気になるキャンプギア2019 ~文月編~

★[ユージャック/充電式 LEDランタン 充電式リモコン付 560ルーメン 木目]
ワイアレスリモコン付きの充電式LEDランタン。テント泊就寝時ににワイアレスで電源をオンオフできるのは便利。木目色が欲しいのだが、迷彩色より2,000円高いのでどちらを選択するか悩む。

・[コールマン/ファイアープレイス レイチェア サンド]
実際に座ってみたがノーマル版のレイチェアと違い身長175cmの小生の頭部もホールドしてくれて座り心地も上々。フレームの薄緑色も渋くてカッコイイ!収納サイズは少し大きめ。

・[コールマン/ファイアープレイス リラックスフォールディングベンチ サンド]
ファイヤープレイスシリーズのベンチタイプ。収納サイズが大きいので車載には不向き。フレームの色が同シリーズのチェアに比べると光沢がないように思える。フォールディンスチェア2個使いとどっちが使い勝手が良いか要検討。

・[コールマン/ファイヤープレイス フォールディングチェア サンド]
ロースタイルで使用するのに丁度良さ気なチェア。1ポールテントの幕内でも使えるかも。収納サイズは大きめだが展開収納が一瞬なのは良い。

・[コールマン/アウトドアワゴン コヨーテブラウン]
フレームが若草色で綺麗。収納時のサイズが他のキャリーワゴンに比べてコンパクト。懸念点は荷物満載時に中央部が撓むと車輪回転が悪くなる恐れがあること。

・[ロゴス/トレックチェア 背付 グリーン]
愛用のレッドカラーモデルが破損したため今度はグリーンモデルを補完したい。

・[ヘリノックス/テーブルワン ストレージポケット]
常日頃、当テーブルを使用する際に小物入れがあったら便利だろうな~と思っていたところに発見したテーブル下に引っ掛けるタイプの収納。自作も出来そうな感じだが、価格もそんなに高く無いので欲しいところ。

・[ユニフレーム/UFキッチンペーパーホルダー]
置き場に難儀するキッチンペーパーをキッチンスタンド2に固定できる。焚火テーブルにも取付できれば最高なのだが。

・[タラスブルバ/KAYARI]
蚊取り線香取付部と本体はマグネット装着式のため、使用後のメンテナンスが楽。蓋があると、タール汚れが付き掃除が大変なので蓋なしなのも良い。

・[アルインコ/スタイリッシュ薄型踏台2段]
畳んだ際の厚みが4.4cmとスリムな脚立。外寸は477*517*770(h)mmと少し長め。天板のサイズは355*180mmなので[リマ/ステンレスジャグムート10L]を乗せることも可。

・[トネ/ツールケース BX430 レッド]
現仕様のペグケースが一部破損。3段式ツールボックスで近いサイズのものがコチラ。業務用の方が耐久性が高そうだ。モスグリーンカラーもラインナップに加えて欲しい。

・[ユニフレーム/ツインバーナー US-1900 対応 グリルプレート 板厚4.5mm]
最近は炭BBQはメンテナンスが面倒で専ら2バーナー料理が主軸となっている。現在スノピの黒皮鉄板を使用しているが焦げ付きが酷いので、ツーバーナーと同メーカーが出している鉄板に買替したい。

・[ハイカム/カヤモック]
ハンモックをマルっと覆えるモスキートネット。使用例は樹と樹の間で使用しているものなので、自立式ハンモックスタンドで使用できるかどうかは微妙だが、もし可能なのであれば、全てのハンモック生地に使えるので便利かもしれない。

・[アルパインデザイン/サンシェード ポップアップメッシュシェルター カーキ]203*63*65(h)cm
デザインは逸脱なのだが、幅が203cmと狭いのが難点。幕壁が寝ているため身長175cmの小生がシェラフ無で横になると脚先が干渉してしまう(前モデルで実際に検証)。幅が+15cmなら欲しいところ。

・[アルパインデザイン/ポップアップシェルターテント カーキ]236*78*80(h)cm
ワンタッチではなく稜線部にフレームがあるが、その分幕内が広く、フライも付属しているので単体でもキャンプ可能。

・[SHUNHE/キャリーカート 耐荷重68kg 6つの車輪]
荷台部分も41*25.5cmは今使っているもの40*27cmとほぼ同サイズだが、車輪が6輪タイプで段差を乗り越えられやすい。

・[トラスコ/折りたたみキャリーカート 100kgタイプ TAC-100]
耐荷重100kgを誇るキャリーカート。その分荷台部も48*34cmと大きく、6.7kgと重め。


・[オガワ/タープ フィールドタープ レクタDX 4.2m×3.5m 3334]
グロッケ8と同色で一体感あり。天候不順時はウィングを閉じてクローズ仕様にすると雨風の侵入を押させることもできる。


・[テンマクデザイン/焚火 タープ TC レクタ]4.2*4.8
ウィングが長いので天候が悪い時にフルクローズ仕様にも対応できる。グロッケ8に連結すれば2家族共有のリビングスペースも確保できる。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年12thキャンプ#34@大子広域公園グリンヴィラ ~2日目~

2019年4thキャンプ#26@那須野が原公園オートキャンプ場 ~3日目~

新規補完ギア2019 ~卯月散財録編~

おこもりテントを考える2019 ~マッチング編~

クーラーボックスを考える ~オデッセイRC1車載編~

2018年7thキャンプ#17@北軽井沢スウィートグラス ~計画編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。