気になるキャンプ場2019 ~葉月編~

キャンプを始めて早2年、30回余りのキャンプ場に来訪。複数回利用しているキャンプ場はコチラ。

(栃木県)『キャンプ&キャビンズ那須高原』標高400m
(栃木県)『メープル那須高原』標高630m
(群馬県)『北軽井沢スウィートグラス』標高1100m
(静岡県)『PICA富士ぐりんぱ』標高1200m

2020年の年間キャンププランに組み込みたいキャンプ場を標高順に並べてみた。標高が100m高くなると、気温が0.6℃下がると言われている。これまでの経験から2泊3日のキャンプで無理なくプランニングできる片道200km以内のキャンプ場が良い。

(茨城県)『大洗サンビーチキャンプ場』標高15m
大洗花火大会と併せて利用してみたい。

(神奈川県)『長井海の手公園ソレイユの丘キャンプ場』標高30m
海沿いの遊具が充実しているキャンプ場。

(千葉県)『有野実苑オートキャンプ場』標高50m
農業体験等のイベントが豊富。標高が低いので冬季シーズンでもファミキャンが可能。

(山梨県)『ウエストリバーキャンプ場』標高550m
川遊びができるキャンプ場。

(静岡県)『田貫湖キャンプ場』標高670m
富士山の見えるキャンプ場。設営サイトに車の横付けは出来ないため荷物の運搬はカートを使用する必要がある。

(福島県)『エンゼルフォレスト那須白河』標高700m
湖畔沿いの高規格キャンプ場。お風呂が充実している。

(山梨県)『Foresters Village Kobitto』標高730m
3家族以上のグルキャン禁止且つサイトが広めのためのんびり過ごすことが出来る。

(群馬県)『赤城山オートキャンプ場』標高900m
3家族のグルキャンサイトがある。埼玉からのアクセスも良い。

(静岡県)『朝霧ジャンボリーオートキャンプ場』標高900m
屋根付きで富士山を望むことが出来るプレミアムサイトを利用してみたい。

(山梨県)『浩庵キャンプ場』標高960m
湖畔に映える富士山を望むことが出来るキャンプ場。湖畔キャンプなので風と傾斜に留意。

(群馬県)『ライジングフィールド軽井沢』標高1100m
軽井沢にあるキャンプ場。アスレチック施設が充実している。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卓上グリルを考える2019 ~ファミキャン編~

2018年4thキャンプ#14@北軽井沢スウィートグラス ~3日目~

2018年11thキャンプ#21@ふもとっぱら ~1日目~

コクーン行脚 ~2018年6月編~

[モンベル/サンダードーム 1型] ~試し張りの儀~

2019年4thキャンプ#26@那須野が原公園オートキャンプ場 ~1日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。