キャンプギア2019 ~スタメン編~

使用頻度の低いキャンプギアを思い切って譲渡もしくは処分!現在のスタメンキャンプギアはコチラ。

■キャンプ用テント
・[オガワ/グロッケ8]8m2
寒い時期に大人2名幼児1名の3人家族でおこもり出来る幕内空間を確保できる。ハイコットを利用してコット下の荷物置場を確保すれば、ストーブやテーブルもレイアウト出来る。幕内空間が大型幕とっ違い狭いので暖房効率も高い。シングルウォールのため結露が起こりやすいが、暖房やサーキュレーターの併用で概ね対応可能。


 

・[ユニフレーム/REVOルーム2 カーキグリーン]6.15m2
寝る時以外はオープンタープにしたで過ごすことが多い暖かい季節に出動。また、タープを張ってからタープポールを支点としてテントを設営するため、雨天設営撤収時に極力濡れずに作業が出来る。インナーテントも上部2カ所のベンチレーターに加え4面メッシュが付いているため通気性も高い。


 

■デイキャン用テント
・[ヘリノックス/TACフィールド4.0]
デイキャンやビーチサイドに出動する遮光性の高い小型2ポールシェルター。Y字ポールを採用しているため頭上空間が広い


■タープ

大分類 メーカー タイプ 製品名 稜線*ウィング
(cm)
連結テント
大型
タープ
オガワ ヘキサ フィールドタープ ヘキサDX TC
サンドベージュ
500*570 REVOルーム
ユニフレーム ヘキサ REVOタープL
カーキグリーン
520*550 REVOルーム
中型
タープ
テンマク レクタ PEPOタープ
ベージュ
380*420 グロッケ8
テンマク ペンタ ムササビウイング13ft.TC
ベージュ
380*380 グロッケ8
小型
タープ
エバニュー レクタ TC2タープ
ベージュ
300*285 グロッケ8
スノーピーク レクタ ポンタシールド
ブラウン
200*235 REVOルーム
カーサイド

≪メインタープ≫
ファミリーキャンプ時の1家族もしくは2家族が使用するリビングスペースを提供してくれるタープ。グロッケ8には中型タープ、REVOルームには大型タープを基本連結する。2テントサイトではタープを独立設営すると広く使える。

・[オガワ/フィールドタープヘキサDX TC サンド]570*500cm
ポリコットン素材のため火に強い。雨天で肌寒くタープ下で焚火をしたいときや、2家族共有リビングスペースを確保したいときに出動。また、ウィングの長さが570cmと長いため両サイドを閉じてクーロズ使用にすれば雨風を凌ぐことも出来る。難点は重量があり取り回しが悪いことと、カビ予防のための乾燥が化繊素材に比べシビアなこと。


 

・[ユニフレーム/REVOタープ2 カーキグリーン]550*520cm
左右非対称の変則ヘキサタープ。稜線部が520cmと長いが、開放部が多い形状のため取り回しは悪くない。風の抜けが良いため暑い季節に使いやすい反面、風雨時の雨の侵入は否めない。REVOルームやREVOフラップ、REVOメッシュウォールの始点ともなる。


 

・[テンマクデザイン/PEPOタープ]420*380cm
ウィング長が420cmと長いため、天候が悪い時はクローズ仕様にし風雨を防ぐこともできる。前方からの雨の吹込みがある場合はREVOフラップを追加。6本のポールで展開すれば広い日陰スペースを確保できる。天候が悪く無ければウィング中央部を180cmポールで立上げれば出入口も増えて、雨の流れも確保できて使い勝手が良さそう…通称タトンカ張り!?


・[テンマク/ムササビウイング13ft.TC]380*380cm
A型フレームとの連結に適したタープ。開放部が大きく風の通りは良いが反面風雨時は雨が入り放題。ポリコットン素材のため近くで焚火をしても比較的安心。


 

≪サブタープ≫
西日除けや、急な風雨除けに独立遊軍的に使用する小型のタープ。

・[スノーピーク/ポンタシールド]235*200cm
サブタープとして重宝愛用している小型タープ。日除け雨除けスペースを延長したりカーサイドタープ仕様にしたりとこれまでも大活躍している絶妙なサイズのタープ。


・[エバニュー/TC2タープ]300*285cm
下記の近くでも比較的安心できるポリコットン素材の小型タープ。日除け雨除けスペースを延長するために使用。

 


・[ユニフレーム/REVOフラップ2 カーキグリーン]480*140cm
240cmポールに取り付けられるサイドフラップ。風雨の侵入を防ぐことが出来るため天候不順時に重宝する。メッシュ仕様にもなるので荷物置やハンモック自立式スタンドも配置できる。


 

■キャンプ場の最低気温予想別のテントとタープの組み合わせ

≪最低気温が10℃未満のキャンプ≫

・[オガワ/グロッケ8]
-[スノーピーク/ウィングポール240]*1
-[スノーピーク/アルミポール170]*2

+[テンマク/ムササビウィングTC] ⇒ソロキャン、風の抜けを良くしたい時、近くで焚火をやるとき

+[テンマク/PEPOタープ] ⇒ファミキャン、風雨除けにウィングを閉じてクローズ仕様にしたいとき、日陰スペースを確保したい時

≪最低気温予想が10℃以上のキャンプ≫

・[ユニフレーム/REVOルーム]
-[ユニフレーム/REVOポール240]*2
-[テンマク/PEPOポール180]*4

+[ユニフレーム/REVOタープ2] ⇒風の抜けを良くしたい時、風雨もしくは虫が多い場合は[ユニフレーム/REVOメッシュウォール2 カーキグリーン]を併用

+[オガワ/フィールドタープヘキサDX TC] ⇒タープ下で焚火をやりたい時

■コンテナボックス

<ハードコンテナボックス>2個

①クッカー類(クッカーセット、ホットサンドメーカー等)

②火器類(火消壺、焼網等)


<ソフトコンテナボックス>3個

①シェラフ類

②電気機器類


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2nd オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Check&Act編~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~REVOタープ2Lセット比較編~

気になるキャンプギア2019 ~葉月編~

新規補完キャンプギア ~2018年師走散財録編~

キャンプギア総評2017 ~ロゴス&ヘリノックス編~

気になるキャンプギア2018 ~2ポールシェルター編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。