2019年7thキャンプ#29@PICA富士ぐりんぱ ~検証編~

雨天撤収時に雨が降ったり止んだりで修行レベルに厳しいキャンプとなった。その上車の横付けが出来ず、雨の中エンコラサと荷物を運ぶのも中々の苦行!さらに雨天故にか、駐車場近く且つ平坦な場所にテントが集中し狭めの区画サイトの如くでフリーサイトの開放感は味わうことは出来ず。雨天撤収のリスクがある場合は素直に車を横付けできる区画サイト且つ暖房やサーキュレーター等の幕乾燥補助ギアも駆動できる電源サイトにしたほうが吉。

PICA富士ぐりんぱキャンプ場

キャンプ場利用者は『遊園地ぐりんぱ』の入場料無料。乗物代は別だが、無料の室内施設もあるので雨天時でも子供が飽きない
〇『富士山こどもの国』や『富士サファリパーク』などのレジャースポットへのアクセスが良い。
〇『富士山こどもの国』の無料縄跳び教室のクオリティが高い(特別レッスン版)
〇お風呂やシャワーも完備しており綺麗
〇サニタリーはお湯も出る
〇夜間の見回りは特に内容で夜遅くまで騒いでいるキャンパーへの注意はない。
×所々道が狭く傾斜もキツイ
×霧が多い

■使用区画サイト⇒テントサイト電源無(グリーン)

〇元々ゴルフ場なので芝生が綺麗
〇グリーン跡は芝脚も短く水捌けも良い
×車を横付けできないので荷物を運搬する必要があり大変
×平らな場所が少なく、特にグリーン跡にテントが集中する
×貸出リアカーは車輪径が大きいため運びやすいが積載量が少ない
×貸出キャリーワゴンが荷物満載だと車輪が回らない

■REVOコンプリートセット

≪REVOタープ2≫
〇設置は簡単
×風による雨や霧の入り込み放題でタープ下の荷物が濡れる

≪REVOメッシュウォール2≫
防風に加えて防霧効果がある
〇内部空間は広くキッチン、リビングスペース、作業スペースが確保できる
〇内部上部の空間も広く中腰作業が少なくて済む。身長175cmの小生は稜線部分から少しずれると頭部が幕壁に干渉してしまうが嫁は全く干渉せず高評価。
×REVOタープを雨水用張網をセットするのだが落ちた雨がスカートに落ちる音が煩いのと雨量が多いと水溜りも出来き泥はね汚れも付く
×ウォール上に水が溜まる

≪REVOルーム4プラス2≫
〇フライを設置してしまえば極力濡れずに作業ができる
前室が広く着替えも出来、暖房機器等の荷物も配置できる
〇インナーテントは4面メッシュパネルがあり通気性が高い
×REVOルームとREVOタープ(REVOメッシュウォール)間に隙間があり雨天時の濡れない導線を確保出来ない
×インナーテントの奥行きが少し短くコットを縦に配置すると身長175cmの小生の脚と頭が幕壁に干渉し結露で濡れる
×インナーテントのランタンフックの位置が低い
×インナーテントの結露が結構ある
×テント側のポールに嵌めるキャップの汎用性が低い(スノピのウィングポールだと入らない)

≪REVOフラップ2≫
〇荷物はREVOメッシュウォール2内に移動したため防風壁(一部防霧)として使用。
〇雨天時の一時待機スペースや、雨天撤収時のキャリーワゴン置き場として使用。


 

■料理
雨天キャンプで設営撤収に時間がかかることが予想されたため、料理は極力簡素化。串揚げや炊飯も中止。メイン料理は鉄板焼きステーキ。


■破損キャンプギア
嫁の化粧ポーチは不注意で破損したが、ストレッチコードとトレックチェアは使用頻度が高いのと経年劣化によるものが多いかもしれない。便利なので次回キャンプマデニは補完したい。

・嫁の化粧ポーチ
・[キャプテンスタッグ/張綱ストレッチコード]
・[ロゴス/トレックチェア背付]




■教訓

・雨天撤収のリスクがある場合は車を横付けできないフリーサイトは荷物の運搬が大変なので避けるべし!
・傾斜がある駐車場では荷物落下の恐れがあるため出発前に必ずインパネ上方&バックモニターを確認するべし!
・キャリーワゴンの荷崩れ防止のために結束は走行後再確認、段差は斜めではなく正方向から越えるべし!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コールマン/アテナ ヘキサM タープ ~初張編~

キャンプ料理チャレンジ!? ~スキレット燻製編②~

冬幕を考える2019 ~薪ストーブインストール編~

[ヘルスポート/バランゲルドーム] ~アイレ比較編~

2018年6thキャンプ#16@メープル那須高原キャンプグランド ~1日目~

シェラフを考える2018 ~冬キャンプ編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。