“HOME”同士の価格差は35万だが、11点以上の装備の違い、約3.5万の優遇税制等を含めると実質の価格差は約16.5万(ザックリとした計算だが)。予想1年間の走行距離が10,000km、4年半乗るとすると45,000kmとなり、その間の燃費の価格差は約15万。実燃費はディーラー試算時より厳し目の値を使用(ガソリン車13.2km/L、ハイブリッド車21km/L)。2回目の車検半年前に乗り換えるとすると維持費トータルの価格はガソリン車もハイブリッド車もほぼ同じということになる。[ホンダ/フィットGK]の時に同じような計算をした際はガソリン車の方がトータルコストが安かったんだが…ただ、ハイブリッド車は故障時のメンテナンス費用はガソリン車よりも総じて高いようだ

“HOME” ガソリン車(G) ハイブリッド車(H) 備考
外寸(cm) 3,995*1,695*1,540  3,995*1,695*1,540 同等
重量(kg) 1,090 1,180 (H)の方が+90kg
排気量(cc) 1,317 1,496 (H)の方が+179cc
燃料タンク(L) 40 40 同等
燃費WLTC(km/L) 19.6 28.6 (H)の方が+9km/L
燃費JC08(km/L) 22.2 35.0 (H)の方が+12.8km/L
予想実燃費(km/L)
※JC08*0.6にて算定
13.2 21.0 (H)の方が+7.8km/L
ガソリン満タン走行距離(km)※予想実燃費 528 840 (H)の方が+312km
45,000km走行した際の給油回数 85回 54回 (H)の方が-31回
40L給油時の価格(円)
※ガス代120円/Lで計算
4,800 4,800
45,000km走行ガス代(円)※ガス代120円/Lで計算 408,000 259,200 (H)の方が-148,800円
価格(円) 1,718,200 2,068,000 (H)の方が+349,800円
装備
(ハイブリッドにあってガソリン車にない装備)
「車両接近通報装置」「エアコン用フル電動コンプレッサー」「充電用USBジャック」「本革巻ステアリングホイール」「本革巻セレクトレバー」「リアセンターアームレスト」「シートバックスマートフォンポケット」「e-HEVエンブレム」「フロントグリルモールディング」「車速連動間欠/バリアビル間欠フロントワイパー」「電動サーボブレーキシステム」
※ラゲッジに段差あり
(H)の方が+11点

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Suaoki/ポータブル電源 G500] ~ソーラー充電の儀 その壱~

[ホンダ/ステップワゴンRP4] ~納車の儀~

[ホンダ/ステップワゴンRP] ~キャンプ想定選択編~

[ホンダ/ステップワゴンRP4] ~フロアマット自作編~

いばらき&ふくしま旅行2019 ~ステップワゴン馴らし運転&検証編~

クーラーボックスを考える ~オデッセイRC1助手席配置編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。