キャンプギアベストアワード2019 ~上期編~

2019年上期に散財したキャンプギアを実際の使用感を踏まえてランキング形式でレビューしてみた。

[スタンレー/スタッキング真空パイント0.47L]
スタッキング可能な保冷保温マグ。嫁も驚くほどの保冷・保温能をは発揮。小生も感動。
[アステージ/アクティブストッカー ティアモス 600]
容量約40Lのコンテナボックス。色味も汚れが目立たず、アウトドアっぽくて好き。以前は容量約55Lのアクティブストッカー800を使用していたが、荷物満載だと重量が20kgを超えることがあり、サイズダウン。荷物満載時の重さは10~15kg程度で車載及び移動が楽になった。
[リマ/ステンレスジャグムート10]
手洗いや調理の際に使用。寒い時期は幕内土間にも配置。蓋が全開放出来るので水を入れる時や洗う時に便利。蛇口から出る水量はチョビチョビ。
[YAEI WORKERS/LEDランタン 1200ルーメン 16000mAh]
非常に明るいLEDライトで持続時間も長い。フル充電しておけば暖色モード弱なら2日間充電なしで使用可能。
[コールマン/クーラーボックス 54QT スチールベルトクーラー]
ステンレス調の外観もカッコよく、スクエアな機体なので車載レイアウトもし易い。保冷材や凍ったペットボトルを入れても、2泊3日キャンプでは十分な収納量。2Lペットボトルを縦に入れられるのも便利。蓋の開閉もスムーズ。
[アルバートル/ギアコンテナ AL-OB100]
ソフトコンテナは形状がフレキシブルなため車載レイアウトがし易い。カラー違いで2個所有し衣類や電気機器などを収納している。
[オガワ/グロッケ8]
ソロ幕、雨幕、区画が狭いサイト幕として使用。フロア面積は8m2なのでソロでは余裕だが、家族3人だと就寝スペース+最低限の荷物置き場で一杯。ウォールの立上がりが72cmあり、大型メッシュもついているので1ポールテントの割には通気性は高い。基本、A型フレームとタープを連結したほうが使い勝手が良い。
[ヘリノックス/TACフィールド4.0]
Y字ポール採用の2ルームシェルター。デイキャン、ビーチサイドで使用。ブラックPUコーティングにより遮光性も高い。
[スノーピーク/リビングシートTM-380]
ツインピルツフォークT/Cの幕内リビングスペースとしてジャストサイズ。バスタブタイプなので砂利や枯葉等の入り込みが少ない。
[エルパソ/ラグマット]
キャンプで使いやすいサイズのラグマット。難点は1回洗っただけでは取れない石油臭。実際に使用するにつれ匂いは軽減してきているが、最初の内は車載するだけで車内に匂いが籠る(>_<)。1個追加で計2個所有。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

レギュラーキャンプギア2019 ~ユニフレーム編~

[S’more/Deeper] ~幕内レイアウト検証編~

Year2024-6th-CAMP#112@宇佐美城山公園キャンプ場 ~2nd ...

2018年1stデイキャンプ#20@秋ヶ瀬公園

タープとテントを用途別に整理してみた ~キャンプギア検証編~

2nd オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Do編②~