[Huawei/MediaPad M5 8.4 LTE] ~開封の儀~

8インチクラスのタブレット代替機は[Huawei/MediaPad M5 8.4 LTEモデル]の中古に決定。やはり充電端子をスマホやノートPCと同じType-Cに統一したかったことが一番の理由。「バッテリーがヘタっているリスクがあること」と「内蔵メモリが32GBと少ないこと」「3.5mmミニステレオ端子がないこと」の3点は妥協。購入価格は32,780円、発売しているときの新品最安値が39,000円程なので約85%とあまり値落ちはいていない。当面、後継機種[Huawei/MediaPad M6]もしくは[Huawei/MediaPad M7]が出るまでの中継機とする…出ればだが。

【MediaPad M3】 【MediaPad M5】
液晶 8.4インチ 8.4インチ
解像度 2560*1600 2560*1600
OS Android 6.0 Android 8.0
CPU Hisilicon Kirin 950 Octal Core HUAWEI Kirin 960 Octal Core
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
バッテリー 5100mAh 5100mAh
外寸 124.2*215.5*7.3(h)mm 124.8*212.6*7.38(h)mm
重量 310g 310g
充電端子 microUSB type-c
3.5mmミニステレオ端子 あり なし


外箱はコチラ。

内容物はコチラ。中古だが付属品も全て揃っていてかなり綺麗♪充電器ににはフィルムが張ってあり、カバーも使用した感はない。

中古ラベルも添付されているが簡単に剥がせるようになっている。

M3とM5の外寸はほぼ同じ。

念のためリセット作業。

初期電池残量は79%。

IIJmioのnanoSIMを挿入。APNはIIJmioを選択するだけで自動的に接続。microSDは400GBを使用。


デフォルトの空き容量は23.4GB

愛用アプリをインストール後の空き容量は17.22GB

・MX Player
・Video&TV SideView→お出かけ転送動作確認、視聴の際にプラグインエラーが起きるも再起動後視聴確認OK
・プライムビデオ
・Netflix→視聴確認OK
・Perfect Viewer→初回読み込みに時間が掛かったがその後は安定
・Dropbox→仕様変更で無料版では3デバイス間でしか共有できなくなった
・Onedrive
・乗換案内
・メルカリ

ケース、保護フィルムはサードパーティ製のものを用意。



2ポートType-C急速充電対応ACアダプタも補完。下段単独だと60W、上段下段併用だと上段は18W、下段は45Wの計63Wで充電可能

(メーカーHPより引用)


Type-C→Type-Cケーブルは1m(片側L字型)と2m(両側L字型)の2本補完。



 

念のため1mのType-C→microUSBケーブルも補完したが、よく考えたら必要ないかも。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフェリエイトを始めてみた ~ASP選択編~

[サムスン/Galaxy S9 SC-02K] ~スマホの進歩に驚くの儀~

充電端子を考える2020 ~Type-C編~

[サムスン/Galaxy S9] ~HUAWEI P20 lite からの機種変...

SIMフリースマホ買替計画 ~検討編~

Huawei/MediaPad M3 ~1ヶ月レビューの儀~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。