[オレゴニアンキャンパー/ウォールアップ グランドシートL] ~開封の儀~

外寸200*140cm、重量1.4kg[オレゴニアンキャンパー/グランドシートL]を所有しており、荷物置きや[テンマク/大炎幕]インナーテントのグランドシートとして繁用している。収納袋がないのと収納時のサイズが少々重いが、厚みもありペグダウンしなくても少しの風では飛んでいかない。恐らく2019年で一番使用頻度が高かったグランドシート。


今回、同シリーズでバスタブ仕様の製品が出たため早速補完。仕様は外寸140*210cm、重量1.7kgとノーマルタイプと比べ若干違う。


早速、近くの『大宮花の丘農林公苑』にて人気の少ない場所を選び、開封の儀を執り行う。

四隅をマジックテープで停めることでバスタブ仕様にチェンジ。ちなみにコチラは間違った付け方。

どうも上手く立ち上がらないと思ったら、間違っていて正しくはコチラ。外側からつまむ様にマジックテープを付ける。

側面には内側のマジックテープを内側に付け掛けて縁を立ち上げる。外側にもマジックテープがありシート同士の連結可能。

縁の立上げは両短辺側に4個、両長辺側に6個の計10か所あり何気に面倒。

[オガワ/フォームマット2]の長辺側が少しはみ出る。カタログ値違くない?バスタブ仕様時のフロアサイズ実寸は恐らく196*136cm位。


 

短辺側は少し余裕あり。

ボトムの長辺側がもう少し長かったらジャストだったにに少し残念。

モスキートネットも配置してみた。気温11℃で寒かったが微風程度ならメッシュが風を通さないので、中は思ったより暖かい。


 

半分ずつ折りたたもうとするとマジックテープ部分が干渉し上手く畳めない。少しずらしながら畳む必要あり。

≪所感≫
・ノーマルサイズより重い
・厚みがあり重量があるため少しの風では飛ばない
・バスタブ仕様にするとフロアスペースが小さくなり200*120cmのウレタンマットの長辺側が少しはみ出てしまう(カタログ値より少し小さい?個体差かも)
・四隅のマジックテープと四面計10か所のマジックテープを立ち上げるのが少々面倒
マジックテープが干渉し畳み難い

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年4thキャンプ#14@北軽井沢スウィートグラス ~2日目~

[サバティカル/モーニンググローリー TC] ~サーカスTC DX比較編~

[テンマク/焚火タープTCレクタ] ~REVOフラップ連結 実証編~

年間キャンププラン2019 ~其の壱~

気になるキャンプギア2020 ~皐月編~

[suaoki/ポータブル電源 G500] ~補足検証編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。