昨今のコンデジ事情2020 ~選択肢が少ない編~

父親からコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)が破損したので代替機を購入したいので幾つか見繕って欲しいとの依頼があった。これを機にガラケーからスマホへの切り替えも提案したが、どうも折りたたみ式に愛着があるようで、板を持ち歩くのには抵抗があるようだ。物理的ボタンにも安心感があるとも言っていた。

ちなみに今回は損したのは2013年4月発売の[ソニー/Cyber-shot TX30]。光学ズーム5倍、スライド式の簡易防水デジカメ。色はオレンジ。外寸97*59*1.5(h)cm/重量127g


 

昨今のエントリークラスのコンパクトデジタルカメラの市場はスマホカメラの高機能化に伴い衰退しているのが現実。そんな中、コンパクトデジタルカメラのエントリーモデルだが少ないながらもラインナップがある。①~③はエントリーモデルで厚みも2.2cm~2.6cm、④はミドルモデルで大型センサー搭載で一昔前のデジタル一眼並みの高画質でボケ写真等も撮影することが出来る。ポケットに入れて気軽に持ち出せるのが①②、光学20倍に魅力を感じるのなら③、高画質を求めるなら④といった感じかな。価格は実売参考価格。

①[キャノン/IXY200]14,850円
外寸95.2*54.3*22.1(h)mm/重量137g
光学ズーム8倍、数少ないコンパクトエントリーモデル。色はレッド or シルバー。


②[キャノン/IXY210]19,250円
外寸95.3*56.8*23.6(h)mm/重量137g
光学ズーム10倍、IXY200より若干厚みがある。色はブラック or シルバー。


③[ソニー/サイバーショットDSC-WX350]27,830円
外寸96*54.9*25.7(h)mm/重量164g
光学ズーム20倍を有するカメラで世界最小・最軽量。色はブラック or ホワイト or ピンク。


④[キャノン/PowerShot G9 X Mark II]57,750円
外寸98*57.9*31.3(h)mm/重量206g
1.0型大型センサー搭載、光学3倍ズーム、ボケ昨日、手ぶれ補正。


追記)
父親から連絡があり店頭に確認に行くだけの心算が思わず[ソニー/サイバーショットDSC-WX350]を購入してしまったということ。光学20倍モデルでは最小クラスの大きさという謳い文句にやられたようだ。コンデジはいくら手ぶれ補正があったとしても実用ズームは10倍位で20倍ともなると三脚なしだと使い物にならない気もするが…

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[サムスン/Galaxy S9]と[HUAWEI/P20 lite] ~比較編~

Huawei/MediaPad M3 ~検討の儀~

プリンタに「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」というメッセージが出た...

[サムスン/Galaxy Note9 SC-01L] ~1stレビューの儀~

[Huawei/MediaPad M5 8.4 LTE] ~開封の儀~

SIMフリースマホ買替計画 ~決定編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。