[ARTINTO/冷凍冷蔵庫 車載 家庭両用 18L] ~開封の儀~

[Bonarca/車載用 冷蔵冷凍庫 15L]をコンクリに落としてパネルが取れてしまったため、急遽[ARTINTO/冷凍冷蔵庫 車載 家庭両用 18L]を新規補完。早速、開封の儀を執り行う!


 

メーカーHPより抜粋した仕様はコチラ。今まで使用していた[Bonarca/車載用 冷蔵冷凍庫 15L]は容量15L、外寸57*32*26(h)cm、重量8.2kg、消費電力40Wと比較すると容量+3L、外寸+1*+1*+3(h)cm、重量+3.3kg、消費電力+5Wと全項目で若干増となる。


種類:冷凍冷蔵庫 1ドア
容量:18L
本体サイズ(約):縦58×横33×高さ29cm
本体重量(約):11.5kg
定格電圧:DC12V/DC24V/AC100~110V
消費電力:45W/h
冷却方式: コンプレッサー式
設定可能温度:-20℃~20℃
DC電源コード:約3.4m

メーカーHPより抜粋した特徴はコチラ。下線は検証項目。

車載&家庭両用の冷蔵冷凍庫
DC電源コード(12V/24V)とAC電源コードどちらでも使用できるため、車内ではシガーソケット、屋内では家庭内電源から給電ができる2WAY電源。家庭用電源はお部屋で冷蔵庫として使えたり、お出かけ前に冷やし事前の凖備もできます。

-20℃~+20℃の温度設定が可能
ポータブルサイズでありながら、冷媒ガス圧縮方式を採用しているため、-20℃~20℃まで1℃単位で温度設定が可能!庫内温度がスピーディーに下がり、あっという間に冷蔵・冷凍ができます。

低電圧保護
バッテリーの電圧が下がると、自動で電源がOFF! バッテリー上がりの心配がないので心して使えます。 エンジンを切ると 自動で電源が落ちます。
※エンジン始動後に電源がONにならない時は手動でONにしてください。

簡単操作
設定温度は+、-のボタンを押すだけ。
庫内の温度は液晶パネルに表示されるため複雑な操作は必要ございません。

ECO、MAXモード搭載
冷凍時間が短く、冷却速度が速いMAXモードと省エネ冷凍ECOモード搭載、違いニーズでも答えます!

7つの便利な新機能
1. 冷蔵庫の中でLEDライト自動照明できます。夜間に使うのはもっと便利です。
2. ドアのチェーンの設計、食べ物を取るのがもっと便利です。
3. 排水栓の設計、冷蔵庫の清掃に便利です。
4. 特定の冷蔵区域の設計、多くのお客様のご要望をご満足させていただけます。
5. タッチスクリーンの設計、夜間使用はもっと便利です。
6. USB充電ポートの設計、携帯電話の充電できます。
7. ブロックボタンの設計、 ポップ防止、省エネ。

2つの温区 、同時冷凍冷蔵できます
≪左の大容量区域≫ 温度調節:+20℃~-20℃。サイズ:横幅337mm、縦幅260mm、高さ220mm (750ml ワインが約9本、550ml水約16本、330ml ビールが約30本収納可能。 BBQやキャンプにお出かけの際の食材や冷凍食品なども十分収納できる容量になります。)

右の区域が小さい(たぶん1本550mlのコーラのサイズ)≫ 温度調節:+20℃~0℃。サイズ:横幅260mm、縦幅70mm、高さ77mm(インスリン、乳製品、マスク、フルーツ、野菜を貯蔵する)

付属品
本体、AC電源コード、ACアダプター、DC電源コード、取扱説明書※理論上、外気温から庫内温度を50℃以上下げることはできません。
≫外気温が30℃の状況で-20℃まで庫内温度を下げることができます。
≫外気温が50℃以上の状況では庫内温度はマイナスまで下がりません。

外箱はこんな感じ。梱包も必要十分。

本体はコチラ。高級感はあるが傷が付きそうな上面パネル。付属品は冷蔵庫の中に入っている。

付属品はコチラ。

水抜き弁も付いているがたぶん使わない。

500mLペットボトルは縦に入るが2Lと牛乳パックは入らない。このクラスのポータブル冷蔵庫は500mLペットボトルが縦に入らないものが多いので助かる。

小ルームには調味料を分けて入れることが出来るので便利。

USB充電スロットも付いているがたぶん使わない。

AC電源に接続し電源ボタンを長押しでスイッチON。駆動音は思いの他静か。尚、AC電源に繋いだだけではスイッチがONにならないので注意が必要。ボタンはタッチパネル式だが経年使用で反応が悪くならないか少し心配。

表示パネルは大きくて見やすい。デフォルトではMAXモードになっている。家庭用コンセントにて駆動させるときはMAXモードが良いかな。

設定ボタンを押すとECOモードに切り替わる。車中DC電源駆動時はECOモードにしておいた方が良いかな。

ボタンを押していないと5秒程で自動ロック。解除はロックボタン長押し。誤動作防止だがも少しロック時間が長いほうが使いやすいのでは。

蓋を開けるとLEDライトが点灯する。車内や夜間キャンプ場では助かるも。

ポータブル電源にAC電源経由で駆動。接続し始めは50W程になるが駆動時はカタログ値の45W弱当たりで落ち着く。


[ホンダ/フィットGK3]に車載しDC電源にて駆動。

USB充電ポートからも8インチタブレットに充電確認。

1分後位にエラーF1で停止。取説を見てみると“電池低電圧保護(充電やより低いギアに調整)”ということだが英語の直訳表記のため良く分からない。30分ほど走行してから再接続したらエラー表示が解除されたので低給電もしくは低電圧により給電が不安定になったためかと思われる。また、昼間の車内は明るいためと斜めから視認するため表示パネルが非常に見難い。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/ロッジシェルターⅡ] ~布スクリーン設置検証編~

[テンマク/PEPOテント] ~雨天設営を考える編~

2018年12thキャンプ#22@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

気になるキャンプギア2019 ~神無月編~

新規補完ギア2019 ~卯月散財録編~

アウトドアバッグを考える2020 ~パタゴニア編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。