デジタル一眼レフカメラを考える2020 ~フルサイズミラーレス編~

現在使用しているデジタル一眼レフ(デジイチ)カメラは[SONY/α6000]で主にズームレンズとセットで旅行やテーマパーク時に活躍している。久しぶりにデジイチの記事を調べていたら、フルサイズミラーレスカメラのジャンルが盛り上がっているようだ。娘も小学生に上がったので素人目線で買替を検討してみる。一昔前はフルサイズモデルは40万以上でレンズを合わせるとそれこそ目玉が飛び出るほどの値段であったが、ミラーレスモデルのラインナップが揃ってきた昨今、エントリーモデルであれば20万程の値段となっている。とはいっても高いは高いんだが。

まずはフルサイズミラーレス一眼の先駆けのSONYのベストセラー[SONY α7 Ⅲ]。瞳AF性能とAF追従性能が逸脱しており、バッテリーの持ちも良い。


画風が好みのCanonからは小型軽量の[Canon/EOS RP]。マウントを必要としない対応レンズのラインナップが少ないのとバッテリーの持ちが悪いのが気になるところ。


カメラメーカーの老舗Nikonからは[Nikon/Z6]をピップアップ。


 

[SONY/α7 Ⅲ] [Canon/EOS RP] [Nikon/Z6]
外寸 126.9*73.7*95.6(h)mm 132.5*70.0*85.0(h)mm 134*67.5*100.5(h)mm
本体重量 565g 485g 585g
有効画素数 2420万画素 2620万画素 2450万画素
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ
連写速度 10枚 5枚 12枚
液晶サイズ 3型 3型 3.2型
液晶画素数 92万画素 104万画素 210万画素
常用ISO感度 100-51200 100-40000 100-51200
拡張ISO感度 50-204800 50-102400 100-204800
AF 693点(位相差検出AF)
425点(コントラスト検出AF)
4779点(AFポイント) 273点(位相差検出AF)
273点(コントラスト検出AF)
瞳AF
バッテリー性能 710枚 250枚 380枚
デュアルスロット × ×
手振れ補正 5.0段 レンズ対応 搭載
充電端子 Type-C/microUSB Type-C Type-C

機能面から考えると[SONY/α7 Ⅲ]が一歩抜きん出ている感がある。…が機体が大きいと結構持ちだすのが面倒になることも十分考えられる。既に完成度が高い[SONY/α7 Ⅲ]の後継の小型化ともしくは[Canon/EOS RP]の後継の高機能化(特にバッテリー)を望む。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Bang&Olufsen/BeoPlay A1] ~開封の儀~

ポータブル電源を考える2021 ~使い分け編~

6.4インチスマホ4機種揃い踏み ~ズルトラの後継!?~

[サムスン/Galaxy S9]と[HUAWEI/P20 lite] ~比較編~

ブログ記事を考える2021 ~2020年アクセス数分析編~

[HP/Spectre x360] ~開封の儀~