[テンマク/陣幕ミニTC] ~初張りの儀~

[テンマク/陣幕ミニTC]を先の『洪庵キャンプ場』にて初張りの儀を執り行う。スペックはコチラ。

↓メーカーHPより抜粋
■サイズ(約):高さ100*全長幅300cm
■重量(約):3.1kg、本体/0.8kg、ポール/2.1kg、収納ケース/0.2kg
■素材:本体生地:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)、ポールスリーブ/ポリエステル、ポール/スチール
■付属品:張り綱 、収納袋
■Made in Vietnam
※ペグは付属しておりません。
※通常の生地よりは綿混紡で火の粉による穴があきにくい素材ですが、防炎加工ではございませんので火の粉の飛び散りにはご注意ください。


 

収納袋はコンパクトだが重量は3.1kgとズッシリ感がある。

収納袋の中には幕本体とポールケース、ガイラインケースが入っている。ガイラインは二股が4本、ノーマルが1本の計5本。取説は入っていない。

ズッシリ感の原因は2.1kgにもなるポール5本。

取説が入っていなかったので試行錯誤しながら設営することに。ポールを幕体に通し、中央部を二又ガイラインでペグダウン。

中央部から外側に向かって順にペグダウン。

二又ガイラインが足りなくなったため中央のガイラインをノーマルのガイラインに差し替え、他の4本の二又ガイラインをペグダウン。

中央部分は左右2本と併せて3本纏めてペグダウン。

設営完了。写真前面は3本のペグ、後面は2本のペグの計5本使用。

薪グリルを配置し焚火を行ったが前面からの風防効果はあるが、結局風の向きが変わるの強風時は灰と煙が舞い散り料理をするのは厳しい。結構近くに薪グリルを配置したが特に穴あきや焦げ付きは認められなかった。



実際に一晩この仕様で過ごしたが特に問題なし。風速7~8m/s程の風も耐えきった感はある。

帰宅後、テンマクデザインのHPで取説を探したが陣幕ミニTC用専用のものは無かった。代わりに同じ5枚パネルのサイズアップした“陣幕ワイドの取説”を発見。まずは両端もしくは長辺側(折り曲げる場合)を二又ガイラインでペグダウンし自立させた後、内側のポールをペグダウンしていくようだ。両端及び角になる部分は二又ガイラインを使用すると強度が増すようだ。次回はこれに習って設営してみよう。

①内容物の確認。
②幕体を広げ、組み立てたポールをスリーブに挿し込む。
③幕を立ち上げポールの先端を地面に突き刺す。
両端のポールに二股ロープを取り付け、ポールを挟んで60~90度ぐらい開いてペグダウン。
⑤残りのポールにもロープを付けて、風上側にペグダウンする。
⑥曲げて設営する場合は長い辺を先にペグダウンし、その後短い辺をペグダウンする。両端と角の部分は二股ロープで固定する。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/グロッケ12TC] ~じっくり観察編~

オガワポリコットン幕比較 ~ピルツ15T/C vs ツインピルツフォークT/C~

気になるキャンプギア2019 ~卯月編~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~ミニシアター化想定編~

2019年6thキャンプ#28@PICA富士ぐりんぱ ~検証編~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Check&Act編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。