[ニーモ/ベクターキャンプ インシュレーテッド 25L] ~補修の儀~

今季スリーピングマットを[ニーモ/ベクターキャンプ インシュレーテッド 25L]に変更。寝心地は抜群で非常に快適だったのだが、3回目のキャンプで早くも空気漏れが発生!特に乱暴な扱いはしておらず、ウレタンマットの上に敷いて使用していたんだけどな~。もともとエアマットはインフレーターマットに比べ耐久性は低いようだがそれにしても早い破損(>_<)。


空気を入れた直後は特に問題なく、空気漏れの音もしない。

…が1時間経過すると萎んでくる。

修理に出そうと思ったが、リペアキットが付属していることを思い出し、とりあえず自分で作業してみることに。

再度、空気を入れ直し、お風呂場へ。ピンホールの同定には石鹸水を使う方法もあるようだが、何となく生地を傷めそうなので今回は水に浸けて同定することにした。

水に付けると、ブクブク空気漏れしているピンホールを発見!てっきり裏面かと思いきや表面だった

タオルで拭いた後、マジックでピンホール付近に印をつけ乾燥。

と思いきや乾燥後にマジックで付けた印が消えてしまった。大体の場所は判るため水を掛けて再度場所を確認し、再度マジックで濃いめに印をつける。

リペアキットは表面用(丸)と裏面用(四角)、と接着剤が入っている。

[ニーモ/テンサー]シリーズはベクターキャンプシリーズと同じ系統のエアマットのためリペア方法は以下のサイトを参考にさせて頂いた。

スリーピングマット空気漏れ修理☆ニーモ・テンサー20S


 

エアマットの空気を抜いた後、リペア生地より少し大きめに接着剤を塗り1分程放置。上記リンクでは5分放置となっていたが白くなってきた来たため時間を短縮。

リペア生地を張ると周辺が捲れてきたため円の中心から外側に手で押して捲れを解消。

完成。少し接着剤がはみ出ているがご愛敬。

追記)
24時間以上乾燥放置させた後、再び空気注入!1時間程実際に寝てみたが特に萎まず(^▽^)/。

リペア完了と思いきや翌朝確認すると若干だが萎んでいる(>_<)。リペア作業がうまくいっていないのか、他のピンホールがあるのか…再度、検証せねば(´;ω;`)ウゥゥ。

お風呂で改めてピンポールを一箇所発見!リペア不良ではなく前回見逃したか新たに発生したのかは不明…前回の場所と近く、同じく窪んだ部分だったため、この部分に小石や砂等が入り込んだ際に破損しやすいのかも知れない。

乾燥後に改めてリペア作業。

追記)
24時間乾燥放置し、再びエア注入!一晩おいてエア漏れがないか検証したところ、またまた空気漏れが(>_<)。再々度、空気を多めに入れてお風呂でエア漏れをチェックしたところ新たに5カ所のピンホールを発見…ってこれって最早不良品じゃないの!?表面用の布地は2枚しかないため、苦肉の策で裏面用の生地をハサミで切ってリペア作業。何かもう継ぎ接ぎだらけ( ノД`)シクシク…。

一晩置いたがやっとのこと空気漏れは改善された模様…でも他が直ぐに逝きそう。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年6thキャンプ#16@メープル那須高原キャンプグランド ~2日目~

2018年キャンプを考える ~ハイバックチェア編~

2019年2ndキャンプ#24@成田ゆめ牧場 ~検証編~

[テンマク/PEPOテント] ~テント談義編~

[テンマク/PEPOテント] ~過保護張り編~

[ノルディスク/アスガルド12.6] ~ピルツ15TC比較編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。