[サバティカル/モーニンググローリー TC] ~じっくり観察編~

この前、『モリパーク アウトドアヴィレッジ』で目下気になっている幕[サバティカル/モーニンググローリー TC]の展示をじっくり観察してきた。色はベージュとグリーンの2色展開で展示してあったのはベージュ。グリーンの実物は見たことがないが、ベージュの方が好みかな。外寸470*440*270(h)cmでボトム形状は六角形に近い。ん?小生の所有幕で一番大きい[ヘルスポート/バランゲルキャンプ]の外寸が550*430*300(h)cmなのでそれに迫る大きさ。モーニンググロリーはシェルター寄りの幕で4シーズン使えるが、バランゲルキャンプは冬のおこもり用テントで冬メインの幕といえるかな。

≪スペック≫
外寸:470*440*270(h)cm
総重量:14.35kg(幕9.2kg、ポール3.7kg、ペグ1.45kg)
収納サイズ:77*36*23(h)cm
ポール:スチール製ポールは全部で4本(センター、フロント、サイド*2)
ガイライン:7本(3m*5、1.5m*2)

※メーカーHPより引用

フロント。一見するとベル型テントの様相だが全開放も可能でメッシュ仕様にもなる。長さの違う2つのポールによる2ポールシェルターといったほうがしっくりくる。別売りのインナーテントも取付済。インナーテントを設置しても前面ポールの恩恵で前室は広く頭上空間も余裕があり開放感がある。フロントポールを二又ガイラインでペグダウンしたほうが前方エリアが使い易くなるかも。

バック。3枚パネルになっており写真はセンターを半開きにしている状態。センターを残し両サイドを巻き上げることも可能。撤収時の時短感想や昼間に幕内に風を通したいときに便利そう。

バックパネルはダブルファスナー式なので最上部からなら薪ストーブの煙突を出すことが出来そう(自己責任でだが)。サーカスTCの様とはダブルファスナーの形式が違うため位置を調整することは出来ない感じ。薪ストーブをインストールする場合は純正インナーテントは使用できない。コットもしくはコットテントを使うと良いかも。






 

フロントポールは先端が飛び出しているのでこれを支点にタープを連結することが出来る感じ。ムササビウィングTC当たりが併せやすいかな。


 

フロント両サイドには小さいメッシュパネルあり。フルクローズ時の換気に役に立ちそう。

フロントの短いサイドポールの先端はキャップで覆われている。

頂点部にはベンチレーターが一つ、ポールからはハンガーテープが出ている。

 

別売りはインナーテントのボトムは変形五角形。身長175cmの小生は縦に寝るのは厳しい。ソロキャンでゆったり使うか、夫婦もしくは父子でデュオ使いが良さそう。親子3人で使うには狭いかな。

※メーカーHPより引用

インナーテント上部にもベンチレータあり。

≪私見所感≫
季節を問わず使える工夫を随所に感じることが出来る良幕。ソロで使うには少し広い感がもあるがシェルターとして使うのも良いかも知れない。価格も5万円を切っているしコストパフォーマンスも高い。欲しいが現在予約抽選中。

・生地自体は薄めだがポリコットン生地なので遮光性は高そう
・カラーがベージュなこともあり幕内は結構明るめ
・ベル型テントというより2ポールシェルターの味付けが強い
フロントが全開放出来ること加えメッシュパネル仕様にもなるため季節を問わず使えそう
・インナーテントのボトムが変形五角形でデュオ使用が限界
・幕内空間が広いので冬キャン土間仕様で石油ストーブでの暖房効率が悪そう(使用は自己責任だが)
・ベンチレーターが1つなので幕内で料理をした時に臭いの抜けが悪そう

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア総評2017 ~ロゴス&ヘリノックス編~

[Susabi/ダブルハンモック] ~自立式ハンモック比較編~

[BUNDOK/2 ポールテント] ~初張の儀~

2nd オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Do編①~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~幕内レイアウト編(改)~

キャンプギア比較2019 ~ソフトコンテナボックス編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。