キャンプマットを考える2019 ~現状と拡充編~

地面の冷えや凹凸を防ぐキャンプマットは睡眠の質に関わる重要なファクターの1つである。特にキャンプ場のサーフェスが砂利サイトである場合は芝生サイトに比べるとクッション性の高いマットを使用する必要がある。

■現状のキャンプマット構成
キャンプを始めて2年強という短い経験の中で色々と試行錯誤しながら辿り着いたどのテントでも3人家族で使用できる汎用のキャンプマット構成は空気抜けのリスクのないウレタンマットと寝心地のよいインフレーターマット(エアマット)の組み合わせ。嫁娘用の2人用構成と小生用の1人用構成の2パターンのレイヤー式。レイヤー式だと芝生サイトの時は1枚ぬいても良いので汎用性が高い。登山ではなく基本キャンプ使用であるため、形状はスクエアタイプの方が使いやすい。

≪2人用構成≫

①[オガワ/フォームマット2]*2
一番下に敷くベースマットとして使用。ウレタン素材のため空気抜けのリスクがない。収納サイズはエアマットやインフレターマットに比べて大きいが軽いので車載の際はインテリアバーを設置しその上に常備している。デイキャンやテニスの際にも使用。

【外寸】200*120*1.5(h)cm、二つ折り時200*60*3(h)cm
【重量】850g


②[エルパソ/ラグマット]*2
使用初めは匂いが少しキツイが2回程洗濯することにより和らぐ。ウレタンマットの上に敷いてリビングマットとして使用。1枚2kgと少し重いが収納サイズは意外にコンパクト。

【外寸】230*150cm(フリンジ含む)、216*150cm(フリンジ除く)
【重量】2,070g


 

③[ニーモ/オーラ 25L SD NM-OR-25L]*2
3.8cm厚のインフレーターマット適度な厚みと固さで寝心地も絶妙。芝生サイトではこれだけもOK。展開と収納はちょっとした負荷がかかる。惜しむべきは廃盤で追加補完出来ないこと。同系の[ニーモ/オーラ 20R NM-OR-20R]は2.5cm厚と薄く形状もスクエアではなくキャンプ用というよりむしろ登山志向となっている。画像はメーカーHPより引用。

【外寸】193*64*3.8(h)cm
【重量】770g
【収納サイズ】φ15*22cm


④[Kumori/ボックスシーツ セミダブル]*1
始めはインフレーターマットに直接寝ていたが結構汚れるため追加補完。[ニーモ/オーラ 20R NM-OR-20R]を2枚並べた上に被せて使用。オーガニックコットンで肌触りも良い。

【外寸】200*120cm


≪1人用構成≫

①[ヘリノックス/コットワンコンパーチブル]*1
コット下を荷物置き場スペースとして利用するためコットレッグを付けてハイコット仕様で使うことが多い。最初は直接シートの上に寝ていたのだが寝心地が今一つなので大判タオルを敷いて使用。寝返りを打つとフレームの軋み音が気になるので更にエアマットを追加して使用。

【外寸】190*68*16(h)cm、190*68*38(h)cm(コットレッグ付)
【収納サイズ】54*16*16(h)cm
【重量】2.32kg




②[ペンドルトン/ジャガードバスタオルオーバーサイズ]
厚手の大判タオル。コットの上に敷布団として使用。シェラフを使用しない時は掛布団としても使うことがある。

【外寸】180*100cm
【重量】1.2kg


③[Volador/エアーベッド]
フレームの軋み音予防と寝心地UPのためにコットの上にエアマットを敷いているが思ったより寝心地が良くない。目下、薄めのインフレータマットに代替するか検討中。

【外寸】190*56*5(h)cm
【収納サイズ】26*16+16(h)cm
【重量】550g


■拡充候補キャンプマット

キャンプマットといえば“ニーモ”と“サーマレスト”のイメージが良い。値段は高いが、寝心地と耐久性が高い感がある。その中で気になっているキャンプマットはコチラ。

・[ニーモ/オーラ 20R NM-OR-20R]
オーラ 25L SD NM-OR-25Lと比べると軽量だが2.5cm厚と少し薄く形状もスクエアではない。コット用マットの候補。コットの大きさが190*68なので若干小振り。

【外寸】183*51*2.5(h)cm
【収納サイズ】φ13*18cm
【重量】490g

オーラ 25L SD NM-OR-25L 項目 オーラ 20R NM-OR-20R
193*64*3.8(h)cm 外寸 183*51*2.5(h)cm
770g 重さ 490g
φ15*22cm 収納サイズ φ13*18cm
スクエア 形状 オクタ


・[ニーモ/ベクターキャンプ インシュレーテッド 25L]
寝返り時の偏りを防ぐ機構を備えるエアベッド。形状もスクエア。値段が激高だが気になるマット。実際に寝てみたい。コットの大きさが190*68なので若干大降り。ダウンサイズ版もある。

【外寸】193*64*8(h)cm
【収納サイズ】φ15*20cm
【重量】855g


 

・[ニーモ/ボルテックス ポンプサック NM-AC-VPS]
インフレーターマットはある程度までは自然に膨らむということだが、通常は自身の息で膨らましているのだがそれなりの重労働。膨らましを補助してくれるツールがコチラ。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~TACフィールド4.0比較編~

2020年8thキャンプ#45@北軽井沢スウィートグラス ~2日目~

[Suaoki/ポータブル電源 G500] ~ソーラー充電の儀 その参~

2019年12thキャンプ#34@大子広域公園グリンヴィラ ~計画編~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~雨天アレンジ再考編~

2020年7thキャンプ#44@北軽井沢スウィートグラス ~3日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。