[テンマク/PEPOタープTC] ~グロッケ8連結の儀~

[テンマクデザイン/PEPOタープTC]の試し張りを兼ねて[オガワ/グロッケ8]と連結してみた。


[オガワ/グロッケ8]の設営。3*3mのシートの対角線をタープの稜線部と見立てて設営レイアウトを想定。


収納袋の中身はコチラ。収納袋のカラーはREVOシリーズカーキグリーンの色に近い。ガイラインの色は白なので雨が降ったら直ぐ泥汚れが付きそう。

[テンマクデザイン/PEPOタープTC]の一方を[オガワ/グロッケ8]のA型フレーム頂点に接続し、もう一方を240cmウィングタープで立上げ。自在金具は珍しい円柱型。PEPOタープはイエロー系ベージュでグロッケのサンドベージュと結構色味が違う。[オガワ/フィールドタープヘキサTCサンドカラー]と同じような色味。


まずはサブポールを付かなわいクローズ仕様。テント側の2点はストレッチポール経由で地面にペグダウン。テントとロープの間には隙間が出来てしまいひさしをロールアップすると雨が侵入してしまう。

 


開放部のウィングを170cmアルミポールで立上げ。


一旦、サブポールを抜いてクローズ仕様に戻した後、REVOフラップ2を装着。

出入口が狭いのでウィング中央を170cmポールで立上げ。ウィングの両側をもう少し高い180cmポールで立ち上げて変則タトンカ張りにすれば出入りもし易くなり雨の流れも確保できて良いかもしれない。

グロッケ8とREVOシリーズカーキグリーンの色味比較。

PEPOタープの縁とREVOシリーズカーキグリーン幕の色味はほぼ一緒。

グロッケ8のポールケースに240cmウィングポール*1と170cmアルミポール*2も入れて収納。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年11thキャンプ#33@メープル那須高原キャンプグランド ~計画編~

キャンプスタイル2019 ~Before&After編~

冬キャンプの服装2020 ~5つの心得編~

キャンプギア総評2017 ~スノーピーク編~

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~計画編~

2019年13thキャンプ#35@ふもとっぱら ~2日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。